« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月31日 (木)

6mAM運用結果(2017.08.01~2017.08.31)

 2017.08.01~2017.08.31における6mAM運用結果は以下のとおりでした。

・8/5(土) 16:30~17:25
 美唄市(JCC 0115,GL QN03QD,標高480m)
 自作200mWout(JR8DAG-2006AM)+4mH 2エレHB9CV
 6エリアの1局と交信

・8/5(土) 18:00~ 8/6(日)11:45
 美唄市(JCC 0115,GL QN03QD,標高480m)
 自作200mWout(JR8DAG-2006AM)+4mH 2エレHB9CV
 8エリアの7局と交信

・8/11(金・祝) 18:55~19:35、20:40~21:00
 札幌市北区(常置場所 AJA 010102,GL QN03QD)
 自作200mWout(JR8DAG-2006AM)+20mH 6エレ八木
 交信できず

・8/12(土) 08:25~11:50、17:45~18:20
 札幌市北区(常置場所 AJA 010102,GL QN03QD)
 自作200mWout(JR8DAG-2006AM)+20mH 6エレ八木
 1,2,4~6,8,9エリア11局と交信

・8/13(日) 09:35~10:50、18:05~19:20
 札幌市北区(常置場所 AJA 010102,GL QN03QD)
 自作200mWout(JR8DAG-2006AM)+20mH 6エレ八木
 8エリア1局と交信

・8/19(土) 10:00~10:25
 札幌市北区(常置場所 AJA 010102,GL QN03QD)
 自作200mWout(JR8DAG-2006AM)+20mH 6エレ八木
 交信できず

・8/20(日) 10:00~10:45
 札幌市北区(常置場所 AJA 010102,GL QN03QD)
 自作200mWout(JR8DAG-2006AM)+20mH 6エレ八木
 8エリア1局と交信

・8/23(水) 19:05~19:10
 札幌市西区(AJA 010107,GL QN03PC)
 自作200mWout(JR8DAG-2006AM)+1/2波長ホイップ
 交信できず

・8/26(土) 20:35~20:55
 札幌市北区(常置場所 AJA 010102,GL QN03QD)
 自作200mWout(JR8DAG-2006AM)+20mH 6エレ八木
 交信できず

・8/27(日) 10:00~10:25
 札幌市北区(常置場所 AJA 010102,GL QN03QD)
 自作200mWout(JR8DAG-2006AM)+4mH 2エレHB9CV
 8エリア1局と交信

 ワッチならびにQSOしていただいたみなさんありがとう
ございました。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空き缶を利用した6m QRP AM トランシーバー(CanTra6AM2017)のページを更新(2017.08.31)

 JR8DAGのホームページ並びにブログをご覧いただきありがとう
ございます。

 本日、ハムフェア2017自作品コンテストに出品した
空き缶を利用した6m QRP AM トランシーバー(CanTra6AM2017)
ページを更新しましたのでお知らせします。

 空き缶を利用した6m QRP AM トランシーバー(CanTra6AM2017)

 スペクトラムアナライザの計測結果を追加しました。

 よろしくお願いします。

 JR8DAG/菅野 正人

5~205MHzの計測結果
5~205MHzの計測結果

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

6mEsの入感状況(2017.08.27)

 2017.08.27(日) 札幌市北区での6mEs入感状況

・15:40~、JA6YBR/b

 10:00~10:25、札幌市北区にてAM(200mWout)で運用を行い、8エリアの1局と交信できました。

 この日、6mAMでの運用を確認した局は以下のとおりです。

【6mAM運用局】
・JA8XTG,JR8DAG他

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空き缶を利用した6m QRP AMトランシーバー(CanTra6AM2017)について(2017.08.27)

 ブログ管理人のJR8DAG/M.Kannoです。

 ハムフェア2017自作品コンテストにて自由部門優秀賞第2席に入賞できた「空き缶を利用した6m QRP AMトランシーバー(CanTra6AM2017)」について、自作品コンテストの提出書類で書かなかったことについて述べます。

【出品の動機】
・コカコーラの缶ラジオのような円筒形のトランシーバーはの製作例は皆無に近いことから、見た目にも独自性を打ち出せるだろうという考えもあり、数年前から製作することは考えていました。
・ハムフェア自作品コンテスト入賞作品には、円筒形状のトランシーバーがほとんど見られなかったことから、出品して評価を受けてみたい、出来るならば入賞させたいとも考えていました。

