« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月31日 (水)

6mAM運用結果(2018.10.01~2018.10.31)

 2018.10.01~2018.10.31における6mAM運用結果は以下のとおりでした。

・10/6(土)21:00~10/7(日) 20:50
 札幌市北区(常置場所 AJA 010102,GL QN03QD)
 自作100mWout(CanTra6AM2017)+20mH 5エレ八木
 8エリアの8局と交信

・10/13(土) 20:30~20:55
 札幌市北区(常置場所 AJA 010102,GL QN03QD)
 自作200mWout(JR8DAG-2006AM)+20mH 5エレ八木
 8エリアの1局と交信

・10/14(日) 09:35~09:55
 札幌市北区(常置場所 AJA 010102,GL QN03QD)
 自作100mWout(CanTra6AM2017)+20mH 5エレ八木
 交信できず

・10/20(土) 20:35~20:55
 札幌市北区(常置場所 AJA 010102,GL QN03QD)
 自作100mWout(CanTra6AM2017)+20mH 5エレ八木
 交信できず

・10/21(日) 09:35~09:55
 札幌市北区(常置場所 AJA 010102,GL QN03QD)
 自作100mWout(CanTra6AM2017)+20mH 5エレ八木
 8エリアの1局と交信

・10/21(日) 18:00~18:05
 札幌市北区(常置場所 AJA 010102,GL QN03QD)
 自作200mWout(JR8DAG-2006AM)+20mH 5エレ八木
 交信できず

・10/27(土) 20:35~20:55
 札幌市北区(常置場所 AJA 010102,GL QN03QD)
 自作100mWout(CanTra6AM2017)+20mH 5エレ八木
 交信できず

・10/28(日) 09:35~09:55
 札幌市北区(常置場所 AJA 010102,GL QN03QD)
 自作100mWout(CanTra6AM2017)+20mH 5エレ八木
 交信できず

・10/28(日) 11:05~11:45
 札幌市北区(常置場所 AJA 010102,GL QN03QD)
 自作200mWout(JR8DAG-2006AM)+20mH 5エレ八木
 1エリアの2局と交信

 ワッチならびにQSOしていただいたみなさんありがとう
ございました。

 JR8DAG/菅野 正人

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月28日 (日)

6mEsの入感状況(2018.10.28)

 2018.10.28(日) 札幌市北区での6mEs入感状況

・11:05~、1,2エリア
・11:25~、1エリア,JA2IGY/b
        AM(200mWout)で1エリアの2局と交信
・11:40~、1エリア,JA2IGY/b
・13:25~、JA6YBR/b

 09:35~09:55、札幌市北区にてAM(100mWout)で運用を行いましたが、交信できませんでした。
 11:05~11:45、札幌市北区にて6mAMで運用を行い、AM(200mWout)で1エリアの2局と交信できました。

 本日のEsによる6mAM交信は以下のとおりです。

【6mAMでのEs】
10/28(日) : 11:27 - 11:39 : 1エリアの2局と交信 : 200mWout

 交信データは「2018年の6mAMに関するコンディション」のページにまとめました。

 この日、6mAMでの運用を確認した局は以下のとおりです。

【6mAM運用局】
・JM1NCT,JP1COL,JR8DAG他

 JR8DAG/菅野 正人

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水)

アイテック電子研究所 6m QRP AM トランシーバー(TRX-501)のページを更新(2018.10.24)

 JR8DAGのAM & QRPホームページをご覧いただきありがとう
ございます。

 本日、アイテック電子研究所 6m QRP AM トランシーバー(TRX-501)
ページを更新しましたので、お知らせします。

アイテック電子研究所 6m QRP AM トランシーバー(TRX-501)

 本作品の系統図を追加しました。その他、使用感などの記述を追加、外観の様子の写真を差し換えました。

 よろしくお願いします。

アイテック電子研究所 6m QRP AM トランシーバー(TRX-501)

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日)

6mEsの入感状況(2018.10.21)

 2018.10.21(日) 札幌市北区での6mEs入感状況

・17:30~、1エリア,JA2IGY/b,JA6YBR/b
・17:45~、1,2エリア,JA2IGY/b,JA6YBR/b
・18:00~、JA2IGY/b,JA6YBR/b
・18:05~、JA2IGY/b

