« 現在までのQRP記録を更新しました(2022.01.07) | トップページ | 【電撃文庫】俺の妹がこんなに可愛いわけがない(17) 加奈子if »

2022年1月10日 (月)

ワッチャプリマジ(第13話まで)

 大きな潜在能力を秘める陽比野まつりとよくわからないみゃむ

 ワッチャプリマジ!:テレビ東京アニメ公式サイト

・とりあえず1クールが終了して、大きな世界観は示されたかなと思う。
・当初のビジュアルで示されたときには、よくわからなかったが、主人公の陽比野まつりは、前作の主人公と比べて背も高く大人びた感じに描かれていること、本人の元々の能力が高そうなことと努力志向の強さと相まって、どこまで伸びるのだろうかという期待感を抱かせるような潜在能力の高さを感じる。
・一方のパートナーたるみゃむは、単なる魔法力自体はかなり高そうではあるが、みゃむがもつ固有のものがあるかといえば、それはどうやら今のところは描かれていないらしいことと、仮に持っていたとしても、それを引き出すだけの精神性もない子供のように見える感じでもあるようで、今後どうなるのか全く読めないところである。
・第1話で、陽比野まつりに何かを感じたらしいみゃむの勧誘によって、プリマジのデビューを果たし、潜在能力を垣間見せていたところに、第12話で大きな転機が訪れることとなったが、第13話でそれぞれの立ち位置を知ることができる良いきっかけになったように見えた。
御芽河あうる皇あまねなど、まだよくわからない登場人物もいるし、遠い目標となっているジェニファー、そして近いけど大きな壁であろう弥生ひなもおり、これらの壁にどう対応していくのが見所と思う。
・プリマジは、前シリーズと違って語尾が多い人物を多く登場させているようである。
・登場人物の個性の強さも目立つ感じで、心愛れもんもなかなかのものではあるが、表裏がはっきりとしている甘瓜みるきは、これまでのシリーズではあまり見られなかった登場人物と感じたが、周りに人たちと今後どのように折り合いを付けていくかは気になるところである。

 JR8DAG/菅野 正人

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

Anime_jr8dag

|

« 現在までのQRP記録を更新しました(2022.01.07) | トップページ | 【電撃文庫】俺の妹がこんなに可愛いわけがない(17) 加奈子if »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 現在までのQRP記録を更新しました(2022.01.07) | トップページ | 【電撃文庫】俺の妹がこんなに可愛いわけがない(17) 加奈子if »