« 機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦 | トップページ | 空き缶を利用した6m QRP AM トランシーバー(CanTra6AM2017)のページを更新(2017.10.29) »

2017年10月29日 (日)

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第3章 純愛編

 教えてやろう、人間がどれほどしぶとくて、あきらめが悪い生き物であるかを・・・。

 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 公式サイト

札幌シネマフロンティア、公開初日(10/14)の第1回目に鑑賞。
 鑑賞者は200~300名だったと思う。
・いくつか旧作の名台詞はあるものの、物語自体は2でもさらば
 でもない方向に進んでいる模様。
・いくつか他作品の要素を取り入れているが、ガトランティスの
 件もはじめとして、現時点では消化できず、このあたりの評価は
 最後まで見ないとできないというところ。
・例えば、主敵のガトランティスについては、何となくマクロス的な
 要素が入っている感じだが、それが真実だとすると、敵としての
 スケール感も落ちてしまう感じがした。そのあたり、第4章以降で
 どのような扱いをされるのか気になるところである。
・本作品の焦点の1つである波動砲については、使うための理由付けの
 構築が重要ではあるが、威力があまりにも飛び抜けているためか、
 それを使うだけの理由の構築も飛び抜けていたように思う。
・第9話についてはサブタイトルにもなっている純愛編の
 中心となるストーリであるかと思われたが、少し突飛な感じが
 したのが正直なところである。
・第2章では見せ場が少なかった土方司令が今回は大活躍。第9話の
 あの台詞は印象に残った。ただ、まだ、ヤマトの艦長にはなって
 いない模様。
・気になる登場人物は当然ながらキーマンと桂木透子であるが、
 意外と斉藤始がダークホースなのかも。

(関連記事リンク)
宇宙戦艦ヤマト2202関連記事リンク
宇宙戦艦ヤマト2199関連記事リンク

 JR8DAG/菅野 正人

|

« 機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦 | トップページ | 空き缶を利用した6m QRP AM トランシーバー(CanTra6AM2017)のページを更新(2017.10.29) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第3章 純愛編:

« 機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦 | トップページ | 空き缶を利用した6m QRP AM トランシーバー(CanTra6AM2017)のページを更新(2017.10.29) »