« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月30日 (月)

6mAM運用結果(2012.04.01~2012.04.30)

 2012.04.01~2012.04.30における6mAM運用結果は以下の
とおりでした。

・4/1(日) 10:00~10:40
 札幌市北区(常置場所 AJA 010102,GL QN03QD)
 自作200mWout(Micro6AM2002)+20mH 6エレ八木
 交信できず

・4/7(土) 20:40~21:00
 札幌市北区(常置場所 AJA 010102,GL QN03QD)
 自作200mWout(Micro6AM2002)+20mH 6エレ八木
 8エリアの1局と交信

・4/14(土) 20:40~21:00
 札幌市北区(常置場所 AJA 010102,GL QN03QD)
 自作200mWout(Micro6AM2002)+20mH 6エレ八木
 交信できず

・4/15(日) 10:00~10:40
 札幌市北区(常置場所 AJA 010102,GL QN03QD)
 自作200mWout(Micro6AM2002)+20mH 6エレ八木
 交信できず

・4/15(日) 11:00~12:00
 三笠市(JCC 0122)
 運用中止

・4/28(土) 19:15~19:25
 札幌市北区(常置場所 AJA 010102,GL QN03QD)
 自作200mWout(JR8DAG-2006AM)+20mH 6エレ八木
 交信できず

・4/28(土) 21:00~4/29(日)21:00
 札幌市北区(常置場所 AJA 010102,GL QN03QD)
 自作200mWout(JR8DAG-2006AM)+20mH 6エレ八木
 3,8エリアの6局と交信

 ワッチならびにQSOしていただいたみなさんありがとう
ございました。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

6mEsの入感状況(2012.04.29)

 2012.04.29(日) 札幌市北区での6mEs入感状況

・11:10~、4,6エリア,JA6YBR/b
・11:30~、4,6エリア,JA6YBR/b

・13:15~、2,3エリア
        AM(200mWout)で3エリアの1局と交信

・13:45~、6エリア,JA6YBR/b
・13:55~、4~6エリア,JA6YBR/b

 札幌市北区にてSSB(200mWout)で運用を行い、3~6エリア5局と
交信できました。AM(200mWout)では3エリア1局と交信できました。

 本日のEsによる6mAM交信は以下のとおりです。

【6mAMでのEs】
04/29(日) : 13:19 : 3エリアの1局と交信 : 200mWout

 交信データは「2012年の6mAMに関するコンディション」の
ページにまとめました。

 4月におけるAM(500mWout)以下でのEs交信は2003年以来でした。

 この日、6mAMでの運用を確認した局は以下のとおりです。

【6mAM運用局】
・JL3CEQ,JR8DAG他

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

6mEsの入感状況(2012.04.28)

 2012.04.28(土) 札幌市北区での6mEs入感状況

・19:00~、JA6YBR/b

・22:00~、JA2IGY/b

 19:15~19:25、札幌市北区にてAM(200mWout)で運用を行いましたが、
交信はできませんでした。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1-7 コンサドーレ札幌 2-3 川崎フロンターレ @札幌ドーム

 札幌ドームで観戦しましたが、携帯電話を忘れてしまったため、
本日の大宮戦前にエントリを入れます。

 試合については、本調子とは思えなかった川崎Fに対して、あの
展開で勝てないとなると、チーム力そのものが、戦術でどうにか
できるレベルにすら達していないのだろうと感じた。
 今年はJ1で戦うことで、チームを強くする機会を与えられたと
考えるくらいの発想の転換が必要になってきたように思う。

 JR8DAG/菅野 正人

120421consa074s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦 公式サイト

 札幌シネマフロンティアで鑑賞しました。

 正義の戦士と悪の組織との大レクリエーション大会?

