2019年12月 5日 (木)

銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第3章

 覆水盆に返らず

 アニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These」公式サイト

 ミッドランドスクエア シネマ(名古屋市)にて公開初日の夜の回を鑑賞しました。約140名のスクリーン1に80名以上いたと思います。

・原作2巻、石黒版26話まで終了。
・なんとなくあっさり感はあるものの、銀河英雄伝説における最大級の
 悲劇に関しては、そこに至る流れなどをはじめとして丁寧な描写は
 していたように思う。アンネローゼがキルヒアイスを失ったライン
 ハルトに何を語るかが気になるところであるが、ああ、そう言うのかと
 思ったのであった。
・例の悲劇に関しては、事の重大性にあとから気づく、後悔先に立たず、
 覆水盆に返らずといろいろ表現できると思うが、原作を見ている
 せいもあると思うがフラグが十分に立っていたように思う。
・このあたり、原作8巻で別の最大級の悲劇が怒ることとになり、
 その時のユリアンは別種の後悔をすることとなるが、仮に上映された
 場合にどのように描写されるかは注目したいところでもある。
・キルヒアイスの物語からの退場は少し早すぎたのではと原作者が
 述べていたこともあったようにも思うが、今回以外には適切な
 場面がなさそうな気もしている。
・石黒版に比べて2話分少ないためか登場人物にスポットをあてた部分が
 少なく、第2章までで感情移入できそうなのは、ラインハルト、
 キルヒアイス、ヤンウェンリーとそれに大きく関わっている人物くらい
 ではないだろうか。現時点では、帝国の双璧のミッターイヤーと
 ロイエンタールでも影が薄いように思う。
・一方でオーベルシュタインは存在感は健在である。声優の効果も
 あると思うが、あまりにも印象深いキャラクター故なのかもしれない。
・アルテミスの首飾り、イゼルローン要塞には及ばないと思うが、結構
 強力な防衛装置として描写されていたと思う。しかし、原作どおりの
 方法であっさり破壊。これを見る限り、イゼルローン要塞が難攻不落
 なのは要塞そのものの力と言うより、戦略的に重要な位置に置かれている
 地理的要因の方が大きいことも示している描写にも感じた。
・原作第3巻以降の上映があるのかどうかはわからないが、第3巻での
 大きな会戦であるイゼルローン要塞とガイエスブルグ要塞との戦いが
 どう描かれるかは気になるところである。

(関連記事リンク)
銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第2章: JR8DAGのメモ書きブログ
銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第1章: JR8DAGのメモ書きブログ
銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅(全12話): JR8DAGのメモ書きブログ
銀河英雄伝説(正伝全10巻): JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0)

2019年10月26日 (土)

銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第2章

 仕掛けた戦いと仕掛けられてしまった戦い

 アニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These」公式サイト

 TOHOシネマズ上野にて公開初日(10/25)の18時台を観賞しました。約200名のスクリーン8に150名以上いたと思います。

・今回はヴェスターラントの出来事で終了。
・石黒監督版とは異なっている登場人物の雰囲気に感しては
 慣れてしまったという感じである。
・その中で、オーベルシュタインは何とも言えない陰の部分の
 迫力が増している感じがしている。一方で、シェーンコップは
 声は明らかに違うのだが、らしさは出ているように感じた。
・ラインハルト側が能動的に仕掛けた戦いに対して、同盟側は
 ヤンウェンリーを含めて仕掛けられてしまった戦いなので、
 帝国軍は戦うたびに勢いがつくのに対して、同盟側は戦いを
 続けるたびに消耗して勢いが落ちていく様子がこの時点で
 すでに見えている感じである。
・同盟の救国軍事会議の高圧的な態度をはじめとしたひどさは
 もちろんだが、帝国の門閥貴族のダメダメっぷりはうまく
 描かれていたように思う。第1章ではダメダメな部分が感じ
 られず威厳があるように見えた部分もあり、大丈夫なのかなと
 思っていたが、どうやら門閥貴族のひどさをより深く印象
 付けるための演出だったのかなと感じた。
・戦闘場面は相変わらずあっさりしている感じだが、第2章では
 なんとなく全体的な話のポイントは押さえていたようで、
 あっさり感はあまり気にならなかった。
・ヴェスターラントの件は、物語を大きく左右する出来事で
 あるが、攻撃されるのを知っていたのであれば、やはり
 阻止をする行動を起こすが筋であったと思われる。石黒
 監督版では、このあたりオーベルシュタインの独断が
 入っていたという描き方をしていたが、本作ではどう
 描かれるかが焦点の1つと考えている。
・第3章で原作2巻が終了するものと思われる。あの悲劇が
 どのように描かれるかは気になるところである。
・OPに出ていたあの艦はやはりトリグラフであった。

