2019年8月13日 (火)

映画『天気の子』

 森嶋帆高が選択したものとは?

 映画『天気の子』公式サイト

 8/8、札幌シネマフロンティアのレイトショーで観賞しま
した。約170名のスクリーン6に100名以上いたと思います。
20~30代の若年層やカップルが多かったように感じました。

・この作品は天気を題材にして、森嶋帆高天野陽菜の関係性を
 描くことが主眼であったと解釈している。
・上記の2人の関係性を軸として、作品として何を見せたい
 かと言うことがはっきり決めているためか、物語の大きな
 柱となっている天気を中心とした虚構的な要素と警察の
 介入と言った現実的な要素の使い分けがうまかったように
 感じた。
・その他、森嶋帆高が東京に来た経緯とか、東京に長雨が降る
 原因とか、天野陽菜が空を晴れにできる原理とか、物語にあまり
 関係なさそうな要素に関しても、ほとんど説明がなかった点も
 良かったように思う。
・この物語での東京では長時間(数ヶ月以上)の雨が降って
 いるという設定であるが、物語を見ていくと、どうやら
 この長雨があの時点での通常状態で、我々の正解でのいわゆる
 正常な天気(晴れが多い状態)にするためには、何らかの力が
 必要という解釈らしい。
・その力を行使するものと選ばれた(?)のが天野陽菜
 いうことらしいのだが、この辺に何らかの見えざる意思の
 ようなものがあるかと思ったが、そういうものは感じ取れ
 なかった(本人が願っただけの模様)。
天野陽菜が(いわゆる)晴れ女としての能力を使うたびに、
 何かがすり減っていくように見えて正直ハラハラした。
 依頼の受け方で使用回数は調整できるが、(劇中でも指摘
 されているとおり)この手の能力を行使することそのものに
 代償はつきものではあるので・・・・。
・終盤、森嶋帆高に対して二律背反的な選択があり、彼は
 (ほぼ迷いなく)一方の選択をするわけであるが、その後に
 起きた出来事は管理人の予想とは違っていてオヤッとも思った
 し、そうきたかという感じであった。
・二律背反的な選択をしても、何らかの奇跡が起きて最終的に丸く
 収まる作品が多いような気がするが、この作品ではそういった
 奇跡はどうやら起こらないようであった。

(関連ツイート)
https://twitter.com/jr8dag/status/1159485042197852160?s=20

(天気の子で起きている現象は現実に起こる可能性はあるのか?)
・関東地方の長時間降雨に関しては、夏の梅雨前線(停滞前線)が
 滞在するか、あるいは、日本海側の冬の降雪のように、湿った
 南~南東風が継続的に吹きまくって近くの山で上昇気流が
 生じて雨が降るというパターンが思いつくところである。ただし、
 実際に起こる現象かというと前者はどんなに頑張っても1~2週間、
 後者はかなり難しいように思う。
・雨が降り続けると東京が水没するかと言う点に関しては、
 雨が降り続いても水は低いところに流れるので、標高0mに
 近い一部の地域の水没程度にとどまるように思う。それよりも
 雨が降り続いていたら、工事などの公共事業もろもろが
 まともにできない状態になると思うので、電気、ガズ、
 水道などの社会的設備が維持できなくなるように思うし、
 あれだけ雨が降り続いていたら、人々の気分も滅入って
 しまうように思うので、都市機構そのものが維持できない
 ように思う。
・実際にあれだけの長雨が続いたら、日本の経済が崩壊する
 ように思う。おそらく、地震より影響は大きいように思う。
 そんなことを考えると、天気の子の世界での日本人は
 よほど我慢強い人たちのようである。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない

 梓川咲太への桜島麻衣の想いの強さを垣間見る

 「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」 公式サイト

 札幌シネマフロンティアにて公開初日(6/15)の第1回目を観賞しま
した。約190名のスクリーン7に150名以上いたと思います。
なお、第2回目と第3回目(ともにスクリーン7)は満席でした。