 09:35~09:55、札幌市北区にてAM(100mWout)で運用を行い、8エリアの1局と交信できました。

 17:30~18:05、札幌市北区にてAM(200mWout)で運用を行いましたが、交信はできませんでした。

 この日、6mAMでの運用を確認した局は以下のとおりです。

【6mAM運用局】
・JH8BKP,JA2OPP,JR8DAG他

 JR8DAG/菅野 正人

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月18日 (木)

DSP FM ラジオ(DSP FM Radio2017)のページを更新(2018.10.18)

 JR8DAGのAM&QRPホームページをごらんいただきありがとうございます。

 本日、DSP FM ラジオ(DSP FM Radio2017)のページを更新しましたので、お知らせします。

DSP FM ラジオ(DSP FM Radio2017)(その他の自作品・キット のページにあります)

 外観の写真を更新しました。説明に重量を記載しました。その他、ページ全般の記述を修正しました。

 よろしくお願いします。

 JR8DAG/菅野 正人

DSP FM ラジオ(DSP FM Radio2017)

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日)

現在までのQRP記録を更新しました(2018.10.14)

 JR8DAGのAM & QRPホームページをご覧いただきありがとうございます。

 本日、現在までのQRP記録のページを更新しましたのでお知らせします。

現在までのQRP記録

 JCG/JCG、自作機による交信数を更新しました。

 よろしくお願いします。

 JR8DAG/菅野 正人

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

【お知らせ】ニコニコモンズに素材を登録しています(2018.10.13現在)

 JR8DAGのAM & QRPホームページをごらんいただきありがとうございます。

 2018年2月より、動画作成などに使用する音楽素材などを作成し、ニコニコモンズに登録していますので、お知らせします。

ニコニコモンズに登録した音声素材等(JR8DAG)

 なお、素材を使用した動画を作成した際はコンテンツツリーへの登録をよろしくお願いします。

ニコニコモンズに登録した音声素材
登録日 ID 題名
2018.10.11 nc183431 緑豊かな公園
2018.10.10 nc183395 力強い前進
2018.10.08 nc183295 まったりとした日常
2018.09.25 nc182780 穏やかな夕暮れ
2018.09.22 nc182632 荘厳な空間
2018.09.22 nc182630 踊る走る
2018.09.05 nc181671 ぎらぎらした空
2018.09.05 nc181670 歴史を探る旅
2018.08.10 nc180504 着実な前進
2018.08.10 nc180503 サスペンス ~ 停滞 ~
2018.08.01 nc180156 Morning Bluesky
2018.07.26 nc179839 カオスな背景音楽
2018.07.26 nc179838 静かな夜明け
2018.06.24 nc178683 湖畔の朝
2018.06.24 nc178682 とある背景音楽
2018.06.11 nc178189 仮想空間
2018.06.05 nc177836 running
2018.06.05 nc177835 古都探訪
2018.06.05 nc177834 cooking
2018.06.05 nc177833 Tropical wind
2018.06.05 nc177832 穏やかな風
2018.05.30 nc177487 緊迫 ~ 平行線 ~
2018.05.29 nc177448 喫茶店201805
2018.05.22 nc177172 疾走
2018.05.14 nc176871 Tropical ocean
2018.02.17 nc173575 自作品紹介

JR8DAGの登録画像素材
四つ葉(クローバー(2)
四つ葉(クローバー(1)
カラーボード(青緑~青のグラデーション)
カラーボード(青緑系の単色)

 JR8DAG/菅野 正人

【参考:JR8DAG作成の素材を利用していただいている作品のリスト

Jr8dag01
 ニコニ・コモンズ(JR8DAG)のロゴ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

劇場版 夏目友人帳 ~ うつせみに結ぶ ~

 ニャンコ先生の立ち位置は不動

 劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~ 公式サイト

 札幌シネマフロンティア、公開初日(9/29)第1回目、舞台挨拶中継回を鑑賞しました。約550名のシアター5に200~300名いたように思います。20~30代と思われる子供連れの女性が多かったように感じました。