(関連記事リンク)
銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第1章: JR8DAGのメモ書きブログ
銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅(全12話): JR8DAGのメモ書きブログ
銀河英雄伝説(正伝全10巻): JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0)

2019年10月18日 (金)

新約とある魔術の禁書目録(第22巻リバース)

 上条当麻の心の中にあった壁を乗り越える話

 新約とある魔術の禁書目録(22)リバース:電撃文庫公式サイト

・コロンゾンに関しては決着したのだが、その際に生じた上条当麻の
 心のうちにあったらしいものとの決着をつける話と解釈した。
・新薬第22巻の最後の局面で別の側面の上条当麻が現れたよう
 なのだが、上里翔流の理想送りと似たような経緯で生じた
 ように感じた。
・神浄の討魔との対決については、起きてしまった現実を受け
 入れて先に進むという上条当麻の決意によって決着がついた
 ようであった。
・最後のインデックスにかけられていた自動書記を止める場面は
 旧約第1巻との対比で描かれている。旧約第1巻では、自動書記は
 止めたものの大きな代償(上条当麻の記憶喪失)を払うことと
 なったが、今回はそういった代償を払わずに解決するかが
 重要な点でもあった。
・今回の一軒で魔術サイドだけでなく科学サイドも再編が行われる
 こととなった。今回は(ほぼ)登場しなかった旧統括理事長の
 アレイスターがどのようにかかわってくるのかも気になる
 ところである。
・禁書目録シリーズの新約は今回で終了し、時間から新シリーズの
 ようである。物語がどの方向に進むのか、落としどころが
 見えるのかも気になるところである。

(関連記事リンク)
とある魔術の禁書目録関連記事リンク: JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0)

とある科学の一方通行(全12話)

 最強の能力を使いこなし始めた一方通行

 とある科学の一方通行 アニメ公式サイト

・禁書目録シリーズの中の科学サイドの世界を描いている
 物語ということで、話が整理されているのと、一方通行の
 能力が存分に発揮されている場面もあり、物語は楽しま
 せていただいた。
・時期はどうやら9月の残骸事件とエンディミオンの間くらいに
 なるらしい。
・一方通行は、禁書目録シリーズでも主人公扱いで出番が多い
 ことから、独自の物語を作るのは第3位の御坂美琴より難しい
 ような気がしている。
・8月31日の事件後に、能力の使用が制限される状態となった
 一方通行であるが、その分、元々持っていたであろう演算能力の
 高さを有効に使って頭を使った戦い方をすることが多くなり、
 ベクトル操作能力を単純に使うことから使いこなすという面が
 出てきたのが、このあたりからなのだと思う。
・禁書目録では9月30日に初めて見せた黒翼であるが、本作品が
 どうやら最初に出現したという解釈のようである。

(関連記事リンク)
とある魔術の禁書目録関連記事リンク: JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0)

からかい上手の高木さん②(全12話)