・アクションは相変わらずのハジケっぷり。仮面ライダーや
 スーパー戦隊のアイテム(メダル、カード)を相互利用した
 戦いはオヤッ思った。
・フォーゼとゴーバスターズの連携した戦いはなかなか
 面白かった。
・ストーリはある程度予想の範疇で、悪の組織、その程度のこと
 気がつけよという気がしないでもなかったが、そのような
 間抜けっぷりは、このシリーズならではなのかもしれない。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

JARLコンテスト周波数設定の目的について

 JARLコンテスト周波数の変更についてのエントリで、管理人は
何を狙いとするのかが重要」であると述べました。
 そこで、今回、JARLがコンテスト周波数を設定する目的そのものが
どのようなものであるか少しばかり調べました。

 JARL WEBコンテストのページの中段に、以下の文章がありました。

*** JARL WEBのコンテストのページより引用 *****

 JARL主催コンテスト(All ASIAN DX、 QSOパーティー、テレコムQSO
パーティーを除く)では、3.5MHzから430MHz帯において、コンテストに
参加しない局にも配慮して、電波型式ごとに「コンテスト使用周波数」を
次のように設定しています。

*** 引用 おわり *****

 上記の文章を素直に解釈すると、「コンテストに参加しない局にも
配慮する」と言う目的しかないようです
。次に、コンテスト周波数は、
なんとなく使用頻度の少ない周波数に設定しており、積極的に参加を
増やそうという意図は見られません。以上の状況から考えると、
JARLはコンテストを利用してアマチュア無線の利用促進を図ろうと
いう考えは無いものと思います。
 そもそもコンテストがお祭りとすると、それをメインストリートから
はずれた場所で行うことは、コンテストそのものが邪魔であるという
発想になっているのではとも考えられます。
 JARLコンテストは参加者が多いからと言う理由も考えられます。しかし、
このコンテスト周波数は、他の国内コンテストにも影響しています。地方
コンテストは参加者が少ない上に、使用頻度の少ない周波数しか
使えなければ、ますます交信ができなくなるように思います。そのあたり
までJARLは考えてコンテスト周波数を設定しているのかは、上記の
文章からは不明です。

 *** * * * ****

 ここからは、管理人の1つの考え方を示します。とりあえず50MHzの
電話しかわからないので、そのコンテスト周波数の案を示します。

・AM/SSB:50.150~50.400MHz、50.500~51.000MHz
・FM:51.000~52.000MHz
・CWはわからないので案を示さない。

 海外との交信に利用される周波数は、変えると言うことは大変ですから、
そこはコンテストに使用しない周波数として設定することには意味が
あります。従って、海外交信に優先的に利用する周波数として
50.100~50.150MHzはコンテストに使用することを禁止します。
 日本国同士の交信で、コンテスト不参加の交信についてはある程度の
周波数変更は可能だと思いますので、メインストリートからはずれた
周波数で行うのが適切ではないかと管理人は考えます。現状では
50.400~50.500MHzあたりが良いのではと思います。

 もう1つの案は、JARLのコンテスト周波数は現行どおりとして、他の
コンテストはJARLが設定しているコンテスト周波数に縛られる必要はないと
JARLが表明するというものです。

 *** * * * ****

 いずれにしても、コンテスト周波数を設定している目的が、「コンテストに
参加しない局にも配慮して」以外は不明ですから、今のJARLが設定している
コンテスト周波数について、善し悪しそのものを判断する事ができない
状況になっていると管理人は考えています。

(参考リンク)
JARLコンテスト周波数の変更について: JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ ← クリックお願いします
にほんブログ村 のランキングに参加しています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

JN-3 札幌 1-2 鹿島 試合終了

JN-3 札幌 1-2 鹿島 @札幌ドーム
 あまりにもゴール前に張り付く時間が長く、これで失点を防ぐには札幌の力では厳しく、後半ロスタイムに決勝点を取られ敗戦となった。鹿島に限らず札幌の戦い方に対する対処法が確立しているように見えるのが気になった。札幌は新たな引き出しが出てこなければ今後も苦しい戦いが続くだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JN-3 札幌 1-0 鹿島 前半終了

 先制点をあげた榊は負傷退場、キリノはイエロー2枚で退場。後半は10人での戦うが、乗り切れるかどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

第54回ALL JAコンテスト参加予定(2012.04.28~04.29)

 4/28(土)21:00~4/29(日)21:00に行われる2012年第54回ALL JAコンテスト
以下のとおり6mAM運用で参加予定です。

【ALL JAコンテスト運用予定(2012.04.28~04.29)】
==========================================================
日 時:4/28(土)21:00~4/29(日)21:00 の随時
運用地:札幌市北区(常置場所)
運用局:JR8DAG
周波数:50.620MHz付近(混雑時は適宜移動)
使用設備:JR8DAG-2006AM(自作2SC2086×1、出力200mW)
       20mH 6エレ八木
その他:SSB(200mWout)でも運用します。
    AM集中運用時間
     4/28(土) 21:00~、22:00~、
     4/29(日) 10:00~、20:30~21:00
     そのほかEs発生時は50.620MHzでCQを出します。
    上記以外の時間は随時運用です。
==========================================================