・事件が起こるまでのさまざまな伏線の張り方と。最後に向かっての
 伏線の回収の仕方が見事だった。
・物語はこの劇場版のオリジナルらしいが、時系列としては
 TVシリーズ第陸期のあとのように思われる。
・ただ、今回の劇場版は、基本的に独立した完結した話であり、
 以降の時系列につながるような伏線は張っていなかったように思う。
・夏目友人帳という作品の根底に流れている背景などはかなり
 重いのだが、TVシリーズ同様に、最終的にさわやかになるように
 各個の物語がいい感じでまとめられていて、見終わった後の
 すっきり感が素晴らしいだが、今回の劇場版も同様であったかと
 思う。
・今回の事件が起こった要因や伏線が複数あるのだが、その1つに
 ニャンコ先生の食いっぷり(+飲みっぷり)があるのだが、
 劇場版ではとにかくこのニャンコ先制のニャンコ先生の食いっぷり
 がすごく目立っていたように思う。
・この物語には、人と妖の関係の他に、妖が見える人(妖力の高い人)と
 妖の見えない人との関係性があって、特に後者に関しては、相互の
 考えていることが見えないことによるすれ違いのようなものが
 物語の軸となっていた。
・あと、夏目貴志は通常の人には見えない妖が見えるわけだが、妖が
 視覚的に人間の形を取っていると、人と区別することができないが、
 そのことも物語の大きなポイントとなっている。
・後の舞台挨拶中継でも述べられていたが、一部の人にしか見え
 ない妖は必ずしも人間にとっての敵ではなく、人間との親和を
 図ろうとするものもいることが、この作品の奥行きを深くして
 いることにつながっていると思う。
・夏目友人帳のシリーズで重い展開になるであろうと予想される
 祓い屋については、今回は最後の場面で活躍する名取周一が
 出てくる程度で、今回は物語の流れから考えると、祓い屋の
 出番は少なかったように思う。

 JR8DAG/菅野 正人

20180929natsume01
来場者特典のA4イラストメッセージカード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

40m QRP AM ハンディトランシーバー(Micro40AM2014)のページを更新(2018.10.08)

 JR8DAGのAM & QRPホームページをご覧いただきありがとうございます。

 本日、40m QRP AM ハンディトランシーバー(Micro40AM2014)のページを更新しましたのでお知らせします。

40m QRP AM ハンディトランシーバー(Micro40AM2014)

 概要動画を作成し、ニコニコ動画にアップロードしました。また、使用感の記述を更新しました。

 よろしくお願いします。

 JR8DAG/菅野 正人



にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

6mEsの入感状況(2018.10.07)

 2018.10.07(日) 札幌市北区での6mEs入感状況

・09:30~、JA6YBR/b

 JR8DAG/菅野 正人

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

2018年10月の1エリアAMRCのキー局予定

 2018年10月の1エリアAMRCのキー局予定は以下のとおりです。

 毎週日曜日 21:30~22:30 50.550MHz付近 で実施

10月 7日 JH7OZQ/1 千葉県近郊移動
10月14日 JO1NLP/1 千葉県印西市移動
10月21日 8J1ECL 東京都武蔵野市
10月28日 JK1ONN 東京都武蔵野市

(天候等の理由により変更の場合あり)

 情報源は1エリアAMRCメーリングリスト

 JR8DAG/菅野 正人

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月の2エリアAMRCのキー局予定

 2018年10月の2エリアAMRCのキー局予定は以下のとおりです。

 毎週土曜日 21:00~22:30 50.600MHz付近で実施

10月 6日 JH2INQ 岡崎市本宮山
10月13日 JG2QUM 小牧市白山峠 or 日進市御嶽神社
10月20日 JP2KUB、JH2INQ 豊田市焙烙山
10月27日 JP2KUB 場所未定

(天候等の理由により変更の場合あり)

 情報源は2エリアAMRCのホームページ

JR8DAG/菅野 正人

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

新RS-501の製作記事について(電子工作マガジン2018夏号他)

 ブログ管理人のJR8DAG/M.Kannoです。

 約40年前、JH1FCZ 大久保さんが発表された6mAM送信機「RS-501」の復刻版の製作記事が以下のとおり電子工作マガジンとアマチュア無線開局・運用マニュアルに掲載されていました。両記事はほぼ同じ内容でありましたが、記事を読ませていただいたところ、いくつか気になる点が見受けられましたので、ブログの記事にすることとしました。

