« 6m QRP AM トランシーバー(AM-6s2005R)のページを更新(2021.10.20) | トップページ | J1-33 札幌 0-0 福岡 @札幌ドーム »

2021年10月21日 (木)

宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-

 それぞれの人間模様と、それとは関係なく事を進める謎の勢力

 宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 公式サイト

 札幌シネマフロンティアにて公開初日(10/8)の第2回目、劇場版マクロスΔ 絶対LIVE!!!!!! のあとに見ました。約170名のスクリーン9に50~60名だったと思いますが、マクロスΔに比べて年齢層は高かったように思います。

・物語は、ほぼ旧作の新たなる旅立ちをなぞっていて、ボラー連邦や新乗組員などにヤマトⅢの要素が入っているという感じであったと思う。ただ、ヤマトⅢで登場していた揚羽武ははいない模様。
・冒頭のダイジェストのナレーションが芹沢虎鉄だったのは正直驚いたが、ヤマト2202の最終局面などを思い返すと、なるほどという感じはした。
・いろいろと話が入り組んでいて、藪をはじめとして、登場人物にいろいろな人間模様はあるけれども、そんな人間模様とは関係なく事を進める謎の勢力というのが、前章の大まかな話の流れなのかなと思った。
YouTubeで公開されている冒頭14分を見る限り、デスラーは相変わらず先手を取る戦いは強いのと、ボラー連邦の戦闘艦ははどうやらガミラスと同等(以下?)のようである。ただ、今回のような入り組んだ物語の中でボラー連邦がどの程度登場してくるのかは気になるところであるが。
・ガミラスは、デザリアムと称する謎の勢力に完全に先手を取られた事で大打撃を受け、その結果、対抗するための拠点をつぶされた上に、対応するための時間すらなく防戦一方の展開に・・・。このあたり、ハードウェアの違い以前に、デザリアムに用意周到な攻撃を受けてしまったので、デスラー側としても正直どうしようもないというところだったと思う。
・で、デザリアムが欲しいのはイスカンダルだけで、ガミラス星は邪魔(デーダーはノイズとっているようだが)なので排除します、という感じなのだけど、いろいろな人の人間模様などは全く無視、そしてイスカンダルだけをいただきますなんて事をあっさりとやってしまうあたりのなんとなく子供じみた行動に一番の不気味さを感じた。
・後章がどのような展開になるかはわからないが、前章で示された伏線というか関わりそうなことは、以下のようなものになるかと思う。
(1)デザリアムがイスカンダルを狙う理由はコスモリバースなのか?(ガミラスはどうでも良いらしいので)
(2)デーダーのいうデザリアム1000年の夢とは?(ガトランティスと関わっている?)
(3)デーダーのいうノイズとは?(単なる邪魔者という意味?)
(4)藪がヤマトに来たことの意味(異次元航行機関の活用?)
・今回は前章と後章の全2章、30分TVアニメだと全8話で終了のようであるが、今回ですべての話の決着はつかず、次のシリーズが用意されているように思える。
・ヤマト側の登場人物に関しても、土門ほか新乗組員を中心として、それぞれの人間模様があったが、前章ではお披露目のように見えたといったところで、具体的に何かを果たすのは後章なのかなという気がするので期待したいと思う。
・地球側の兵器は、波動防壁をはじめとして防御を重視する傾向にあるようである。最後に見せたアスカのバリヤ兵器はすごいけど、防御を軸とするとなかなか戦闘が進展しないテンポの遅い展開になりそうだが、このあたりは映像としてどのように見せていくのかも気になるところである。
・なんとなく、物語の雰囲気がますますマクロスシリーズやガンダムシリーズに似てきたような気がするけど、シリーズが進むとさらに似てくるのだろうか?

(関連記事リンク)
宇宙戦艦ヤマト関連記事リンク: JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

Anime_jr8dag

|

« 6m QRP AM トランシーバー(AM-6s2005R)のページを更新(2021.10.20) | トップページ | J1-33 札幌 0-0 福岡 @札幌ドーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6m QRP AM トランシーバー(AM-6s2005R)のページを更新(2021.10.20) | トップページ | J1-33 札幌 0-0 福岡 @札幌ドーム »