 聞こえていましたらQSOよろしくお願いします。

 JR8DAG/菅野 正人

続きを読む "第54回ALL JAコンテスト参加予定(2012.04.28~04.29)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JH8ZND/b 運用再開(2012.04.14)

 4/14(土)実施の北海道6m SSB ロールコールのインフォメーションに
よると、2月下旬より停波していた50.480MHz JH8ZND/b(北海道千歳市)の
ビーコンが本日(4/14)午後より運用を再開したとのことです。以前よりCWのスピードが
若干上がっているとのことです。

 管理人は本日15:30、札幌市北区においてJH8ZND/bが入感しているのを
確認しました。

(参考リンク)
50.480MHz JH8ZND/bの停波について: JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HAYABUSAプロジェクトについて

 ブログ管理人のJR8DAG/M.Kannoです。日頃から6m QRP AMで
交信、ワッチしていただいている皆様に感謝いたします。

 一部で話題になっているようですが、JR3KQF局のホームページ
「6mAM 10mW HAYABUSA」プロジェクトと言うのがあります。内容は
どうと言うことはなかったのですが、交信対象の目標が当局となっ
ているようでしたので、現状等について話しておきたいと思います。

・今年も昨年と同様の運用ができると思います。運用予定は
 ホームページブログにアップするほか、今年からはTwitter
 活用したいと思います。
・数年後は全く未定です。現状と同じような運用がぱたっとでき
 なくなる可能性はあります。そのときはできるかぎりお知らせ
 できるようにしたいと思います。
・10mwでのEs交信ですが、正直かなり厳しいと思います。というのは
 JR3KQF局の50mWが限界に近い感じだからです。10~50mWの間では
 かなりの差があるように思います。
・これまでの10mWでの交信記録を下に参考として掲載します。使用機材は
 Pocket6AMFCZポケトラですが、これはHAYABUSAプロジェクトに
 該当するのでしょうか。
・他に、これまでの6mAM 2way QRP交信リストのページを作成しました。
 相手局の出力が判明しているもののみを掲載しています。これまでの
 最低出力はJH3DMQの3mWです。ここ5年では2010年のJF2NMY/2局の
 20mWですが、かなり厳しかったかなと言う感じでした。 

 6mAM 2way QRP 交信リスト(2012.04.14現在)


(これまでの6mAM 10mW機での交信リスト)

Call Date Time Call His My Code 相手局設備 自局設備
JL4GTO 98/08/03 22:18J JL4GTO 59 57 3401 鳥取県鳥取市 QRP 0.01W FCZ#067
JA2AEP 07/05/19 10:34J JA2AEP 59 59 2006 愛知県半田市 QRP 0.01W Pocket6AM
JR9RKU 08/06/22 10:20J JR9RKU 59 59 2801 富山県富山市 QRP 0.01W Pocket6AM
JH5BKZ 11/05/29 10:29J JH5BKZ 59 59 3701 徳島県徳島市 QRP 0.01W Pocket6AM

(さいごに余談を・・・・)
 HAYABUSAはJAXA小惑星探査機から命名したのでしょうか。
仕事の関係でJAXAと若干のおつきあいがあるのですが、
う~ん・・・・と言う感じです。
 はやぶさのような頂点に近い仕事ができるのは当然です。だけど
重要なのは、ALOS衛星のような中くらいの仕事を確実にこなすことが
できるかどうかだと思うのですが、正直心許ないです。

 JR8DAG/菅野 正人

6m QRPp AM ポケットトランシーバー(Pocket6AM)
6m QRPp AM ポケットトランシーバー(Pocket6AM)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙戦艦ヤマト2199(第1章)

