« メロディICとFMワイヤレスマイクを使用したFOX送信機(FM-FOX2012) のページを更新(2015.01.23) | トップページ | 『はこだてライナー』一般車両公開(2015.01.24) »

2016年1月24日 (日)

銀河英雄伝説(正伝全10巻)

 銀河の歴史がまた1ページ

 銀河英雄伝説 ON THE WEB

・久しぶりというか10年以上の時を経て、原作正伝10巻を
 読んだ。
・基本的に、ラインハルトの死後からしばらくたった世界から
 見た歴史小説という感じの内容である。
・戦略と戦術とはどういうことかが、良く分かる物語で
 あると感じている。
・あと、ものすごいオカルトのような人間が登場しない
 (能力の高低はあるが・・・)、ものすごいオカルトの
 ようなハードウェア(イゼルローン要塞は強力だが
 万能ではない)は登場しない、従って相手に勝つには
 頭を使う必要があるという点は一貫していると思う。
・特に人材確保と、人をどのように動かすかという点は
 重要視されているように思う。
・あと、死んだ人間は生き返ることはないという点が一貫
 している点もこの作品の特徴かと思う。
・銀河系の統一が果たされ混沌とした状態が解消される
 という最終的な落としどころに向かって、物語が構成され
 ていたように思う。
・最後に10巻でラインハルトが病死するわけであるが、ここで
 ヤン・ウェンリー、トリューニヒト、キルヒアイス、ルビンスキー、
 ロイエンタール、地球教あたりが生き残っているとのちに
 火種が残るので、退場させるといった感じである。
・この物語の最大の悲劇は、大きく2つになるようであるが、
 私は8巻のヤン・ウェンリー暗殺が銀河英雄伝説に
 おける最大の悲劇と感じている。
・個人的には、トリューニヒトの方がヤンウェンリーより
 長く生き残ったのは少し悔しい感じである。
・そのトリューニヒトであるが、保身の天才ではあったが、
 ロイエンタールの複雑な心境を読みきれなかったのが致命傷と
 なった。不思議な感じでもあるが、ある意味、それこそトリューニヒト
 らしい死に方だったのかなと感じた。
・もう1つの悲劇であるキルヒアイスの死は確かに少し早すぎた
 かもしれないとは感じる。2巻以外だと退場するのはどこなのかと
 いうことにはなりそうだけど。
・最後のブリュンヒルト艦内の白兵戦は、帝国軍がユリアン・ミンツを
 皇帝ラインハルトと会見できるように誘導した側面はあったかと
 思う(ブリュンヒルトに突っ込んだイストリアを自爆させられたら
 大変なはず)。
・ラインハルトの死後のことは語られることはないのだが、何となく
 ラインハルト家は3代で終わる源氏のような感じを想像して
 しまったが、実際のところどうなったのだろうか。

 JR8DAG/菅野 正人

|

« メロディICとFMワイヤレスマイクを使用したFOX送信機(FM-FOX2012) のページを更新(2015.01.23) | トップページ | 『はこだてライナー』一般車両公開(2015.01.24) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀河英雄伝説(正伝全10巻):

« メロディICとFMワイヤレスマイクを使用したFOX送信機(FM-FOX2012) のページを更新(2015.01.23) | トップページ | 『はこだてライナー』一般車両公開(2015.01.24) »