(掲載記事)
・6mAM送信機「新RS-501」の製作,電子工作マガジン2018年夏号(p.66-74),岡崎慎太郎
・6mAM送信機「新RS-501」の製作,アマチュア無線開局・運用マニュアル(p.110-118),岡崎慎太郎

(評価の考え方)
 電波新聞社が発売するこの雑誌はどちらも、記事に掲載された作品を真似て製作してくださいという考え方で編集しているものと管理人は判断しています。従って、記事に対する評価は厳しいものとなります。

(記事に対する総論)
作品そのものの完成度が低い、記事にいくつか間違いが
 見受けられることから
、この記事の新RS-501をそのまま
 製作することは薦められない。
・この記事の執筆者および編集者は、JH1FCZ局が製作した
 オリジナルのRS-501の製作の考え方、制作時の時代背景
 などをほとんど調べていないような気がします。
・あと、オリジナルRS-501の記事を書かれたJH1FCZ 大久保
 さんは存命のはずですが、話を聞きに行くとか、記事の監修を
 お願いされたのでしょうか。
・あと、執筆者の能力が低かったとしても、編集者が修正する
 ことも可能であったはず
ですが、そういう編集者はおられ
 なかったのでしょうか。

(記事の内容についての疑問など)
 ページや写真番号は電子工作マガジンの記事です。
・50.600MHzの水晶を使っているのに、116ページでは50.620MHzで
 発振していると書いています。第7図は50.602MHzとなっています
 が、どれが正しいのでしょうか?
・回路図(図3)と実体配線図(図4)が合っていません。おそらく、
 実体配線図どおりに作ると発振回路が動作しないと思います。
 この実体配線図はアマチュア無線開局・運用マニュアルに
 おいても修正されていません。全体の配線の様子は写真33と
 写真44がありますが、小さすぎて確認できません。

・AMZコイルはFCZコイルと同一のような書き方ですが、
 コイルの巻き方とかが全く違うコイルですので、
 AMZコイル(旧FCZコイル)と言う記述は間違いだと思います。
・3次オーバートーン発振回路と基本波を発振して3てい倍する
 回路は全くの別物です。RS-501の発振回路は3倍オーバートン
 発振回路であって、基本波を発振する回路ではないです。
 (参考1)3次オーバートーン回路を使用したスプリアス特性(JR8DAG-6AM)
 (参考2)基本波を発振して3てい倍した回路を使用したスプリアス特性(Pocket6AM)
・送信機のスプリアス特性を確保するために、BPFを製作した
 ようですが、第11図によると挿入損失が6dBほどあるそうです。
 それが事実だとすると、300mWの送信機の出力は75mWとなり、
 225mWが何らかの形で消えることになるのですが、本当に
 このBPFを入れたのでしょうか?トロイダルコア活用百科では、
 この手のスプリアスを抑えるフィルターとして、π型LPFを
 提案していますが、なぜそのπ型LPFを採用しなかったのか、
 その記述がないことは問題だろうと思います。
・写真33と写真44を見ると、BPFなしで作品をいったん完成させた
 のち、高周波回路関係のラグ板を移動させて後付けでBPFを
 入れているようです。なぜ、最初からBPFを入れた状態と
 しなかったのか、回路図もBPFを含めたものとしなかった
 のでしょうか?
・あと、BPFの周波数特性は掲載されていますが、最終的にBPFを
 取り付けた完成状態でのスプリアス特性が全く掲載されていないのは
 なぜでしょうか?掲載していなければ、作品が完成していないと
 疑われます。
・金属ケースで覆われたAMZコイルに変更したにもかかわらず、
 シールド板を取り付けているようです(第20図)。オリジナルの
 RS-501はなぜシールド板が必要であったか理解できていないと
 思われても仕方ないと思われますが、いかがでしょうか?
・LM380Nの入力にあるのST-12は現在のコンデンサマイク(ECM)
 ならおそらく不要です。当時は低感度のダイナミックマイクしか
 なかったので、インピーダンスを合わせる意味合いはあったかと
 思いますが、現在よく使われているコンデンサマイクなら
 直接入力しても十分な変調がかかると思います。なお、第2表に
 ST-12の参考価格が書いていますが、720円もするのですから
 削減できるものなら削減した方が良いかと思います。
・というか、LM380Nよりもピン数の少ないLM386Nを使った方が
 良いように思います。
・パスコンがオリジナルと同じ0.02μF。間違ってはいないけど
 今なら0.01μFの方が良いのでは?

