« 6mEsの入感状況(07.07.05) | トップページ | 6mEsの入感状況(07.07.06) »

2007年7月 6日 (金)

070706 北海道日本ハムF 2-0 千葉ロッテM

200707061905000



 ファイターズはダルビッシュ、マリーンズは渡辺俊介の投手戦。
明暗は6回裏の稲葉のホームランで分かれたが、どちらも良い
ピッチングであった。
 ダルビッシュは2回表のピンチを凌いだのがすべてだったように
思われる。以後はコントロールが良くなったのか無駄なボールが
少なく8回表途中の時点で完封できるのではと思ったくらいだった。
 一方の渡辺俊介は、明らかに球速が遅い(MAX約120km/h)のが
素人目にもわかるのだが、下手投げでボールの軌道が違うことと
緩急の使い方のうまさのためか打てる気配がほとんどなかった。
 結果は日本ハムファイターズの勝利となったが、見応えは十分に
あった。

 JR8DAG/菅野 正人

|

« 6mEsの入感状況(07.07.05) | トップページ | 6mEsの入感状況(07.07.06) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 070706 北海道日本ハムF 2-0 千葉ロッテM:

« 6mEsの入感状況(07.07.05) | トップページ | 6mEsの入感状況(07.07.06) »