 どうみても付き合っているようにしか見えない2人

 TVアニメ「からかい上手の高木さん②」公式サイト

・第1クールは見ていなかったが、面白そうな作品であったので
 試聴。
・どうやらこの年頃にありそうな精神年齢の違いがこの作品を
 生み出す要因になっているように思う。
・つまるところ、西方君が素直に高木さんの想いに気が付き、
 自分に対して素直になることで、この学生編の物語が終わる
 のだろうと思う(その後の話もあるようだが)。
・特に心理戦はほぼ高木さんの勝利。西片君は高木さんの
 手のひらで踊らされている旦那様といった感じであった。
・物語は西方君の視点で語られるのことがほとんどなので、
 高木さんの心中は見ている範囲でしかわからないけど、
 からかってもそれなりについてくるところが、高木さんが
 西片君に好意を持つ要因なのだろうと思う。
・手をつなぐ話はもっと長期的な展開にするのかと思って
 いたが、この第2クールで解決。最終的な物語の作り方は
 よかったと思う。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0)

2019年9月29日 (日)

銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第1章

 リップシュタット戦役開戦前夜

 アニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These」公式サイト

 札幌シネマフロンティアにて公開2日目(9/28)の第1回目を観賞しました。約160名のスクリーン1に50名ほどいたと思います。

・物語に関してはほぼ原作通りに流れていること、絵は新しくなって迫力も増し戦闘シーンなども新しい描写も見せており、それなりに楽しめてはいるのだが、全体的にはなんとなくあっさりしているというか重厚感はないように思う。
・戦闘は戦術に関しては、新しい考察も加えている点は良かったが、時間そのものが短い感じで、1つの山場であっただろうアムリッツア星域会戦はなんかあっさり終わったように感じた(第8艦隊の印象に残ったあの場面もないし)。
・また、登場人物にスポットをあてた描写が少ない感じがするので、感情移入がしにくいのも、あっさりと感じる要因なのかなと思う。今のところ、ミッターマイヤー、ロイエンタールあたりは、重要性に比べて登場する機会が少ないように感じている。
・今回は自由惑星同盟の帝国領侵攻作戦の決着、内乱勃発に至る経過の話で終了。次章は内乱の大勢がある程度決まるところまでは進むらしい。
・キルヒアイスの背の高さ(ラインハルトより背が高い)、ユリアンの成長に伴う描き方の違いが印象に残った、特に、ユリアンが成長に伴ってどのように描かれるかは気になるところである。

(関連記事リンク)
銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅(全12話): JR8DAGのメモ書きブログ
銀河英雄伝説(正伝全10巻): JR8DAGのメモ書きブログ

JR8DAG/菅野 正人

20190928img01
 1週目入場者プレゼント

| | コメント (0)

アイカツフレンズ! かがやきのジュエル(全76話)

 ダイヤモンドフレンズとなったピュアパレットがどう振る舞うかの物語

 アニメ『アイカツフレンズ!』

・ピュアパレットは1年目でダイヤモンドフレンズという1つの頂点に達したが、新たライバルが登場して、別の頂点をめざすということではなく、ダイヤモンドフレンズとしてどのように行動したのかという物語だったと思う。いわゆる劇中に登場している「ピュアパレット物語」に新たな1ページが書き加えられていくという感じだったと思った。
・今回の物語の新たな人物としてアイビリーブの天翔ひびきアリシア・シャーロットが登場するが、この2人の抱える問題を解決するために、ピュアパレットが何をするのかが大きな物語の流れだったように思う。
・ピュアパレットはラブミーティアに比べると経験値に劣る部分が見受けられたが、友希あいねを核としたトモダチカラはピュアパレットが有する独特の力であり、その力が問題の解決に大きく貢献したようであった。
天翔ひびき、能力的には湊みおをグレードアップした感じであるが、アリシア・シャーロットへの説得方法などを見ていると、欠点の方もグレードアップしていたようである。
・アイカツフレンズは鐘が鳴りまくる作品であったが、マネージャー2人の結婚はあまり予想していなかったこともあって、最終話に本当の意味で鐘のなるようなエピソードを持ってきたのには正直驚いた。

(関連記事リンク)
アイカツ! シリーズ 関連記事リンク: JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0)

2019年8月13日 (火)

映画『天気の子』

 森嶋帆高が選択したものとは?