【どのような作品とするか】
・本作品のようなトランシーバーとしての使い勝手よりも遊び的要素の強い作品がもっとふさわしい周波数と電波型式は、やはり50MHz AM(6mAM)であると考えました。DSB(抑圧搬送波両側波帯)はAMよりも製作が楽でしたが、それでは面白みはないと判断しました。
・単に缶型の6mAMトランシーバーを製作するだけでは、作品として主張が十分でないと判断し、Es伝搬で交信できる実用性を確保することを考えました。
・これまでと同様にデザインはできる限り丁寧に仕上げる、回路設計は必要な性能の確保と製作後のメンテナンスをしやすくすることなどにこだわりました。

【空き缶の選定】
 本作品の空き缶の選定にあたっては以下の点を考慮しました。
・片手で楽に持てる大きさであること
・片手で普通にもって缶がつぶれない程度の強度がある
 こと(基本的にスチール缶)
 食料品店、雑貨店、ホームセンター、無印良品、100円ショップ等、
いろいろと巡って調査した結果、ハインツ日本(株)が販売しているホワイトソースのスチール缶(290g)を採用しました。
 缶の厚さそのものは、さほど厚くない(0.5mm程度?)ではあるのですが、スチール製と言うこともあり、過剰な力を
加えない限り変形するということはありませんでした。
 このハインツの缶はほぼ完全な寸胴であり、スペースを有効に活用できることも採用のポイントとなりました。同じ
ような大きさのカゴメのナポリタンソーズの缶などは上部の直径が小さくなっていることもあって採用しませんでした。

【回路設計・製作】
・6mAMにおいて、Es伝搬等で他エリアと交信を行うためには、周波数可変トランシーブ操作と出力は0.1W以上が必要であると判断。その条件を満たしながら、空き缶の狭いスペースに収めるための回路構成を検討した結果、回路はハムフェア2007自作品コンテストに出品したPocket6AMをベースにすることとした。
・本作品では、Pocket6AMから受信部は受信周波数以外の強信号の抑圧の軽減するための455kHzフィルターの変更、スピーカを鳴らすための低周波電力増幅回路を追加、送信部は出力を100mWに増やすための電力増幅回路追加している。
・電池交換のしやすさなどの使い勝手や後日のメンテナンスを考え、内部にアクセスしやすい構造を採用したのは、これまでの作品と同様である。
・回路の基板は缶に収められる大きさとして5.6cm×8.0cmとなった。チップ部品なども活用することで、どうにかパターンを設計することができた。
・送受切換はパネル表面にトグルスイッチを配置するのが楽ではあったが、缶を手に持ってPTTボタンを押す配置にこだわった。PTTスイッチは2回路2接点のプッシュスイッチを使用したが、このスイッチの取り付け方法を工夫することで対応した。スイッチは、見た目の良さとPTTを押しやすくするためにスイッチキャップにボタンを取り付けている。
・周波数可変トランシーブ操作を実現する方法は、Pocket6AMですでに実現している送受周波数を455kHz差で同期する手法を採用した。Pocket6AMに比べて可変幅を20kHzほど拡張したが問題はなかった。
・電池は当初は缶の下部に収めることを考えていたが、それでは搭載できる基板が小さくなることがわかったため、いろいろと考えた結果、基板の裏側に電池と共にマイクとスピーカーを配置するのがスペースをもっとも有効に使えることがわかった。
・本作品では、空き缶にトランシーバーを収めることを重視したこともあり、回路は新鮮みは少ないが実績のある回路で構成したものの、特に受信音量が不足するなど回路を安定して動作させるまでにかなり難儀した。特にTA7368Pの使い方を間違っているのに気がつくのに時間がかかってしまったのは予想外であった。
・パネルは1mm厚のアルミ板の上に0.5mmプラバンを黒に塗装したものを重ねている。アルミ板、プラバン共に、手作業で円形に切りぬいている。

【デザイン】
・AM系の無線機は水色系で塗装しているので、当初は缶を水色、パネルを黒に塗装することを考えていたが、缶が水色では見栄えに欠けると判断したこともあり、Pocket6AMの時と同じく、缶を赤、パネルを黒で塗装することとした。モデルとなったコカコーラ缶ラジオのイメージに合わせることと、サッカーJリーグチームの北海道コンサドーレ札幌のチームカラーの赤黒に合わせる意図もあった。
・パネルは0.5mmの透明プラスチック板を黒に塗装した後に、インクジェットプリンタ用のシール用紙に印刷した文字を貼り付けている。この方法は色とフォントを自由に使える点が利点である。
・PTTスイッチキャップは黒、パネルを開ける手回しネジは赤に塗装し、それそれ色が互い違いなるようにしている。手回しネジは当初は黒にするつもりであったが、LENOVO社のThinPadシリーズのトラックポイントのイメージに合わせて赤に変更した。
・今回は、デザインの独自性を前面に出す形となったが、QRL第277回放送において、その点に関して言及していただき、感謝している。

