« 機動戦士ガンダムNT(ナラティブ) | トップページ | 6mEsの入感状況(2019.01.06) »

2019年1月 6日 (日)

ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow

 新しき第一歩を踏み出す

ラブライブ!サンシャイン 公式サイト

 公開初日(1/4)、ユナイテッドシネマ札幌のレイトショーで観賞
しました。約320名の4番スクリーンに30~40名いたと思います。

ミューズ編の劇場版で顕著に感じているラブライブシリーズの印象は、
 ある物事を伝えるために、かなり無理筋な話を構成しているという
 感じだったのだが、本作品ではそのような無理筋はかなり影を潜めて
 全く気にならない程度になり、物語や歌を楽しめた。
・一番良かったのは、浦の星女学院の廃校が覆らなかったこと、3年生は
 卒業していなくなることであった。その現実を受け入れた上で、残された
 6人がどうしていくかが、本作品の大きなポイントであったように思う。
・Aqoursはおそらくμ'sとは違う方向性を選択したと思うが、そのあたりが
 μ's編とは違う形の物語構成となったことと、話も自然な形に持って行ける
 要因になっているように感じた。
・このAqoursに加えて、もう1つ同じような状況に置かれているグループが
 どうするかも物語の大きな要素になっている。
・その辺の大きな軸をもとに、海外旅行をうまく絡めていたのは、
 なかなか良かったように思う。

(関連記事リンク)
ラブライブ!サンシャイン!! (全13話終了): JR8DAGのメモ書きブログ
ラブライブ!The School Idol Movie: JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

|

« 機動戦士ガンダムNT(ナラティブ) | トップページ | 6mEsの入感状況(2019.01.06) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow:

« 機動戦士ガンダムNT(ナラティブ) | トップページ | 6mEsの入感状況(2019.01.06) »