« 6mEsの入感状況(2019.08.12) | トップページ | 6mEsの入感状況(2019.08.17) »

2019年8月13日 (火)

映画『天気の子』

 森嶋帆高が選択したものとは?

 映画『天気の子』公式サイト

 8/8、札幌シネマフロンティアのレイトショーで観賞しま
した。約170名のスクリーン6に100名以上いたと思います。
20~30代の若年層やカップルが多かったように感じました。

・この作品は天気を題材にして、森嶋帆高天野陽菜の関係性を
 描くことが主眼であったと解釈している。
・上記の2人の関係性を軸として、作品として何を見せたい
 かと言うことがはっきり決めているためか、物語の大きな
 柱となっている天気を中心とした虚構的な要素と警察の
 介入と言った現実的な要素の使い分けがうまかったように
 感じた。
・その他、森嶋帆高が東京に来た経緯とか、東京に長雨が降る
 原因とか、天野陽菜が空を晴れにできる原理とか、物語にあまり
 関係なさそうな要素に関しても、ほとんど説明がなかった点も
 良かったように思う。
・この物語での東京では長時間(数ヶ月以上)の雨が降って
 いるという設定であるが、物語を見ていくと、どうやら
 この長雨があの時点での通常状態で、我々の正解でのいわゆる
 正常な天気(晴れが多い状態)にするためには、何らかの力が
 必要という解釈らしい。
・その力を行使するものと選ばれた(?)のが天野陽菜
 いうことらしいのだが、この辺に何らかの見えざる意思の
 ようなものがあるかと思ったが、そういうものは感じ取れ
 なかった(本人が願っただけの模様)。
天野陽菜が(いわゆる)晴れ女としての能力を使うたびに、
 何かがすり減っていくように見えて正直ハラハラした。
 依頼の受け方で使用回数は調整できるが、(劇中でも指摘
 されているとおり)この手の能力を行使することそのものに
 代償はつきものではあるので・・・・。
・終盤、森嶋帆高に対して二律背反的な選択があり、彼は
 (ほぼ迷いなく)一方の選択をするわけであるが、その後に
 起きた出来事は管理人の予想とは違っていてオヤッとも思った
 し、そうきたかという感じであった。
・二律背反的な選択をしても、何らかの奇跡が起きて最終的に丸く
 収まる作品が多いような気がするが、この作品ではそういった
 奇跡はどうやら起こらないようであった。

(関連ツイート)
https://twitter.com/jr8dag/status/1159485042197852160?s=20

(天気の子で起きている現象は現実に起こる可能性はあるのか?)
・関東地方の長時間降雨に関しては、夏の梅雨前線(停滞前線)が
 滞在するか、あるいは、日本海側の冬の降雪のように、湿った
 南~南東風が継続的に吹きまくって近くの山で上昇気流が
 生じて雨が降るというパターンが思いつくところである。ただし、
 実際に起こる現象かというと前者はどんなに頑張っても1~2週間、
 後者はかなり難しいように思う。
・雨が降り続けると東京が水没するかと言う点に関しては、
 雨が降り続いても水は低いところに流れるので、標高0mに
 近い一部の地域の水没程度にとどまるように思う。それよりも
 雨が降り続いていたら、工事などの公共事業もろもろが
 まともにできない状態になると思うので、電気、ガス、
 水道などの社会的設備が維持できなくなるように思うし、
 あれだけ雨が降り続いていたら、人々の気分も滅入って
 しまうように思うので、都市機構そのものが維持できない
 ように思う。
・実際にあれだけの長雨が続いたら、日本の経済が崩壊する
 ように思う。おそらく地震より影響は大きいだろうと思う。
 そんなことを考えると、天気の子の世界での日本人は
 よほど我慢強い人たちのようである。

 JR8DAG/菅野 正人

|

« 6mEsの入感状況(2019.08.12) | トップページ | 6mEsの入感状況(2019.08.17) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6mEsの入感状況(2019.08.12) | トップページ | 6mEsの入感状況(2019.08.17) »