« アイカツ!3rdシーズン(第114話まで) | トップページ | 6m QRP フローティングキャリア AM トランシーバー(AMRC-698FC)のページを更新(2014.12.31) »

2014年12月31日 (水)

天体のメソッド(全13話終了)

 無邪気な円盤(ノエル)と乃々香たちとのふれあいの物語

 TVアニメ「天体のメソッド」公式サイト

・この物語は最終的な落としどころがすでに決まっていて、
 その落としどころにどうやってたどり着くのかを楽しむ
 アニメだったように思う。
・天体のメソッドは乃々香たちとノエルとのかかわりを描く
 人間物語で、その話の本質とは関係ない、つまり説明する
 必要が全くない円盤(ノエル)の仕組みとか、第12話で過去に
 戻った仕組みとか原因などは予想どおり全く述べられ
 なかった。
・乃々香の記憶の掘り起こしと人間関係の再修復に7,8話、
 その後ノエルとどのようにつきあっていくかで3,4話、そして
 最後の落としどころに向かうかで2,3話という感じだったように
 思う。
・当初、乃々香たち5人が望んだことは、5人の幸せ(ノエル
 いわゆるにっこり)だったようで、それをかなえれば
 自分(ノエル)は不要であると、無邪気なノエルは考えた
 ようだが、5人はノエルもいなければ幸せになれない、
 またノエルも5人と一緒にいたいと思うようになった事が、
 最後の落としどころへ向かう転換点なのだろうと感じた。
・乃々香の記憶があやふやだったのは、あまり説明されて
 いないようだったが、母親の件と関係がありそうだった。
・やはり、乃々香と汐音は仲が良かった分だけ、その反動も
 大きかったようだ。
・第12話の最後に出てきた戸川汐音は、何となく暁美ほむらに
 見えた。
・最終話の麦わら帽子の演出とエンディングの映像は印象に
 残った。

(関連記事リンク)
天体のメソッド(第3話まで): JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

|

« アイカツ!3rdシーズン(第114話まで) | トップページ | 6m QRP フローティングキャリア AM トランシーバー(AMRC-698FC)のページを更新(2014.12.31) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天体のメソッド(全13話終了):

« アイカツ!3rdシーズン(第114話まで) | トップページ | 6m QRP フローティングキャリア AM トランシーバー(AMRC-698FC)のページを更新(2014.12.31) »