 映画『天気の子』公式サイト

 8/8、札幌シネマフロンティアのレイトショーで観賞しま
した。約170名のスクリーン6に100名以上いたと思います。
20~30代の若年層やカップルが多かったように感じました。

・この作品は天気を題材にして、森嶋帆高天野陽菜の関係性を
 描くことが主眼であったと解釈している。
・上記の2人の関係性を軸として、作品として何を見せたい
 かと言うことがはっきり決めているためか、物語の大きな
 柱となっている天気を中心とした虚構的な要素と警察の
 介入と言った現実的な要素の使い分けがうまかったように
 感じた。
・その他、森嶋帆高が東京に来た経緯とか、東京に長雨が降る
 原因とか、天野陽菜が空を晴れにできる原理とか、物語にあまり
 関係なさそうな要素に関しても、ほとんど説明がなかった点も
 良かったように思う。
・この物語での東京では長時間(数ヶ月以上)の雨が降って
 いるという設定であるが、物語を見ていくと、どうやら
 この長雨があの時点での通常状態で、我々の正解でのいわゆる
 正常な天気(晴れが多い状態)にするためには、何らかの力が
 必要という解釈らしい。
・その力を行使するものと選ばれた(?)のが天野陽菜
 いうことらしいのだが、この辺に何らかの見えざる意思の
 ようなものがあるかと思ったが、そういうものは感じ取れ
 なかった(本人が願っただけの模様)。
天野陽菜が(いわゆる)晴れ女としての能力を使うたびに、
 何かがすり減っていくように見えて正直ハラハラした。
 依頼の受け方で使用回数は調整できるが、(劇中でも指摘
 されているとおり)この手の能力を行使することそのものに
 代償はつきものではあるので・・・・。
・終盤、森嶋帆高に対して二律背反的な選択があり、彼は
 (ほぼ迷いなく)一方の選択をするわけであるが、その後に
 起きた出来事は管理人の予想とは違っていてオヤッとも思った
 し、そうきたかという感じであった。
・二律背反的な選択をしても、何らかの奇跡が起きて最終的に丸く
 収まる作品が多いような気がするが、この作品ではそういった
 奇跡はどうやら起こらないようであった。

(関連ツイート)
https://twitter.com/jr8dag/status/1159485042197852160?s=20

(天気の子で起きている現象は現実に起こる可能性はあるのか?)
・関東地方の長時間降雨に関しては、夏の梅雨前線(停滞前線)が
 滞在するか、あるいは、日本海側の冬の降雪のように、湿った
 南~南東風が継続的に吹きまくって近くの山で上昇気流が
 生じて雨が降るというパターンが思いつくところである。ただし、
 実際に起こる現象かというと前者はどんなに頑張っても1~2週間、
 後者はかなり難しいように思う。
・雨が降り続けると東京が水没するかと言う点に関しては、
 雨が降り続いても水は低いところに流れるので、標高0mに
 近い一部の地域の水没程度にとどまるように思う。それよりも
 雨が降り続いていたら、工事などの公共事業もろもろが
 まともにできない状態になると思うので、電気、ガス、
 水道などの社会的設備が維持できなくなるように思うし、
 あれだけ雨が降り続いていたら、人々の気分も滅入って
 しまうように思うので、都市機構そのものが維持できない
 ように思う。
・実際にあれだけの長雨が続いたら、日本の経済が崩壊する
 ように思う。おそらく地震より影響は大きいだろうと思う。
 そんなことを考えると、天気の子の世界での日本人は
 よほど我慢強い人たちのようである。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない

 梓川咲太への桜島麻衣の想いの強さを垣間見る

 「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」 公式サイト

 札幌シネマフロンティアにて公開初日(6/15)の第1回目を観賞しま
した。約190名のスクリーン7に150名以上いたと思います。
なお、第2回目と第3回目(ともにスクリーン7)は満席でした。

