« 6m QRP AM ハンディトランシーバー(Micro6AM2002)のページを更新(2014.10.18) | トップページ | ホームページの更新について(2014.10.20) »

2014年10月19日 (日)

宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海

 普通の総集編だった・・・・

 宇宙戦艦ヤマト2199公式サイト

 札幌シネマフロンティアで行われたイベント上映を見てきました。

・ただでさえ、密度の高い26話を5話分くらいにまとめるわけです
 から、取捨選択などをどのようにするかというのは非常に難しい
 ことであると思いますが、考えられるとすれば以下のような形に
 なろうかと思います。
(1) ある場面を重点的に伝える
(2) テーマを決める
(3) 視点を固定する
・で、今回の追憶の航海では、そのようなテーマは残念ながら
 見えませんでした。
・七色星団の新規カットが多いようなので、本編では述べられ
 なかった内容が出てくるのかと思いきや、時間も結局削られて
 いたので、新規カットの意味はなかったかなと感じました。
http://yamato2199.net/about/story_b.html では、古代進の
 視点で振り返るとありましたが、古代進のナレーションが少な
 かったですし(というか森雪のナレーションがあったのは
 なぜ?)、古代進がそれぞれの場面で何を考えていたのかと
 いう内容すらなかったように思います。
・そもそも古代進の視点で振り返るというのなら、次元潜航艇との
 戦闘の場面は必要だったように思います。
・古代進の視点で振り返るのなら、面識がほとんどないギムレー、
 ゼーリック、ゲールなどはばっさり削除するべきだと思いました。
・仮に古代進の視点を地球側全体に置き換えたとしても、ガミラスで
 出てくるのは、デスラー、ドメル、メルダ、ディッツ、セレステラの
 5名程度かと・・・・。
・ホームページでウリにしていた新規カットは正直不要でした。
・新規カットを入れるのは本編で説明しきれなかった事のために
 必要なものであって、今回のような本編の焼き直しなら、本編に
 手を加えてBDなりDVDを販売して欲しいと思いました。新規カットに
 エネルギーを使うくらいなら、今回の追憶の航海の構成を
 どうするかということにエネルギーを使って欲しいと思いました。
・なんか、追憶の航海は、試写版ができあがったときに、このままでは
 まずいが、時間がないので、とりあえず古代進のナレーションを入れる、
 ホームページで見所などを宣伝する、そんなことを突貫でやって
 しまったのでは、と感じてしまいました。
・まさかとは思いますけど、宇宙戦艦ヤマト2199をやっておけば
 それなりに売れるなどという甘い考えで、追憶の航海を公開したの
 ではないことを祈りたいところです。

 (参考リンク)
 宇宙戦艦ヤマト2199関連記事リンク

 JR8DAG/菅野 正人

|

« 6m QRP AM ハンディトランシーバー(Micro6AM2002)のページを更新(2014.10.18) | トップページ | ホームページの更新について(2014.10.20) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海:

« 6m QRP AM ハンディトランシーバー(Micro6AM2002)のページを更新(2014.10.18) | トップページ | ホームページの更新について(2014.10.20) »