 札幌シネマフロンティアで行っているイベント上映を見てきました。

 宇宙戦艦ヤマト2199公式サイト

 管理人は満足しました

・作品を作るにあたっては、ある程度ストーリの整合性をとるという方向性のようです。したがって話はすっきりしていますが、その分、旧作のような熱さは少なくなっていると思います。
・結構復元が大変だったようですが、旧作をベースとしたBGMを多用しています。
・旧作にまったくなかったBGMの1つが効果的に使われていて印象に残りました。
・波動エンジン始動(発進)は旧作と少し異なります。エンジン起動に当たってのエネルギー供給に関しては、違和感が無きにしもあらずですが、まあ大きな問題ではないと思います。
・声優で変わったなと感じたのは真田副長兼技師長。声の感じは良いのだが、旧作の声質の印象が強く残っているのかもしれないと思っています。ほかの声優も当然変わっているのですが、いずれも変わったなと感じませんでした。
・本作品の波動エンジンは武器だけでなく、防御という点でもかなりすごいエンジンという位置づけのように感じます。
・森雪はユリーシアなのでは?と今のうちに言っておきます。
・製作者もまったくウリにしていないが絵はずいぶんと綺麗になったし、場面ごとの暴れも少なくなっており、ここ10年ほどの作画技術の向上はすばらしいと思います。
・旧作のようなブームにはならないと思いますが、少なくともヤマトを知っている人はある程度満足させる内容であると思います。製作者側がどのあたりを目標にしているかわかりませんが、それなりの作品になりそうな気はします。

(参考記事リンク)
宇宙戦艦ヤマト2199: JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

Anime_jr8dag

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日常(エピソード編)

 日常 公式サイト

 このエントリでは、印象に残ったエピソードについて書きます。

 日常(Eテレ版)放送リスト(全12話): JR8DAGのメモ書きブログ

・日常の風邪
 阪本さんの「まる出しじゃねェか!」が印象に残っています。

・日常の2
 たこさんウィンナー3秒ルール。BGMが記憶に残っています。

・日常の7
 命を燃やせ!それでもゆっこに追いつけないみおとの運動能力の差がわかるエピソードでした。あと、みおは例の恥ずかしい落書きを見られたくないだけだが、ゆっこにはそんなことはわからないので、そのあたりの全くかみ合わない攻防は面白いし、挙げ句の果てに「そのノート、千円で買った!」を聞いたゆっこは訳が分からないことだったと思います。

・日常の9
 黙っていればゆっこはいろいろとしゃべる。

・日常の13
 駅前のあれとジュース23本。容赦のない麻衣ちゃん。

・日常の16
 E・Tが秀逸

・日常の18
 スーパーウルトラグレートデリシャスワンダフルわかりづれぇ~、が良かったです。

・だにゃん
 日常は萌えではないと宣言しているのではないかと言う説を聞きましたが、そのような気もしています。阪本さんのなんともいえない表情が良かったです。

・日常の26
 麻衣ちゃんの「リリース」は、なんかやるよなと思ったら期待どおりでした。

・フェイ王国(日常の27,77,91)
 この3つのエピソードで1つの話ができそうなくらいゆっこの夢はすごいというか・・・・。あと、ゆっこの夢以外でもそれらしい飛行船が飛んでいる場面があるのですが、あれは一体?

・日常の35
 ケーキ全部ではなく、苺だけを将棋のこまに差し替えるお姉はみおのことを良くわかっているのでしょう、おそらく。

・日常の39
 大福くんがいろいろな意味ですごいです。

・日常の40
 ステンドグラスが秀逸でした。

・日常の51
 4,016円をなくしたゆっこの顔(+背景)が印象的でした。

・日常の58
 焼き鯖。日常最大の喧嘩。普通はありえない話だが、よく見るとみおは結構我慢していたのだが、財布からアルゼンチンペソが出てきたところで完全に抑え切れなくなり、そこからは引っ込みがつかない喧嘩になってしまったようです。

・日常の62と70
 安中さんと高崎先生が同じアングルでやりとりしているのが印象的です。

・日常の64と72
 メニュー選びに苦戦するだけでなく、その後のちゃんみおスペシャルの話を用意しているあたりがすごいと思いました。ちなみにスターバックスでちゃんみおスペシャルを注文すると660円らしいです。

・日常の65
 Eテレ版未放送。日常最大のバイオレンス。例の漫画を見られた時点で正常な思考が働かなくなり、凄惨なことになってしまったように思います。

・日常の67
 東雲なのが3人組と仲良くなるきっかけとなった名エピソード。ゆっこの笑顔の天才が遺憾なく発揮されたエピソードでした。

・日常の68
 なぜかかっこいいカラス。CU Again!