TVアニメ版で登場していた牧之原翔子に関する物語が決着。
 感動はしたけど、いろいろと(良い意味で)考えさせられる
 作品でもあったかなと思う。
牧之原翔子は何かを知っているのか、TVでの最終場面において
 梓川咲太の心を救うという大きな役割を果たすことになるが、
 別の視点で見ると恋人の桜島麻衣にとっては何もできなかった
 ということで、そのことが劇場版でのある出来事の大きな
 伏線となる。
・TV版において桜島麻衣梓川咲太に対して何もできなかった
 ことの悔しさを述べているが、この劇場版にて梓川咲太への
 想いの強さを体現するかのような大きな出来事が起きる。
・しかし、どちらの結末になっても、少なくともどちらかが
 不幸になるという展開で、そのあたりをどうにかしたいと
 考えて、大学生の牧之原翔子が登場すると言う流れのようで
 あった。
・ということで、物語全体として最も焦点が当てられているのは
 牧之原翔子ではあるが、結果的には桜島麻衣の物語だったの
 かなと感じた。
・この作品では劇中での時間軸がたびたび話題となるが、時間を
 さかのぼるのではなく、過去の時間に存在するい人が、関係
 する人を引き連れて未来の時間軸に連れて行くという思春期
 症候群ということなのかなと解釈した。
・未来の有り様を変えることができるといっても牧之原翔子
 心臓に関する病はどうしようもないだろうとの双葉理央
 問いかけに関しては1つの解決策が提示されるが、この
 あたりは、人を笑顔にするアイカツシリーズと似たような
 ものを感じたし、一見関係が見えないものも何らかの形で
 関わっていることを感じさせたエピソードであったかと思う。

(参考記事リンク)
TVアニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」(全13話): JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

 来場者特典の書き下ろし小説
20190615aobuta01

| | コメント (0)

ガールズ & パンツァー最終章(第2話まで)

 人もチームも少しづつ変わっていく

 ガールズ&パンツァー最終章 公式サイト

 札幌シネマフロンティアにて公開初日の第2回目を観賞しま
した。約455名のスクリーン8に300名以上いたと思います。
20~30代が多かったように感じました。

・砲弾の発射音や走行音など音響の迫力はなかなかすごいものがあり、
 とてもじゃないが女子高生アニメとは思えない感じである。
・この作品は使用する戦車の性能が高い方が有利ではあるものの、
 使用する個々の戦車に大きな性能差がないためか、作戦展開や
 戦い方の方が勝敗を左右する大きな要素のようである。
・第1話では、対戦相手のBC自由学園の対戦前からの作戦と、
 大洗女子学園の読み間違いから、罠にはまって袋だたきに遭うという
 ピンチになったが、そこをどうにか切り抜けたところから始まる。
・そのBC自由学園との対戦は、BC自由学園の置かれた状況を勘案した
 作戦を立てることにより対処する。大洗女子学園の作戦(はっきり
 言って罠)にBC自由学園は対処できなかったあたりが、そのあたりが
 両チームの実力差だったようである。
・2回戦の対戦相手は猪突猛進型(銀河英雄伝説ではビッテンフェルト)の
 知波単学園。しかし、これまでの一本調子の猪突猛進ではなく、
 状況に応じて戦い方を修正したために、大洗女子学園は第1話同様に
 思わぬ苦戦を強いられることになる。ただ、今回は大洗女子学園の
 対応は早く、途中で見つけたものをうまく利用した作戦により、
 第1話とは違う形で第2話を終了することとなる。
・このあたりの作戦展開の妙が本作品の魅力の一つであるかと思うが、
 第2話でも十分に楽しませてもらった。
・第3話はいつになるのかはわからないが、知波単学園の猪突猛進にどう
 対応するのか、そして次の対戦相手がどこになるのか、そして作戦を
 どのように立てて戦うのかが楽しみである。

(この記事に関する参考リンク)
ガールズ & パンツァー最終章第1話に関するツイート
ガールズ&パンツアー(全12話): JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

 来場者特典のミニ色紙
来場者特典のミニ色紙

| | コメント (0)

より以前の記事一覧