【使用感】
・受信感度はJR8DAG-2006AMやMicro6AM2002に比べると正直物足りないのですが、Es交信においても不自由するほどの感度の低さではないと思います。それよりも問題なのは、強信号による抑圧に弱いことです。Pocket6AMよりは良いのですが、JR8DAG-2006AMMicro6AM2002より明らかに劣り、Es伝搬を利用した交信は数局程度は可能ですが、10局以上と交信しようとすると途中で抑圧を受けてしまい、安定して交信することが出来ない状況です。
・送信の音質は、JR8DAG-2006AMより少し落ちるものの、Es交信においても特に問題にならないレベルでした。
・自作品コンテスト出品時までに、1,2,4,5,8,9エリアの40局(重複を含む)と交信できました。ありがとうございました。

(参考:本作品での交信局、重複なしで19局)
・JE1LCK,JK1GKG,JA2OPP,JE4URN,JA5GYU,JH5BKZ,
 JA8CXX,JA8OUZ,JA8TDL,JA8TSG,JA8XTG,JE8CRA,
 JE8DBM,JH8BMS,JH8HQA,JI8DXK,JK8SZF,JR8PWJ,
 JR9RKU

【その他】
・今回の作品においては、エコとかリサイクルということに関しては一切書類には書きませんでした。本作品を製作した意図は、あくまでも楽しむためのものと言うことでしたので・・・。ただ、審査側がそのように考えるのは別に構わないことであるとも思っています。

【感想など】
・今回は、入賞をめざして作品を出品し、想定したとおりに入賞できたという点で、管理人としては納得できる結果であったし、いろいろと楽しめて良かったと思っています。

(関連記事リンク)
ハムフェア2017自作品コンテスト入賞作品がJARL WEBで発表される: JR8DAGのメモ書きブログ
ハムフェア2017自作品コンテスト結果: JR8DAGのメモ書きブログ
空き缶を利用した6m QRP AM トランシーバー(CanTra6AM2017)のページを公開(2017.07.21): JR8DAGのメモ書きブログ
ハムフェア2017自作品コンテストの募集要項発表される: JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ ← クリックお願いします
にほんブログ村 のランキングに参加しています

6m QRP AMトランシーバー(CanTra6AM2017)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

J1-24 札幌 1-0 仙台 試合終了

J1-24 札幌 1-0 仙台 @札幌厚別
 今日の試合は勝利が至上命題であったので、試合内容はおいといても勝ったことが良かった。
 試合内容は札幌の想定内と思われるが、追加点を取って試合を決めてしまうプレーの質は身に付けて欲しいところではあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1-24 札幌 0-0 仙台 前半終了

 風上の前半、何度か得点機はあったが無得点で前半終了。風上の前半で得点できなかったことが後半にどう影響するか気になるところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

空き缶を利用した6m QRP AM トランシーバー(CanTra6AM2017)のページを更新(2017.08.25)

 JR8DAGのホームページ並びにブログをご覧いただきありがとう
ございます。

 本日、ハムフェア2017自作品コンテストに出品した
空き缶を利用した6m QRP AM トランシーバー(CanTra6AM2017)
ページを更新しましたのでお知らせします。

 空き缶を利用した6m QRP AM トランシーバー(CanTra6AM2017)

 内部の様子の写真を1枚追加しました。

 よろしくお願いします。

 JR8DAG/菅野 正人

6m QRP AM トランシーバー(CanTra6AM2017)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

6mEsの入感状況(2017.08.23)

 2017.08.23(水) 札幌市西区~札幌市北区での6mEs入感状況

・19:05~、2エリア,JA2IGY/b
・19:15~、2エリア,JA2IGY/b,JA6YBR/b,JA9YDB/b
・19:25~、3エリア,JA2IGY/b,JA6YBR/b,JA9YDB/b
・19:50~、JA6YBR/b

 19:05~19:10、札幌市西区にて入感していたJA2OPP局をAM(200mWout)で呼びましたが、交信には至りませんでした。

 この日、6mAMでの運用を確認した局は以下のとおりです。

【6mAM運用局】
・JA2OPP,JR8DAG他

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

6mEsの入感状況(2017.08.19)