・日常の69(トランプタワー)
 無声映画。台詞が一切なくBGMだけでエピソードを構成。BGMもこのエピソード専用に製作されたもの(だと思う)。台詞一切なしでBGMだけのアニメはほとんど見たことがなく、原作でも台詞が一切ないが、それを実際にアニメ化するあたり、すごいことをするものだと感心しました。

・日常の79
 魚雷飛び。背景に流れた音楽が素晴らしい。

・へのへの
 趣旨はなかったようですが、なのちゃんがあのへのへのをかぶっていた理由は気になりました。阪本さんの動きがナイスでした。

・日常の83と86
 みおの漫画の話。麻衣の行動と、ゆっこの「許してヒヤシンス、頭をヒヤシンス」、みおの一人怒りは爆笑でした。

・メロンパン
 パンの裏に消費期限記載は現実にありえないだけに、良くそんなことを考え付くなと思ってしまいました。

・Helvetica Standard(サンタからのメロンパンのプレゼント)
 プレゼントを投げつけた少年は怒っているのではなく、泣いていたので、そのあたりの心情はどのようなものか気になりました。

・日常の96と101
 日常の96は日常最大の痛み+叫びエピソード。日常の101は麻衣のにこやかな顔が印象的でした。

・日常の97
 くさやジャムの走馬灯。本編では終盤のエピソードだったにもかかわらず、Eテレ版では第1話に放送されたため、とにかく衝撃的でした。日常という作品を知ってもらう点では良いエピソードだったのかなと思います。

・日常の107
 ちゃんみお。常人の域を超えて走り続けるちゃんみおに何とかついていけるゆっこの運動能力はすごいです。

・日常の108
 同じものでも中村先生の視点で見ると全く違ったものに感じることがよくわかるエピソードだったと思います。Eテレ版では複線となるエピソード(だるま、強力のり、へのへの、ビスケット2号)をあらかじめ放送しており、この話につながることがわかるようになっていました。

・日常の109
 大福くんをどこから持ってきたんだ?と言いたくなったが、アニメオリジナルのエピソード。感動のエピソードですが、この話をやってしまうと日常というアニメが終わってしまうように感じる内容だっただけに、Eテレ版では第9話に持ってきたのだと思います。
 ちなみに本編(地上波放送全26話)では一区切りを付けたいと言うことで、日常の113とあわせてオリジナルのエピソードを加えて物語を締めている雰囲気ですが、Eテレ版では日常は今後も変わりなく続くと言う雰囲気に再編集しているように感じています。

(参考リンク)
「日常」関連記事リンク: JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日常(キャラクター編)

 日常 公式サイト

 日常の登場人物(猫含む)について書きます。

・東雲なの
 一番普通の女の子であり(はかせの)おかあさん。ねじ回しを除けば・・・・。
 本人は普通にこだわっているが、実は登場人物の中ではもっとも普通に見える(ねじ以外)。おそらくねじ回しが取れることがわかってしまうと、本当に普通の女の子になってしまうので、日常の物語が終わってしまう・・・・、それくらいねじ回しは強烈なアイテムだと思う。

・はかせ
 かわいいと評判だが、原作にも書いているとおり、正直いろいろと謎。日常は何も考えなくとも楽しめる作品ではあるが、東雲なのが登場する以前の話はまったく語られていないので、壮大な設定を用意しているかもと想像しながら今後の展開を予想してみるのもありかと思う。たとえば、東雲研究所は大工財閥の資金援助を受けているとか・・・・。

・阪本さん
 日常の67,68を見る限り人語でコミュニケーションすることに慣れてしまったらしい。それと猫のグループで1番ではなさそうということにもなんとなく納得できる。それにしても人語を話せるスカーフは名品だが、人語を話せたら何を言い出すかわからない動物が多そうな気もする。

・ゆっこ(相生祐子)
 登場人物としては面白いが、なのエースVOL.12で描かれていたように、10年後の姿が想像しにくいと思う。物語の時点では、なんとなく感性で行動していて軸がないように見受けられるので3人組の中心になりやすいのだと思う。