 こうやって記事を見ていくと、執筆者や編集者はオリジナルの
RS-501を全く理解していない
(
下手をすると全く理解しようとして
いない)ように見えます。
 あと、電子工作マガジンという雑誌の性格から読者が求めている
のは、作品を真似て作ることができる完成度の高さ
であろうと考え
ます。この記事を見ていると読者にとっては邪魔者になりえる試行
錯誤段階の記事が掲載されているのに加えて、完成状態の写真や
測定結果が掲載されておらず、このような記事を掲載している
電子工作マガジンの編集者の能力は大丈夫なの?
と思ったのが
正直な感想でした。
 今後は、記事に掲載する作品はきちんと完成させて実際に使える
状態になったものとする、そして作品の測定結果は適切に示すことは
最低限実施し、可能ならば完成した作品は使ってみてどうだったか
についても記述していただきたいと思います。

 JR8DAG/M.Kanno

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

はたらく細胞(全13話)

 我々の体内をめぐるさまざまな攻防

 TVアニメ『はたらく細胞』公式サイト

・物語の舞台、擬人化したもの、この2つだけとっても
 かなり特異な作品という感じがする。
・それぞれの細胞は各々の役割しか果たせないので、
 擬人化されても赤血球はガスの運搬しかできないし、
 白血球は細菌やウィルスなどと戦うことしかできない。
 このあたりはいろいろなことができる人間と違うところ
 だが、そのあたりはうまく表現できていたように思う。
・各々の役割しか果たせないことに関しては、特に第13話で
 描かれていたが、赤血球が酸素を運搬できなければ、
 他の細胞はまともな働きができない状態になることが
 明確に描かれていたように思う。
・平常時はもちろんだが、けがや病気などが合ったときに
 どんなことが身体の中で起こっているのかを表現した
 作品であるが、生命の危険は少ないものの、体内では
 かなり大騒動となっていた第5話「スギ花粉アレルギー」が
 印象に残った。
・第2話の「すり傷」も人の視点で見るとさほどではない
 ような感じであるが、体内ではかなりの騒動であったのも
 印象に残った。
・がん細胞は、発症すれば深刻ではあるが、第7話では
 通常状態における攻防であったので、思ったほどの深刻な
 描写ではなかったが、人間ドラマ的な描き方はなかなか
 良かったように思う。
・第11話から第13話で描かれた熱中症と出血性ショックは
 体内が頑張っただけではどうしようもなく、輸血などの
 外的な治療が必要で、その点では最終話に近い方に
 放映されたのはなるほどと思った。
・ドジっ子の赤血球と、その赤血球と良く出会う白血球
 そして、血小板ちゃんはかわいい。
・見た目の麗しさからは想像できない圧倒的な戦闘力の
 マクロファージ、そして意外なる変身を遂げる単球
 印象に残った。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマノススメ サードシーズン(全13話)

 ほのぼの登山アニメ

 アニメ「ヤマノススメ サードシーズン」公式サイト

・ファーストシーズンとセカンドシーズンは見ていない状態で視聴。
・どうやら、元気いっぱいのひなたがインドア派のあおいを引っ張って
 山登りをしていくというのが大まかな流れのようである。
・上記の2人にかえでここなが加わって4人で行動するが基本のようで
 ある。ここなは見た目が最もかわいらしいが体力は一番優れている
 模様。
・このアニメはあおいが山登りをどのように楽しんでいくかが1つの
 ポイントのようである。
あおいとしては、セカンドシーズンでの富士山登山を中途で断念せざるを
 得なかったのが最も心に残っている出来事のようであり、その
 富士山への登頂を果たせるかどうかが、今後の物語の大きな山場になり
 そうである。
・第8話から第12話にかけて、あおいひなたの間には幼なじみらしい
 すれ違いがあったが、総じて、女子高生が登山を楽しむという物語の
 軸ははっきりしており、ある意味ほのぼのさを楽しめるアニメで
 あるように感じた。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »