« 6mEsの入感状況(2013.08.17) | トップページ | ホームページの更新について(2013.08.20) »

2013年8月20日 (火)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。(全16話終了)

 気持ち悪くない恋愛なんか、エロゲにも現実にもどこにもねえ!(by 京介)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 公式サイト

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。第14話~第16話の配信サイト(2013.09.01(日)13:00まで)

・8/18(日)の残り3話のWEB配信で全話が終了。
・管理人は、1期全16話、原作は1~6、12巻、他は斜め読みの
 状態で視聴した。
・基本的に原作12巻の流れに沿ってストーリが展開。
・スピード感の違いなのか、原作12巻を読んでしばらく経ったから
 なのか、原作を読んだときほどの切なさは感じなかった。
・原作11巻の内容は時間の関係で第13話に集約した模様。従って、
 原作に登場した櫻井秋美はアニメでは登場しない。くまの
 着ぐるみパジャマ姿がアニメでどう動くのか見たかったが、
 登場させることができなかったのは仕方ないと思う。
・また、原作ではそれぞれの女の子たちの告白に至るまでの過程が
 書かれているが、これもアニメでは省略されている。よってアニメで
 得られる感覚は原作11巻を飛ばして原作12巻を先に読んだときに
 似ていると思った。
・ちなみに原作11巻は結構内容が濃く、この11巻の内容でOVA
 (仮称:俺の妹がこんなに可愛いわけがない - ROAD to 桐乃 -)が
 できそうな気がする。
・この作品は、原作の内容をほぼ踏襲しているが、アニメ化に
 あたって省略している事柄が結構あるので、原作を読んだ方が
 多方面でより楽しめると思う。
・逆に原作に書いていないことを、アニメ版で補完している場面が
 いくつかあった。このあたりは、スピード感の違いを埋めるなどの
 意図からと思う。
・それぞれの告白場面、第16話の最終決戦などは、アニメではこのように
 描かれるのかと納得したのであった。特に最終決戦はなかなかであった。
・登場人物の中では、田村麻奈実が割を食っているかなと感じた。
 高坂兄妹は世間体的にまずいことをしているのは十分にわかっていた
 はずなので、常識的なことは言う必要はないわけだったのだが、物語上は
 そういうポジションの人物が必要でもあったわけで、その役割が
 田村麻奈実に与えられているように感じたからである。
・とはいえ、田村麻奈実も原作11巻エピローグで語るとおり普通の人であり、
 間違った行動を取ってしまうこともあるわけである。ただ、その行動に
 至ってしまったのは、桐乃を恋敵と認めて真っ向勝負するだけの
 自信がなかったからかもしれない。
・原作と照らし合わせながら見ていくと、高坂京介は平凡が良いなどと
 思ってはいても、心の奥底は、波乱というか楽しい人生を望んでいた
 のではと思う。田村麻奈実は安心感は与えるけど、わくわく感は与え
 ないあたりが最後の展開につながるのだろうと感じるところである。

(関連記事リンク)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(原作12巻): JR8DAGのメモ書きブログ
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。(第13話まで): JR8DAGのメモ書きブログ
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。(第4話まで): JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

|

« 6mEsの入感状況(2013.08.17) | トップページ | ホームページの更新について(2013.08.20) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。(全16話終了):

« 6mEsの入感状況(2013.08.17) | トップページ | ホームページの更新について(2013.08.20) »