TVアニメ版で登場していた牧之原翔子に関する物語が決着。
 感動はしたけど、いろいろと(良い意味で)考えさせられる
 作品でもあったかなと思う。
牧之原翔子は何かを知っているのか、TVでの最終場面において
 梓川咲太の心を救うという大きな役割を果たすことになるが、
 別の視点で見ると恋人の桜島麻衣にとっては何もできなかった
 ということで、そのことが劇場版でのある出来事の大きな
 伏線となる。
・TV版において桜島麻衣梓川咲太に対して何もできなかった
 ことの悔しさを述べているが、この劇場版にて梓川咲太への
 想いの強さを体現するかのような大きな出来事が起きる。
・しかし、どちらの結末になっても、少なくともどちらかが
 不幸になるという展開で、そのあたりをどうにかしたいと
 考えて、大学生の牧之原翔子が登場すると言う流れのようで
 あった。
・ということで、物語全体として最も焦点が当てられているのは
 牧之原翔子ではあるが、結果的には桜島麻衣の物語だったの
 かなと感じた。
・この作品では劇中での時間軸がたびたび話題となるが、時間を
 さかのぼるのではなく、過去の時間に存在するい人が、関係
 する人を引き連れて未来の時間軸に連れて行くという思春期
 症候群ということなのかなと解釈した。
・未来の有り様を変えることができるといっても牧之原翔子
 心臓に関する病はどうしようもないだろうとの双葉理央
 問いかけに関しては1つの解決策が提示されるが、この
 あたりは、人を笑顔にするアイカツシリーズと似たような
 ものを感じたし、一見関係が見えないものも何らかの形で
 関わっていることを感じさせたエピソードであったかと思う。

(参考記事リンク)
TVアニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」(全13話): JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

 来場者特典の書き下ろし小説
20190615aobuta01

| | コメント (0)

ガールズ & パンツァー最終章(第2話まで)

 人もチームも少しづつ変わっていく

 ガールズ&パンツァー最終章 公式サイト

 札幌シネマフロンティアにて公開初日の第2回目を観賞しま
した。約455名のスクリーン8に300名以上いたと思います。
20~30代が多かったように感じました。

・砲弾の発射音や走行音など音響の迫力はなかなかすごいものがあり、
 とてもじゃないが女子高生アニメとは思えない感じである。
・この作品は使用する戦車の性能が高い方が有利ではあるものの、
 使用する個々の戦車に大きな性能差がないためか、作戦展開や
 戦い方の方が勝敗を左右する大きな要素のようである。
・第1話では、対戦相手のBC自由学園の対戦前からの作戦と、
 大洗女子学園の読み間違いから、罠にはまって袋だたきに遭うという
 ピンチになったが、そこをどうにか切り抜けたところから始まる。
・そのBC自由学園との対戦は、BC自由学園の置かれた状況を勘案した
 作戦を立てることにより対処する。大洗女子学園の作戦(はっきり
 言って罠)にBC自由学園は対処できなかったあたりが、そのあたりが
 両チームの実力差だったようである。
・2回戦の対戦相手は猪突猛進型(銀河英雄伝説ではビッテンフェルト)の
 知波単学園。しかし、これまでの一本調子の猪突猛進ではなく、
 状況に応じて戦い方を修正したために、大洗女子学園は第1話同様に
 思わぬ苦戦を強いられることになる。ただ、今回は大洗女子学園の
 対応は早く、途中で見つけたものをうまく利用した作戦により、
 第1話とは違う形で第2話を終了することとなる。
・このあたりの作戦展開の妙が本作品の魅力の一つであるかと思うが、
 第2話でも十分に楽しませてもらった。
・第3話はいつになるのかはわからないが、知波単学園の猪突猛進にどう
 対応するのか、そして次の対戦相手がどこになるのか、そして作戦を
 どのように立てて戦うのかが楽しみである。

(この記事に関する参考リンク)
ガールズ & パンツァー最終章第1話に関するツイート
ガールズ&パンツアー(全12話): JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

 来場者特典のミニ色紙
来場者特典のミニ色紙

| | コメント (0)

2019年6月14日 (金)

TVアニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」(全13話)

 梓川咲太と桜島麻衣の距離感が絶妙

 TVアニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」公式サイト

劇場アニメ「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」×ビック
 カメラコラボキャンペーンがきっかけで、2019年6月11~12日に
 行われたニコニコ生放送を観た。
・主人公を含めた登場人物が、問題を解決する鍵を如何にして
 見つけていくという物語構成であったこともあり、とにかく
 引き込まれる展開が多く、とにかく続きがどうなるのか気に
 なる作品であったし、観て良かったと思った。
・本作のキーワードとして思春期症候群がある。登場人物が抱える
 問題に応じてさまざまな形で発症するわけであるが、解決には
 本人の心にある問題をどうにかする必要があるという流れである。
・登場人物の心の問題がさまざまな現象として現れるとか、梓川咲太
 桜島麻衣の関係などを見ていると、この作品のおおざっぱな印象と
 しては、物語シリーズの雰囲気に近いように感じたところである。
・さまざまな形で発症する思春期症候群は、梓川かえでの解離性障害を
 除くと、現実世界では説明ができない作品世界で作られたものである。
 しかしながら、その思春期症候群に作品内で論理的な説明をしようとする
 姿勢はなかなか良いと思った。
・思春期症候群の最終的な解決方法は発症した本人がどうにかするものが
 ほとんどであったが、桜島麻衣については梓川咲太の行動によって
 救われたという点が異なっていた。また、それぞれの登場人物が抱える
 問題は特に心に起因するものがほとんどの上に、自分では変える
 ことができないものもあり、そういった解決できないものについては、
 現状を受け入れて、その上でできる対処をしようとしていたように
 見えたが、そのあたりも良かったように思う。
梓川咲太桜島麻衣は第3話終了後に恋人関係となるわけだが、この2人の
 掛け合いなどから垣間見える距離感が絶妙で、この関係性はすごく良いなと
 思った。
・タイトルの青春ブタ野郎は双葉理央梓川咲太のことを青春ブタ野郎と
 言ったことから設定されているが、特に第3話での行動を見る限りなるほどと
 いう感じであった。
・6/15公開の劇場版は、今回のTVアニメでも登場していた牧之原翔子に関する
 物語であるが、TVシリーズとどのようにつながるかも含めて、非常に
 楽しみである。