・長野原みお(ちゃんみお)
 プロトタイプでは主人公だったようだが、感情の起伏が激しい、隠し事がある、特殊技能を持っているなどで、3人組の中心からはずしたように思う。ネタに事欠かないという点では面白い登場人物と思う。いろいろと激しい物語が多く、台詞も多彩ですが、管理人は「意味わかんねぇよ」が印象に残っています。

・水上麻衣
 いわゆる麻衣ペース。長野原よしのと双璧をなす最強キャラクター。日常の26の「リリース」など、少ない言葉で強烈な存在感を放つ。それでも、はかせを怒らせたことは気にしていたようであったし、ボケも相手を考えてやっているようなので、そのあたりは結構したたかかもしれない。
 それと、阪本さんが人語はなすこと、東雲なのがロボットであることを知っているはずだが、そのあたりは彼女にとっては(良い意味で)どうでも良いと思っているあたりは彼女らしさをあらわしているように思う。

・長野原 よしの(みお姉)
 麻衣と双璧をなすであろう最強キャラ。イチゴケーキの苺だけを王将に差し替えるあたり、本当に妹のことを良くわかっている、ある意味すごい人物である。

・安中さん
 少し大きいかな(by桜井先生)と思われるリボンを頭につけた普通の女の子。彼女にまつわる面白いエピソードが2つあるが(流しそうめんと射的)、Eテレ版では時間の関係からか放送されなかった。そのほか、本人にまったく非はないが、いろいろ理不尽な目にあう人物の一人。

・中之条剛
 父親から続く天然モヒカン。ゆっことみおにまつわる話でとばっちりを受けること多い人物。彼にまつわる面白いエピソードが2つあるが(イタコとお寺)、Eテレ版では時間の関係からか放送されなかった。

・中之条のお父さん
 大福くんや大福フェアはちょっととは思うが、大福の白さにこだわるあたりには、職人気質のようなものを感じます。

・桜井泉先生
 ゆるふわ系先生。守ってやりてぇ~雰囲気(高崎先生談)だけど、見た目に反して芯はかなり強いかも。

・高崎学先生
 ほいきた~~~!、いなっふ!、無駄に熱い・・・・。桜井先生ではなく、中村先生と結婚するのでは・・・・、に1票。

・中村かな先生
 最初、男かと思っていたが・・・・。高崎先生がかわいいと言ったのは、わからないではないかも。

・立花みさと
 なんとなく槇村香を思いだしてしまった管理人である。そのうち、ハンマーが出てくるかも・・・・。

・笹原 幸治郎
 みさとがいろいろとぶっ放しても平然としていられる許容力はたいしたものである。残念ながらちゃんみおの勝ち目は薄いだろう。

・校長
 名字が東雲。東雲研究所との関係は如何に・・・・。

・教頭
 自業自得のような気もするけど、何となくかわいそうな気もする人。校長を理解すると結構幸せになると思うけど、そういう展開にはしないだろうと思う。

・大工健三郎
 頼りなさそうな雰囲気に反して、恐るべし財力を有する人物。家族構成は不明だが、長子(跡継)ではないような気がする。

(参考リンク)
「日常」関連記事リンク: JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日常(Eテレ版再編集の考察)

 日常 公式サイト

 NHK(Eテレ)での放送が終了しました。全26話をどのような観点で12話に再編集したのか考察してみました。

 日常(Eテレ版)放送リスト(全12話): JR8DAGのメモ書きブログ

・当初、大きな柱を決めていたのかと思っていたのだが、大きな柱は原作と同じように日々起こる日常を伝えることだったらしい。
・ちなみに、東雲なのが背中のねじ回しを取ることができるとわかってしまうと、この日常という物語が終わってしまう可能性が高いと思う。地上波放送では区切りをつけるということもあってそのあたりについて触れているが、原作ではまったく言及されていない。あのねじ回しはロボ云々ではなく実生活で相当に不便な代物である以上、ねじ回しをつけたままにしておくことの意義が見出しづらいからである。
・ということで、東雲なのは原作に近い形で第2話から学校に行くし、エピソードの放送順番を変えたりしているのだと思う。このあたりは話数を少なくしている以上、時間の関係もあると思う。
・とはいえ、時系列が明らかになっているエピソードがあり、それは順番どおりに放送したと思われる(日常の96 → 101など)。
・第1話は主要な登場人物(5人+猫)の立ち位置をきちっと説明するなど、編集のうまさを感じた。
・第9話で最後に日常の14を持ってきた構成はすばらしいと思った。
・日常の14,77,95を放送したことから、登場人物はできる限り登場させようという意志はあったと思われる。このあたりは管理人が読みきれなかったことである。
・囲碁サッカー関連の話が放送されなかったは、関係するエピソードがつながりを持っていて放送するには尺が長く、かといって単発のエピソードがなく、放送を断念せざるを得なかったからではと思う。

