« FCZ研究所 6m AMポケットトランシーバー(コンサドーレ号)のページを更新(2018.11.07) | トップページ | J1-32 札幌 1-2 浦和 前半終了 »

2018年11月 9日 (金)

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第7章 回生編

 恥をかくのも間違えるのも全部人間の特権

 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 公式サイト

札幌シネマフロンティア、公開初日(11/2)夕方の3回目に鑑賞。
 スクリーンは約540席のシアター5。平日だったためか50~100名
 だったと思う。
・第5章の時点でマクロスシリーズ的な要素が入っていたと思うが、
 第6章ではプリキュアシリーズの要素まで入ってしまった感じが
 した。
・いろいろと伏線が張りまくられているように感じたが、
 第7章ですべて回収できるのかどうか気になることである。
・地球側の置かれた状況から考えるに仕方ないことではあるが、
 なまじ時間断層があるせいか、ガトランティスに対する対応が
 硬直化しているように思われる。
・銀河を始めとしてAIが多用されているが、この時代のAIだと
 もう少し複雑な判断ができるのではと感じた。なんとなく
 AU-09アナライザーの方が人間的な感じがするのは気のせい
 だろうか?
・第20話でヤマトはこの戦いに終止符を打つことが可能な1つの
 情報を手にすることとなるが、これに加えて、第22話で
 古代進は第9話での経験から、他の登場人物がほとんど考え
 なかった解決策を提案する。ガトランティスの精神性は地球人や
 ガミラス人とは異なることが示されているが、話が通じる相手
 なのかどうかが、最終的な落としどころを決めることなると
 思われる。
・また、古代進の考えを承認した土方艦長も相手を力で
 ねじ伏せること以外の重要性を認識しているようである。
・第21話は演出優先の面が強すぎる感じではあったが、
 土方艦長の言葉も含めて素晴らしいと感じた場面で
 あったし、宇宙戦艦ヤマト2202という物語の最後にどのように
 終わるか、その方向性を示した言葉でもあったように思う。
・とんでもないことになった森雪。2199の時点で記憶を失っている
 ことや、イスカンダルのユリーシャとそっくりな点などの謎が
 そのまま残されていたが、アケーリアス文明と何かかかわりが
 あるのだろうか?
・桂木透子。シファルサーベラーのコピー体である以上、現在の
 白銀の巫女との関係も含めて、ズオーダーとの最終局面において
 何らかの役割を果たすように思われる。
・第10話の最後の方で気にはなっていたが、最大の謎である斉藤始。
 第6話あたりは演出かと思っていたが、これも伏線だったのかなと
 思う。まさか、あの方のクローン体とかなのだろうか。
・最後にとんでもないことになったアベルト・デスラー。第22話
 時点では何かを模索しているような感じであったが、大いなる和の
 一員としてどのような役割を果たすのだろうか。
・ガイレーンが意外と気になる。

 ※1)2018.11.11 21:30 「いろいろ張りめぐらした伏線は回収できるのだろうか・・・・」 から変更しました。

(関連記事リンク)
宇宙戦艦ヤマト2202関連記事リンク
宇宙戦艦ヤマト2199関連記事リンク

 JR8DAG/菅野 正人

|

« FCZ研究所 6m AMポケットトランシーバー(コンサドーレ号)のページを更新(2018.11.07) | トップページ | J1-32 札幌 1-2 浦和 前半終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107854/67361206

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第7章 回生編:

« FCZ研究所 6m AMポケットトランシーバー(コンサドーレ号)のページを更新(2018.11.07) | トップページ | J1-32 札幌 1-2 浦和 前半終了 »