 JR8DAG/菅野 正人

 

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

新約とある魔術の禁書目録(第22巻まで)

 コロンゾン編がたぶん終了、しかし・・・

 新約とある魔術の禁書目録(22):電撃文庫公式サイト

前回の17巻の記事以降、かなり怒濤の展開で、正直物語に
 ついていけていないというか物語の内容を整理できない
 状態というところ。
・新約17巻くらいまであたりは学園都市統括理事長の
 アレイスターが最終的な黒幕と見なされていたはずだと
 思うが、そのあたりは18巻以降で覆されてしまい、結局
 22巻が終わっても最終的な落としどころが全く見えなく
 なったしまったような感じがする。
・その中で、いろいろあった出来事は22巻のコロンゾンや
 アレイスターにつながっていることは間違いない模様。
・この新約の特に魔神編が開始した11巻以降の上条当麻に
 ついては、物語上では脇役のように思える。
・しかし、22巻の最後の出来事によって、上条当麻が
 物語上でも再度主役になるような状況に置かれるのか
 どうかが気になるところ。
・感動の終わりを迎えたかに見えたアレイスターであったが、
 ああやっぱり・・・という流れに・・・・。物語から退場
 しないということは、まだ果たすべき役割があるという
 ことだろうか?
・旧約は22巻で新約になったが、新約も今回で別の題名に
 変更されるのだろうか。

(関連記事リンク)
とある魔術の禁書目録関連記事リンク: JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0)

とある魔術の禁書目録Ⅲ(全26話)

 神の右席編終了

 とある魔術の禁書目録Ⅲ アニメ公式サイト

・今回の第3期で原作の旧約22巻まで終了した。第4期が放送
 されれば新約に入るが、話についてこれる人がどれだけ
 いるのかを考えるとアニメ化されるのかは微妙なのかなと
 感じている。
・今回は14巻から22巻までをアニメ化したが、1期、2期と
 比べると巻数が多く、だいぶ駆け足だったような気が
 する。しかし、19巻あたりで終わらせると中途半端なので、
 22巻までのアニメ化は妥当であったと思う。
・第3期から浜面仕上が本格的に登場し、主人公の3人が
 そろうことになるが、第3期時点では各個に行動している
 状態であり、3人がある目的に従って行動するような話は
 新約からということになろうかと思う。
・旧約は22巻の神の右席であるフィアンマとの最終決着に
 向けて物語が構成されているが、最終的な決着の決め手に
 なったと思われる「善意と悪意の天秤」についてが
 もっとも印象に残った。
・旧約原作22巻では上条当麻は行方不明で生死は不明で
 あったが、アニメではもやもや感を残さないようする
 配慮があったのか、生存が確認されている描写となって
 いる。
・冒頭に述べたように第4期以降のアニメ化は微妙だと思うが、
 新約に登場するのオティヌスは見たいと思う。
・気にしていた原作14巻の熱膨張の件はアニメでは修正が
 されていた。ただ、銃は論外としても、ダクトが熱い
 紅茶位で熱膨張を起こすようにも思えないのでは
 あるが・・・(ついでに飛行機内で沸騰するような
 お湯を沸かせるのかどうかも気になるのだが・・・)

(関連記事リンク)
とある魔術の禁書目録関連記事リンク: JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0)

TVアニメ けものフレンズ2(全12話)

 いろいろな意味で中途半端

 けものフレンズプロジェクト 公式サイト

ニコニコ動画での視聴者の反応を見ていると、低評価が
 多かったが、実際の作品を見るとそう感じても仕方が
 ないかなと感じた。
・一番の問題点は、第1期と同じ世界、時間軸としても
 第1期の後であると確定しているにも関わらず、第1期の
 最終話から第2期の第1話にどのようにつながるのかが全く
 想像できない上に、どのように話がつながっているのか
 という説明もなかったので、どうしてこうなったの?と
 いう感じであった。
・第2期単独としてみると、確かに第1期のようなフレンズたち
 との交流を通じて試練を乗り越えていくような構成が見られ
 たが、問題は最終的な試練とは何だったのかもよく分から
 ないまま終了したような印象を感じたことだと思う。
・第2期単独でもいまいち深みが足らないところに、サーバルが
 なぜ記憶をなくしたこととか、かばんの変わり様について等に
 ついても説明がほとんど無いので、単にもやもや感も増す
 ばかりで、むしろ第1期とは全く関係の物語であった方が
 良かったように感じた。
・今回の作品を放送するにあたり、どのような課程であのような
 物語構成となったか気になってしまったのであった。

(関連記事リンク)
TVアニメ けものフレンズ(全12話): JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

ポプテピピック TVスペシャル(#13 #14)

 蒼井翔太を安直に呼んではいけない

 TVアニメ「ポプテピピック」公式サイト
 ポプテピピック TVスペシャル:ニコニコ動画

 4/3に放送されたポプテピピックTVスペシャルを視聴しました。放送媒体によって声優が異なっていたようですが、管理人はニコニコ生放送を見ました。

・声優が変わるとかAC部とか、とにかくありとあらゆることを
 やっていたのは相変わらずで、良くも悪くもすごいという
 感じだった。
・13話のオープニングと14話Bパートのオープンニングが
 印象に残ったが、14話Bパートのオープニングの台無し
 感はさすがとしかいいようがなかった。
・12話で大活躍だった蒼井翔太が14話Aパート最後に
 登場。Bパートをどうするんだろうと思っていたら、
 案の状の展開に。しかし、このアニメはなんとなく
 無かったことにしそうな気もしているが、果たして
 続きが描かれるのか気になったところである。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0)

キラッとプリ☆チャン(第1期,全51話)

 1つの頂点に立ち物語は次の展開へ

 キラッとプリ☆チャン:テレビ東京アニメ公式サイト

・第50話”ネクスト・プリンセス・スペシャル大会”での
 ミラクルスターのライブは勝利に値する素晴らしいライブで
 あった。
・明らかに格の違うアイランジュを相手にどう対抗するのかと
 思ったが、メルティックスターが加わってのミラクルスターに
 よる1stオープニングは、なるほどそうきたかという感じ
 だった。
・第49話はギャグ回と思ったが、第50話につながる形でつなげた
 ことのほか、チケットの再発行が第50話の伏線としていた
 あたりは、うまく物語を構築していたように思う。
・ミラクルキラッツは前回のエントリーで書いたように
 華があるようには見えないのだが、他のグループとは違う
 視点を持っていることが、”ネクスト・プリンセス・
 スペシャル大会”に勝利できた要因なのかなと感じる。
・第2期は、最終話旅だったメルティックスターがいない状況で
 物語が始まる模様。第1期とは異なる概念や登場人物の中で
 新しい物語が作られていくのかなと思う。

(関連記事リンク)
キラッとプリ☆チャン(第35話まで): JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0)

2019年3月31日 (日)

バーチャルさんは見ている(全12話)

 良い意味でのカオスな楽しいアニメ

 TVアニメ「バーチャルさんはみている」公式サイト
 バーチャルさんはみている - ニコニコチャンネル

・Twitterでトレンドに上がってたのを見て、ニコニコ動画
 全話を視聴した。
・ポプテピピックとはまた違うカオスなアニメで、第1話を
 見たときには最後まで見ることができるかと思っていたが、
 気がついたら最終話になってたという感じだった。
・登場人物のVTuberについては全くといって良いくらい
 知らなかった(ときのそらとかキズナアイの名を知っていた
 程度)がアニメは楽しく見ることができたし、各VTuberが
 人気があるのかは分かるような気がした。
・アニメ本編もだが、開始1時間に放送される事前番組が
 面白かった。特に1,6,12話の6人(ミライアカリ
 電脳少女シロ月ノ美兎田中ヒメ鈴木ヒナ猫宮ひなた)の
 出演回はカオス的な面白さがピカイチだったように
 思った(司会って誰だったっけ?)。
・主要登場人物の6人の中では、電脳少女シロがもっとも
 好みという感じ。目立つのは田中ヒメ、良い意味での
 空回りキャラは月ノ美兎といった感じだった。
・いろいろな意味で存在感抜群のバーチャルグランドマザー
・うんちく横町のひふみん
・なんとも言えないケリンスレイヤーとViurtual WARS
・ケツのロン
・イケメンのゴリラさん(はーい!)
・毎回飛ばされる(No.1ホスト)

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0)

より以前の記事一覧