(参考リンク)
「日常」関連記事リンク: JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

JA6YBR/b 宮崎ビーコン運用再開

 JA6YBR/bのホームページの情報によると宮崎市のビーコン局の
JA6YBR/b(周波数 50.017MHz)は 2012年4月12日(木)13:50JSTに
運用を再開したとのことです。

 6mリアルタイム情報などのクラスタにもレポートがアップされて
おり、運用が確認できているようです。

(参考リンク)
JA6YBR/b 宮崎ビーコン暫定停波について: JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

ホームページの更新について(2012.04.09)

 JR8DAGのAM&QRPホームページをご覧いただきありがとうございます。

 本日、現在までのQRP記録のページを更新しましたのでお知らせします。

現在までのQRP記録

 AMマラソンコンテスト、第22回2エリア主催AMコンテストの賞状を掲載しました。

 よろしくお願いします。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

J1-5 札幌 0-2 柏 試合終了

J1-5 札幌 0-2 柏 @札幌ドーム
 運の良さもあって失点を防いでいたが、CKから追加点を挙げられ勝敗が決してしまった。技術、スピード、判断力もろもろ力の差を見せ付けられた試合だった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1-5 札幌 0-1 柏 前半終了

 昨年の優勝チームだけあって柏のゴール近くでのボール運びに耐えきれず、角度のないところからの強烈なシュートで失点。札幌の試合運びはわかっているだろうから、前半と同じような試合展開なら勝つことはかなり厳しいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

「日常」関連リンク

 日常関連リンクは以下のページに移動しました。

 「日常」関連記事リンク

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

JARL発行アワード等の申請手数料を改定(2012.04.01)

 JARLは2012年4月1日より、JARL発行アワード等の申請手数料を改定すると発表しました。

 情報源はJARL WEBで、該当の記事は以下のとおりです。

JARL発行アワードのページ

 これまでJARL会員のアワード発行手数料は800円でしたが、2012年4月1日より1,000円となります。そのほかの申請手数料も改定されています。

 アマチュア無線に関しては、いろいろなものが値上がりしている傾向にありますが、価格を安くして人を増やすということは不可能になったので、人は減っても採算を取れる価格に設定するというやり方に変わっているものと思います。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマチュアバンドプランについての意見募集

 JARL WEBによると、JARL周波数委員会は「アマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の使用区別」について検討をおこなうため、意見を募集しているようです。

 該当のページは以下のとおりです。

「アマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の使用区別」についてご意見をお寄せください

 意見は書面または電子メールで受け付けており、期限は5/31となっています。

 なお、意見を出すにあたっては、上記ページにこれまで寄せられた意見が掲載されているので、一読することをお勧めします。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

ブログについてお知らせ(2012.04.01)

 JR8DAGのメモ書きブログをご覧いただきありがとうございます。

 本日、アマチュア無線(QRP)のカテゴリを新規追加しましたので、
お知らせします。

JR8DAGのメモ書きブログ: アマチュア無線(QRP)

 これまでアマチュア無線(その他)に分類していた記事のうち
該当するものをアマチュア無線(QRP)に移動しました。

 よろしくお願いします。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページの更新について(2012.04.01)

 JR8DAGのAM&QRPホームページをご覧いただきありがとうございます。

 本日、現在までのQRP記録のページを更新しましたのでお知らせします。

現在までのQRP記録

 JCC/JCG、自作機による交信数を更新しました。

 よろしくお願いします。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月の2エリアAMRCのキー局予定

 2012年4月の2エリアAMRCのキー局予定は以下のとおりです。

 毎週土曜日 21:00~22:30 50.600MHz付近で実施

4月 7日 JH2INQ/2 土岐市
4月14日 JA2AZZ/2 小牧市
4月21日 JF2QKA/2 土岐市
4月28日 JH2INQ/2 豊田市

(天候等の理由により変更の場合あり)

 情報源は2エリアAMRCのホームページ

JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月の1エリアAMRCのキー局予定

 2012年4月の1エリアAMRCのキー局予定は以下のとおりです。

 毎週日曜日 21:30~22:30 50.550MHz付近 で実施

4月 1日 JH7OZQ/1 千葉県鎌ヶ谷市
4月 8日 JP1EVD   神奈川県横浜市港北区
4月15日 JF9BLA/1 東京都台東区
4月22日 JK1ONN   東京都武蔵野市
4月29日 JA1EEZ   東京都豊島区
(天候等の理由により変更の場合あり)

 情報源は1エリアAMRCのML

JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

輪廻のラグランジェ(第1期,全12話終了)

 第1期は物語を説明するプロローグだったように思う。

 輪廻のラグランジェ公式サイト

・第1期は物語のありようとか約束事を理解してもらうことに多くの時間が費やされたように感じました。いわゆる助走だったように思います。第2期ではどのように羽ばたくのか、そのあたりに期待したいと思っています。
・プリキュアシリーズからかなと思っているのですが、戦う女の子という設定は良かったと思います。
・ウォックスシリーズ発進に使われたBGM(Midori)、また、発進したあとの光の尾をなびかせながらの飛行シーンは、これまでに見なかったものでなかなか良かったです。
・最近のアニメとしては当然なのかもしれませんが、絵がきれいで質も比較的安定していたように思います。
・ロボットのデザインは曲面を多用しているこれまでにあまりなかったデザインであり、新鮮さを感じました。
・一方で、この作品では、3人組の交流や自分たちの住む場所(鴨川市)などの関係から、戦うことに関して意味づけが必要であり、そのあたりに時間がとられた結果、戦闘に関しては正直物足りない感じはしました。
・第10話までのコメントで書きましたが、作品として内容は今のままでよいと思いますが、視聴者にどのあたりを期待して見て欲しいのか、もう少し強く打ち出しても良いのではと感じています。
・第1期のままでは中途半端であると感じています。第2期で終了ならば、物語にきちんとケリをつけて欲しいと思います。

 (参考リンク)
 輪廻のラグランジェ関連記事リンク: JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏目友人帳 肆(全12話終了)

 お~い、夏目~・・・(by ニャンコ先生)

夏目友人帳 アニメ公式サイト

 ある人の薦めで第4期のシリーズを見ました。第1~3期のシリーズ、
原作は見ていません。

・何も起こっていない普段の生活は穏やかなのだが、主人公の夏目貴志にとっては、それまでのいきさつがかなり大変だったらしい。
・キーワードは「友人帳」。これは、Wikipediaで調べておけば理解できるかと思う。友人帳と呼ばれているが、内容は人質帳かと思う。
・いきなり的場静司という大ボスのようなキャラクターが出てきて、第1期から出てきているのか思ったら第3期からだったらしい。
・物語の落としどころは今のところ見えない。たぶん、同じような流れが、しばらく続くのだろうと思う。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

質量(g)あたりの交信距離(km/g)(2012.04.01)

 これまで、QRP運用における交信記録として、送信出力あたりの
交信距離(km/W)、JARL QRPクラブがアワードを発行していた
総消費電力あたりの交信距離(km/Total Power)がありました。
 その他、QRP運用とは直接関係ないものの、送信機の体積あたりの
交信距離(km/cubic inch)なるものもあり、JJ1INO 井上さんが
その記録に挑戦するために0.5キュービックインチ10MHz CW
トランシーバ を製作しています(FCZ誌No.117,MAR 1985)。

 そのようなある単位あたりの交信距離を競うものとして、最近、
トランシーバーの質量あたりの交信距離(km/g)なるものが出てきて
いるらしいです。JARL QRPクラブの1000km/Total Powerアワードを
参考に1000km/g以上の交信を達成した場合にアワードを発行することも
検討しているらしいのですが、1000km/g以上の交信をするためには、
超軽量の無線機を作らなければならず非常にハードルが高そうで、
誰が最初に達成できるのかに注目が集まるところです。

 *** * * * ***

 googleでざっと検索をかけてみると、km/gの指標を考えている人は
いないようです。
 ちなみに、本記事は4月1日用のネタとして考えたもので、現時点では
管理人の空想であります。

 JR8DAG/菅野 正人

|

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »