« J1-34 札幌 2-2 広島 試合終了 | トップページ | FCZ研究所 6m AMポケットトランシーバー(コンサドーレ号)のページを更新(2018.12.04) »

2018年12月 2日 (日)

Esシーズン以外の6m QRP AM運用方法について(2018.12.02現在)

 JR8DAG/M.Kannoです。

 日頃より、6mAMで交信していただきありがとうございます。

 2018年12月現在、Es発生シーズン以外(9月~翌年3月)の6mAM運用については、以下のとおり行っています。こちらの整理もかねて掲載します。

【運用情報】
運用場所:札幌市北区(AJA 010102,GL:QN03QD)が基本
運用日時:土日を中心に2週間に1回程度で以下が基本パターン
       土曜日:20:40~20:55(北海道6m SSB RC開始前)
       日曜日:09:35~09:55
       運用予定はブログTwitterに掲載します。
運用周波数:50.620MHzを基本としますが、混雑等により
        周波数を変更することもあります。
運用設備:自作QRP AM機(Micro6AM2002JR8DAG-2006AMCanTra6AM2017 etc.)
        20mH5エレ八木(2018.04.29より)
アンテナ方向の基本パターン:
 以下のとおり北方向から時計回りに8方位に方向を変えています。3~4回のCQを出して応答がない場合、方向を変えます。

・南南西(札幌市中央区,南区方面)
・北(石狩市厚田区,浜益区方面)
・北東(旭川市,滝川市方面)
・東(岩見沢市,夕張市方面)
・南東(江別市,北広島市,恵庭市,千歳市,
    札幌市清田区,厚別区方面)
・南(札幌市中央区,東区,白石区,豊平区,南区方面)
・南西(札幌市西区方面)
・西(札幌市手稲区,小樽市方面)
・北西(石狩市方面)
・上記終了後:その時の状況による(南南東 → 南南西が多い)

※ 聞こえたところで呼んでいただければ,信号が強くなる方向にアンテナを向けます。

その他:
 運用する場合はできる限り6mリアルタイム情報 , AMリアルタイム情報に書き込みます。
 運用時は51.000MHz(FM呼出周波数)、50.200MHz,SSBでアナウンスすることもあります。
 6mAM愛好会主催の6mAMマラソンコンテストにも参加しています。交信日数がマルチとなっていますので、呼んでもらえればありがたいです。
 CWについては打ってもらってもコールサインすらすぐに聞き取れる技量もない状態ですので、CWでの対応はほとんど無理と思います。

 以上、よろしくお願いします。

 JR8DAG/菅野 正人

(関連記事リンク)
Esシーズン以外の6m QRP AM運用方法について(2011.09.03現在): JR8DAGのメモ書きブログ

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

|

« J1-34 札幌 2-2 広島 試合終了 | トップページ | FCZ研究所 6m AMポケットトランシーバー(コンサドーレ号)のページを更新(2018.12.04) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107854/67441492

この記事へのトラックバック一覧です: Esシーズン以外の6m QRP AM運用方法について(2018.12.02現在):

« J1-34 札幌 2-2 広島 試合終了 | トップページ | FCZ研究所 6m AMポケットトランシーバー(コンサドーレ号)のページを更新(2018.12.04) »