 2017.08.19(土) 札幌市北区での6mEs入感状況

・08:45~、JA6YBR/b

 10:00~10:25、札幌市北区にてAM(200mWout)で運用を行いましたが、交信はできませんでした。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

6mEsの入感状況(2017.08.17)

 2017.08.17(木) 札幌市での6mEs入感状況

・18:10~、JA6YBR/b
・18:25~、4エリア,JA2IGY/b,JA6YBR/b
・18:50~、3,9エリア,JA6YBR/b
・19:15~、6エリア,JA6YBR/b
・19:35~、6エリア,JA6YBR/b

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DSP FM ラジオ(DSP FM Radio2017)のページを更新(2017.08.17)

 JR8DAGのAM&QRPホームページをご覧いただきありがとう
ございます。

 本日、DSP FM ラジオ(DSP FM Radio2017)のページを更新しましたので、お知らせします。

DSP FM ラジオ(DSP FM Radio2017)(その他の自作品・キット のページにあります)

 直流的なショートを防止するため、DSPラジオモジュールの18番ピンとアンテナ端子の間に0.01μFのコンデンサを追加しました。

 よろしくお願いします。

 JR8DAG/菅野 正人

DSP FM ラジオ(DSP FM Radio2017)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

空き缶を利用した6m QRP AM トランシーバー(CanTra6AM2017)のページを更新(2017.08.15)

 JR8DAGのホームページ並びにブログをご覧いただきありがとう
ございます。

 本日、ハムフェア2017自作品コンテストに出品した
空き缶を利用した6m QRP AM トランシーバー(CanTra6AM2017)
ページを更新しましたのでお知らせします。

 空き缶を利用した6m QRP AM トランシーバー(CanTra6AM2017)

 回路設計の考え方のページを作成しました。

 よろしくお願いします。

 JR8DAG/菅野 正人

空き缶を利用した6m QRP AM トランシーバー(CanTra6AM2017)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

6mEsの入感状況(2017.08.13)

 2017.08.13(日) 札幌市北区での6mEs入感状況

・08:20~、5エリア,JA2IGY/b
・09:20~、3,5,96エリア,JA2IGY/b
・09:35~、1,5エリア,JA2IGY/b,JA6YBR/b
・09:45~、1,5エリア,JG1ZGW/b,JA2IGY/b

・18:00~、1エリア,JG1ZGW/b
・18:10~、1,7エリア,JG1ZGW/b,JA2IGY/b
・18:35~、1,2エリア,JG1ZGW/b,JA2IGY/b
・19:05~、2エリア,JA2IGY/b,JA6YBR/b
・19:30~、JA2IGY/b,JA6YBR/b

 09:35~10:50、18:05~19:20、札幌市北区にてAM(200mWout)で運用を行い、8エリアの1局と交信できました。

 この日、6mAMでの運用を確認した局は以下のとおりです。

【6mAM運用局】
・JA8CXX,JJ1SWI/1,JA2OPP,JQ1FIB,JH8BMS,JR8DAG他

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1-22 札幌 1-1 甲府 試合終了

J1-22 札幌 1-1 甲府 @札幌ドーム
 早い時間帯で得点したためか、その後が守備重視に見えたまでは仕方がなかったとは思うが、その中で失点し引き分けに終わったことは悔やまれるところである。
 この試合に勝利すればJ1残留の道筋が見えると考えていたが、先行きがもっとも不透明な引き分けは、今後のチーム力次第ということで、何とも微妙な結果だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1-22 札幌 1-0 甲府 前半終了

 10分に相手の隙を付く形で裏をとり先制点をとった後は慎重になりすぎたのか、守勢に回り危ない場面もあったが無得点で前半を終了した。後半に追加点を取れるかどうかが勝敗の鍵になるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏目友人帳 陸(全11話)

 友人帳を巡る物語の大きな転換点となるか?

 アニメ 夏目友人帳 公式サイト

・妖に関することは非日常であるが、物語自体は夏目貴志の日常を基に流れていくので、ストーリの進行自体は穏やかである。
・それでも、友人帳に関して、懸念されていたことが起こっており、これがあとから見ると大きな転換点であったといわれることになるのかどうかは気になるところである。
・それでも、大きな変化が起こるとしても、あと、2シリーズあとくらいになるのかなという気がする。
・友人帳の存在が祓い屋に知られているない理由は第4シリーズからの視聴である管理人には不明であるが(妖が話しをしない理由を理解している程度)、このあたりも今後明らかにされていくのかは気になるところである。
・夏目 貴志の妖力が強いために、人間と妖の区別がつかないのは意外であった。
・安定のニャンコ先生。
・原作もまだまだ続いているようであり、最後の落としどころも見えてこないが、実は最後の落としどころはないのかもしれない。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エロマンガ先生(全12話)

 登場人物が年齢に比べて大人びている

 TVアニメ「エロマンガ先生」公式サイト

・北海道の地上波での放送がなかったこともありニコニコ動画で視聴
・エロマンガ先生Gが出ていないので、原作は3巻までの模様。
・主人公達の主要な登場人物の大半は高校生ないし中学生で
 あるのだが、その年齢に比して、すごく大人びていると
 原作でも感じているところであるが、アニメでも同様で
 あったと思う。
・原作から感じるイメージとは大きくかけ離れていた部分は
 なかったが(山田エルフ最高!)、ボクっ娘の高砂 智恵
 思ったより女の子っぽい容姿や振る舞いだったのは予想外
 だった。
・それにしても山田エルフをはじめとして、いろいろと濃い
 登場人物が多いが、その中でも千寿 ムラマサの濃さは
 飛び抜けていたように感じた。
・現在絶賛引っこもり中の和泉 紗霧は意外に活発なところは
 あるのだが、そのあたりをどう表現するかでは苦心している
 感じがあったように思う。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲

 あれではさすがに地球が保たない(と思う)

 公式サイト

 この映画鑑賞の目的は、劇場版 仮面ライダーエグゼイドトゥルー・エンディングの方であったのだが、こちらの方はあまり印象に残っていなくて、本来の目的でなかった同時上映の宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲のあまりの物理法則の無視っぷりというか、番組で構築されている(と思われる)約束事を考えても、あのような地球の救い方はあまりも凄すぎてエントリーを変えた次第である。でも、ここまで吹っ切れていたら、ある意味すがすがしくて良かったようにも思ったのであった。

 劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディングについては、特に語ることもないのだが、主人公側があまり強く見えなかったところはおいといても、そこからの逆転劇に関しては、理屈の構成が今ひとつのようにも思えた。ただ、全体的な物語やアクションは悪くはなかったと思う。物語の方はあまり理解はできなかったけど。

 JR8DAG/菅野 正人

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

Anime_jr8dag

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

6mEsの入感状況(2017.08.12)

 2017.08.12(土) 札幌市北区での6mEs入感状況

・08:20~、2~6エリア,JA2IGY/b,JA6YBR/b
・09:00~、1~6,9エリア,JG1ZGW/b,JA2IGY/b,JA6YBR/b
        AM(200mWout)で1,2,4,6,9エリアの7局と交信
・11:25~、3~6エリア,JA2IGY/b,JA6YBR/b
        AM(200mWout)で5エリアの2局と交信
・12:05~、4~6エリア,JD1(小笠原),JA2IGY/b,JA6YBR/b
・12:15~、3,4,6エリア,JA6YBR/b
・15:10~、4,6エリア,JA6YBR/b
・17:40~、3~6,9エリア,JA2IGY/b,JA6YBR/b
・19:00~、6エリア,JA6YBR/b

 08:25~11:50、17:45~18:20、札幌市北区にてAM(200mWout)で運用を行い、1,2,4~6,8,9エリアの11局と交信できました。

 本日のEsによる6mAM交信は以下のとおりです。

【6mAMでのEs】
08/12(土) : 09:09 - 11:36 : 1,2,4~6,9エリアの9局と交信 : 200mWout

 交信データは「2017年の6mAMに関するコンディション」の
ページにまとめました。

 この日、6mAMでの運用を確認した局は以下のとおりです。

【6mAM運用局】
・JA8XTG,JA2OPP,JO1DGE/QRP(0.5W),JM1NCT(3W:RJX-601),JR9RKU,
 JA8CXX,JF2QKA,JF2AIA/4,JH6VXP,JH5DAH,JI5OZF,JR8DAG他

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

6mEsの入感状況(2017.08.11)

 2017.08.11(金・祝) 札幌市北区での6mEs入感状況

・14:40~、JA6YBR/b

・18:20~、JA6YBR/b
・18:50~、3,5,6エリア,JA2IGY/b,JA6YBR/b
・19:15~、5,6エリア,JA2IGY/b,JA6YBR/b

 18:55~19:35、20:40~21:00、札幌市北区にてAM(200mWout)で運用を行いましたが、交信はできませんでした。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

ハムフェア2017自作品コンテスト入賞作品がJARL WEBで発表される

 ブログ管理人のJR8DAG/菅野 正人です。

 8/1(火)、ハムフェア2017自作品コンテスト入賞作品JARL WEB
発表されました。

 ハムフェア2017自作品コンテスト入賞作品

 コンテストに入賞されたみなさん、おめでとうございます。

 以下は、管理人が、上記の入賞作品のホームページの記述から、
作品のポイントを読み取る訓練を目的にメモ的に記載しているものです。

【全般的なこと】
・昨年掲載された寸評がなくなっています。JARLの自作品コンテストの
 担当者に確認したところ、表彰式での審査委員長のコメントを掲載する
 予定とのことだそうです。
・ということで、現時点で寸評がないことに関しての管理人の評価は
 保留です。
・3年ほど前から掲載されていた第1次審査通過作品(いわゆる選外作品)の
 応募者と写真についても今年は掲載されていませんが、こちらの理由は
 確認していません。
・応募数はホームページによると規定部門が12作品、自由部門が22作品の
 ようですが、これが全て第2次審査を受けた作品と一致しているのか
 どうかは今のところ不明です。
・入賞作品は規定部門で4分の1、自由部門では4分の1以下で、昨年までの
 約3分の1よりも少なくなっています。出品者のレベルは不明ですが、
 入賞の基準が厳しくなったような印象に感じます。
・また、今回の8作品のうち、初めての入賞は規定部門優秀賞第1席の
 JA3HKR吉田さんだけなのかなと思います。入賞者とそれ以外の人との
 差が大きくなっているような気がしないでもないのですが、気のせい
 でしょうか。

【主催者のJARL様へ】
・現時点では保留していますが、寸評という形でも構わないので、
 入賞理由をJARLの言葉でホームページに公開していただきたいと
 思います。こちらの質問に対して、審査委員長のコメントを掲載
 するとの回答をいただきましたので、実行していただけるものと
 思います。
・第1次審査通過作品を紹介していただきたいと思いますが、次年度
 以降にバージョンアップして再出品を考えている方からすると、
 作品を紹介してくれない方が都合が良いのかなという気もしますので、
 この辺の判断は難しいかなとも思います。
・今回は、大きさがわからない作品が多いような気がします。大きさを
 記載するか、そうでなければ、大きさの比較ができるものと一緒に
 写真撮影をして欲しいです。
・いつものことですが、審査する側のJARLの体制がいろいろと大変
 なのは、仕方がないことのようですから、こちらでそれなりの
 情報収集をしますので、こちらなりに解釈してブログ等で掲載
 させてくださいと、ということで引き続きお願いしたいと思います。

【規定部門】「アンテナ調整用機器(アナライザ含む)」
 もう少し応募数があっても良いかなと思いましたが、アンテナの
調整用機器に関しては市販のもので十分に満足している方が多いと
考えて良いのでしょうか。}

○最優秀賞(総務大臣表彰予定)
「HF帯アンテナ・アナライザ」(JH4JBJ 原田 英明さん)
・HF帯(1~30MHz)のアンテナの調整に実用的に使える点が
 最大のポイントに思われます。バッテリー動作が可能という
 ことで、場所を選ばずに使用できるあたりもポイントかと思います。
・発振モジュール、周波数カウンターモジュールがマイコンで
 制御するものなのかどうかが気になります。

○優秀賞第1席
「携帯用小型アンテナアナライザーもどき」(JA3HKR吉田 清和さん)
・最優秀賞の作品と同じように、HF帯の幅広い周波数で、別途無線機を
 用意することなく、アンテナの特性を測ること可能なこと、表示を
 LEDとアナログ表示を併用して使い勝手を良くしている点も評価対象に
 なっているように感じます。
・「測定範囲の周波数で信号源の発振強度がほほ一定で使いやすい」は
 使用したモジュールの特徴か、あるいは、何か工夫した点があったかが
 気になるところです。

○優秀賞第2席
「自動同調整合追従器」(JR1OAO 中島 一さん)
・2014年に最優秀賞を受賞されたMLA(マグネチック・ループアンテナ)
 は微調整が必要なようで、その調整を行いやすくすることが発端の
 ようですが、システム全体で使いやすく、かつ性能の高いものを
 構築するという戦略的取り組みが評価されているものと思います。
・MLAの弱点と思われる部分かと思いますが、方向や位置の変更、
 風や雨の環境変化でも追従できるあたりは、他のアンテナや
 移動運用でも応用可能な感じがします。
・その他の実際に使うことを考慮に入れた装備が入賞のポイントかと
 思いますが、このあたりの技術の使い方のうまさはJR1OAO局ならではと
 感じます。
・JR1OAO局は最優秀賞を3回受賞されているので、あれっ?と思ったの
 ですが、今年の募集要項を確認したところ、最優秀賞3回受賞した方を
 評価対象から外すという項目がなくなったようです。

【自由部門】
 技術賞のトランスバーター以外の入賞作品がトランシーバーで
あったのは予想外でした。応募数22に比べて入賞数が5だった
のは、入賞基準は変わっていないが基準に達しない作品が
多かったのか、あるいは基準そのものが上がったのか気に
なるところです。
 ただ、今回の作品を見る限り、アイディア、デザイン、
製作技術、実用性などのいくつの評価基準のうち2つ以上の
特徴を見せられないと入賞は難しいのかなという感じが
しました。

【自由部門】
○最優秀賞(総務大臣表彰予定)
「ダイレクトコンバージョン受信方式7MHz CW QRPpトランシーバー」(JA8CXX 高野 順一さん)
・高野さんから作品の資料をいただきました。長文ですが、その資料への
 返信内容を一部修正して掲載した方が、受賞理由を表しているように
 思いますので、以下に示します。
・黒を基調とした外観のデザインを見るだけで、JA8CXX局の作品である
 ことがわかります、黒を基調としていていることもあって派手ではない
 のですが、文字も含めて作品全体がシャープに見えるのと長期間経過
 しても飽きがこないあたりが大きなポイントと感じます。
・7MHz ダイレクトコンバージョン受信機を実用レベルに持ってくるために
 必要と考えられる改善点を思いついたことと、それを実際に実装して
 改善を図ることができた技術力の高さは大きく評価するところです。
・7MHz CW運用の経験値が高いためなのか、昨年の6mAM機に比べて
 作品の完成度が高い印象に感じます。運用経験というのは重要なの
 だなとあらためて感じさせられます。
・今回の作品は、必要な技術を必要な量ではなく、あらゆる場面を
 想定して、過剰とも思えるけど惜しみなく投入する、このあたりは
 前述の運用経験の積み上げがないとできないことであると思いますし、
 審査員もその点を評価しているものと思います。
・あと、今回の作品の個別技術は、ものすごく難しいものではない
 ように思いますが、その代わりに他の人が追従しやすいものになって
 いるように感じます。個別技術はそれほどではなくとも組み合わせる
 ことによって新しいものが作ることができることを示した点も評価の
 対象になったかと思います。特に7MHz DC受信機は使い物になら
 ないという定説(?)を覆す作品の価値は非常に高いかと思います。

○優秀賞第1席
「HF 5バンドSSBトランシーバー」(JR6FO 下地 英得さん)
・HF 5バンドはおそらく3.5MHz、7MHz、14MHz、21MHz、28MHzかと
 思いますが、SSBトランシーバーとして実用的に使用できる点と、
 角を斜めにしたデザインの良さなどが評価されていると思います。
・トランシーバーを製作するにあたっての技術が記載されていますが、
 その技術が使い勝手の向上につながっているものと考えます。
・「7MHz域外の強力信号に有効なフィルタ搭載 」の記述を見ると
 7MHz帯の受信環境は非常に厳しいことが想像できます。

○優秀賞第2席
空き缶を利用した6m QRP AMトランシーバー(CanTra6AM2017)」(JR8DAG 菅野 正人
・円を基本とした独特の形状に加えて、6m QRP AM運用を楽しめる
 実用性を評価していただいたものと思います。
・デザインだけだと主張が弱いと判断し、6m QRP AM運用を行える
 実用性や作りの良さを主張しましたが、実用性を主張するための
 交信実績に関しては、製作技術以外の継続的な取り組みが役に
 立ったかなと感じています。

○優秀賞第3席
「多機能マルチバンド・トランシーバー」(7L4WVU 原口 忠さん
・以下に関連記事があります。
 ハムフェア2017 自作コンテスト 入賞通知が届きました - 7L4WVU 自作アマチュア無線局 - Yahoo!ブログ
・1.9~50MHzのSSB/AM/CW/デジタルモードで運用ができる多機能のトラン
 シーバーを製作した技術が評価されていることは間違いないと思います。
・記述内容を確認する限り、もっと上の賞になっても良いような気が
 しますが、特に優秀賞第2席とどう違ったのかは、実際に作品を
 見て確認することになりそうです。

