« 2016年12月の1エリアAMRCのキー局予定 | トップページ | 第32回1エリアAMコンテスト参加予定(2016.12.23) »

2016年12月 6日 (火)

CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第2章

 自分が背負っているものから逃れることはできない

 『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』 公式サイト

 札幌シネマフロンティア、12/2夕方に鑑賞しました。約110名の
シアター4で10名はいなかったと思います。

・ブレスドの全体像が不明ということもあって、戦わないですむ
 方法も模索するが、そこで自分が背負っているものからは逃れ
 られないことが明らかになっていく。
・この過程で009に加速装置以外の何かがあることが示唆されるが、
 それはおそらく第3章で示されることになるのだろうと思われる。
・ブレスドがどのようなネットワークを構築しているかは不明で
 あるが、一部の者達が何かをやろうとしていることが第2章で
 示され、それにサイボーグ戦士達がどのように対抗するかが
 第3章の焦点の1つと思われる。
・ブレスド達にしてみると、その能力故に、サイボーグ戦士達をあまり
 相手にしていない感じであるが、それでも001は彼らにとっても
 かなり特別な存在らしく、第3章でどのようなやりとりがあるのかが
 気になるところである。
・サイボーグ戦士達は002をはじめとして、やはり超能力関係との
 相性は悪い感じではあるが、それなりの対応力があるあたりは、
 長年戦ってきた経験などがあるからだろうと感じる。
・最終章(だと思う)第3章は12/9に公開。そこで決着がつくのだろうか。

(関連記事リンク)
CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第1章: JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

|

« 2016年12月の1エリアAMRCのキー局予定 | トップページ | 第32回1エリアAMコンテスト参加予定(2016.12.23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第2章:

« 2016年12月の1エリアAMRCのキー局予定 | トップページ | 第32回1エリアAMコンテスト参加予定(2016.12.23) »