« アイテック電子研究所 6m QRP SSB トランシーバー(TRX-602) のページを更新(2020.01.11) | トップページ | 6m QRP AM ハンディトランシーバー(Micro6AM2002)のページを更新(2020.01.17) »

2020年1月13日 (月)

大相撲1月場所初日(2020.01.12)

 日本相撲協会は新たな看板力士を得たらしい

・国技館には14:30頃到着。すでに十両の取組が始まっていた
・観戦した十両の取組は引き技系が多く、叩き込みの決まり手が
 3連続で続くなど、このまま押し出しがないまま終わるのではと
 思ったが、そんなことはなく終了した。とはいえ、全般的に
 引き技系の決まり手が多く、かけられてしまう力士の原因が
 あるのではと感じてしまった。
・この日、十両以上では唯一の投げ技の下手投げで勝利を収めた炎鵬、
 幕内土俵入りで1番の声援を聞いてどのような相撲を取るのか
 気になっていたが、どうやら看板力士が登場したようである。
 体格の不利をどうカバーするかとか、体力が続くのかというが
 あるが、将来的には3役にはいけそうである。
・高安、豪栄道、鶴竜は厳しそう。
・高景勝は強さは見せたように思うけど、15日間続くかどうかが
 ポイントになりそう。
・白鵬は力は衰えたと思うけど、勝つための引き出しを持っていると、
 それを使いこなすことができるあたりは流石だと思った。問題は
 これが15日間続くかどうかだと思う。

 JR8DAG/菅野 正人

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ ← クリックお願いします
にほんブログ村 のランキングに参加しています

P_20200112_160624_vhdr_auto_2_1_2

|

« アイテック電子研究所 6m QRP SSB トランシーバー(TRX-602) のページを更新(2020.01.11) | トップページ | 6m QRP AM ハンディトランシーバー(Micro6AM2002)のページを更新(2020.01.17) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アイテック電子研究所 6m QRP SSB トランシーバー(TRX-602) のページを更新(2020.01.11) | トップページ | 6m QRP AM ハンディトランシーバー(Micro6AM2002)のページを更新(2020.01.17) »