○技術賞
「日本初DATV送信も可能な249GHz逓倍式トランスバーター」(JA3CVF 森本 清さん)
・日本初の部分が「249GHz逓倍式トランスバーター」なのか「DATV送信も
 可能な~」で少し印象が変わるのですが、249GHz帯を送受信可能な設備を
 製作した技術力の高さを評価されているものと思います。
googleで「249GHz帯」で検索する限り、得られる情報も少ないよう
 ですから、249GHz帯で運用するだけでもそれなりの情報収集能力や
 技術なりが必要なようです。

(関連記事リンク)
ハムフェア2017自作品コンテスト結果: JR8DAGのメモ書きブログ
空き缶を利用した6m QRP AM トランシーバー(CanTra6AM2017)のページを公開(2017.07.21): JR8DAGのメモ書きブログ
ハムフェア2017自作品コンテストの募集要項発表される: JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ ← クリックお願いします
にほんブログ村 のランキングに参加しています

Cantra6am2017_2001


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

6mEsの入感状況(2017.08.06)

 2017.08.06(日) 札幌市北区での6mEs入感状況

・20:25~、JA2IGY/b,JA6YBR/b

 07:00~11:45、美唄市にてAM(200mWout)で運用を行い、8エリアの1局と交信できました。

 この日、6mAMでの運用を確認した局は以下のとおりです。

【6mAM運用局】
・JH8ZSR/8,JR8DAG他

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

6mEsの入感状況(2017.08.05)

 2017.08.05(土) 美唄市での6mEs入感状況

・12:20~、JA6YBR/b

・16:05~、3~6エリア,JA2IGY/b,JA6YBR/b
・16:50~、2~6エリア,JA2IGY/b,JA6YBR/b,JA9YDB/b
        AM(200mWout)で6エリアの1局と交信
・17:05~、2~6エリア,JD1(小笠原),JA2IGY/b,JA6YBR/b
・17:30~、6エリア,JA6YBR/b
・18:00~、4,6エリア,JA6YBR/b
・19:40~、6エリア,JA6YBR/b

 16:30~17:25、18:30~22:40、美唄市にてAM(200mWout)で運用を行い、6,8エリアの7局と交信できました。

 本日のEsによる6mAM交信は以下のとおりです。

【6mAMでのEs】
08/05(土) : 16:53 : 6エリアの1局と交信 : 200mWout

 交信データは「2017年の6mAMに関するコンディション」の
ページにまとめました。

 この日、6mAMでの運用を確認した局は以下のとおりです。

【6mAM運用局】
・JA6UYE/6(1W),JA8CXX,JA8XTG,JH8HQA,JE8DBM,JA8TDL,
 JE8CRA,JR2UCY/2,JM2CAN/2,JR8DAG他

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空き缶を利用した6m QRP AM トランシーバー(CanTra6AM2017)のページを更新(2017.08.05)

 JR8DAGのホームページ並びにブログをご覧いただきありがとう
ございます。

 本日、ハムフェア2017自作品コンテストに出品した
空き缶を利用した6m QRP AM トランシーバー(CanTra6AM2017)
ページを更新しましたのでお知らせします。

 空き缶を利用した6m QRP AM トランシーバー(CanTra6AM2017)

 ホームページの記述を修正、更新しました。

 よろしくお願いします。

 JR8DAG/菅野 正人

6m QRP AM トランシーバー(CanTra6AM2017)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

2017年8月の1エリアAMRCのキー局予定

 2017年8月の1エリアAMRCのキー局予定は以下のとおりです。

 毎週日曜日 21:30~22:30 50.550MHz付近 で実施

8月 6日 JK1ONN   東京都武蔵野市
8月13日 JP1EVD   横浜市港北区
8月20日 JH7OZQ/1 千葉県移動
8月27日 JO1NLP/1 千葉県印西市移動

(天候等の理由により変更の場合あり)

 情報源は1エリアAMRCメーリングリスト

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月の2エリアAMRCのキー局予定

 2017年8月の2エリアAMRCのキー局予定は以下のとおりです。

 毎週土曜日 21:00~22:30 50.600MHz付近で実施

8月 5日 JF2QKA/2 小牧市
8月12日 JP2KUB/2 豊田市
8月19日 JF2QKA/2 土岐市
8月26日 JH2INQ/2 豊田市

(天候等の理由により変更の場合あり)

 情報源は2エリアAMRCのホームページ

JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »