2018年11月 9日 (金)

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第7章 回生編

 恥をかくのも間違えるのも全部人間の特権

 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 公式サイト

札幌シネマフロンティア、公開初日(11/2)夕方の3回目に鑑賞。
 スクリーンは約540席のシアター5。平日だったためか50~100名
 だったと思う。
・第5章の時点でマクロスシリーズ的な要素が入っていたと思うが、
 第6章ではプリキュアシリーズの要素まで入ってしまった感じが
 した。
・いろいろと伏線が張りまくられているように感じたが、
 第7章ですべて回収できるのかどうか気になることである。
・地球側の置かれた状況から考えるに仕方ないことではあるが、
 なまじ時間断層があるせいか、ガトランティスに対する対応が
 硬直化しているように思われる。
・銀河を始めとしてAIが多用されているが、この時代のAIだと
 もう少し複雑な判断ができるのではと感じた。なんとなく
 AU-09アナライザーの方が人間的な感じがするのは気のせい
 だろうか?
・第20話でヤマトはこの戦いに終止符を打つことが可能な1つの
 情報を手にすることとなるが、これに加えて、第22話で
 古代進は第9話での経験から、他の登場人物がほとんど考え
 なかった解決策を提案する。ガトランティスの精神性は地球人や
 ガミラス人とは異なることが示されているが、話が通じる相手
 なのかどうかが、最終的な落としどころを決めることなると
 思われる。
・また、古代進の考えを承認した土方艦長も相手を力で
 ねじ伏せること以外の重要性を認識しているようである。
・第21話は演出優先の面が強すぎる感じではあったが、
 土方艦長の言葉も含めて素晴らしいと感じた場面で
 あったし、宇宙戦艦ヤマト2202という物語の最後にどのように
 終わるか、その方向性を示した言葉でもあったように思う。
・とんでもないことになった森雪。2199の時点で記憶を失っている
 ことや、イスカンダルのユリーシャとそっくりな点などの謎が
 そのまま残されていたが、アケーリアス文明と何かかかわりが
 あるのだろうか?
・桂木透子。シファルサーベラーのコピー体である以上、現在の
 白銀の巫女との関係も含めて、ズオーダーとの最終局面において
 何らかの役割を果たすように思われる。
・第10話の最後の方で気にはなっていたが、最大の謎である斉藤始。
 第6話あたりは演出かと思っていたが、これも伏線だったのかなと
 思う。まさか、あの方のクローン体とかなのだろうか。
・最後にとんでもないことになったアベルト・デスラー。第22話
 時点では何かを模索しているような感じであったが、大いなる和の
 一員としてどのような役割を果たすのだろうか。
・ガイレーンが意外と気になる。

 ※1)2018.11.11 21:30 「いろいろ張りめぐらした伏線は回収できるのだろうか・・・・」 から変更しました。

(関連記事リンク)
宇宙戦艦ヤマト2202関連記事リンク
宇宙戦艦ヤマト2199関連記事リンク

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

劇場版 夏目友人帳 ~ うつせみに結ぶ ~

 ニャンコ先生の立ち位置は不動

 劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~ 公式サイト

 札幌シネマフロンティア、公開初日(9/29)第1回目、舞台挨拶中継回を鑑賞しました。約550名のシアター5に200~300名いたように思います。20~30代と思われる子供連れの女性が多かったように感じました。

・事件が起こるまでのさまざまな伏線の張り方と。最後に向かっての
 伏線の回収の仕方が見事だった。
・物語はこの劇場版のオリジナルらしいが、時系列としては
 TVシリーズ第陸期のあとのように思われる。
・ただ、今回の劇場版は、基本的に独立した完結した話であり、
 以降の時系列につながるような伏線は張っていなかったように思う。
・夏目友人帳という作品の根底に流れている背景などはかなり
 重いのだが、TVシリーズ同様に、最終的にさわやかになるように
 各個の物語がいい感じでまとめられていて、見終わった後の
 すっきり感が素晴らしいだが、今回の劇場版も同様であったかと
 思う。
・今回の事件が起こった要因や伏線が複数あるのだが、その1つに
 ニャンコ先生の食いっぷり(+飲みっぷり)があるのだが、
 劇場版ではとにかくこのニャンコ先制のニャンコ先生の食いっぷり
 がすごく目立っていたように思う。
・この物語には、人と妖の関係の他に、妖が見える人(妖力の高い人)と
 妖の見えない人との関係性があって、特に後者に関しては、相互の
 考えていることが見えないことによるすれ違いのようなものが
 物語の軸となっていた。
・あと、夏目貴志は通常の人には見えない妖が見えるわけだが、妖が
 視覚的に人間の形を取っていると、人と区別することができないが、
 そのことも物語の大きなポイントとなっている。
・後の舞台挨拶中継でも述べられていたが、一部の人にしか見え
 ない妖は必ずしも人間にとっての敵ではなく、人間との親和を
 図ろうとするものもいることが、この作品の奥行きを深くして
 いることにつながっていると思う。
・夏目友人帳のシリーズで重い展開になるであろうと予想される
 祓い屋については、今回は最後の場面で活躍する名取周一が
 出てくる程度で、今回は物語の流れから考えると、祓い屋の
 出番は少なかったように思う。

 JR8DAG/菅野 正人

20180929natsume01
来場者特典のA4イラストメッセージカード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

はたらく細胞(全13話)

 我々の体内をめぐるさまざまな攻防

 TVアニメ『はたらく細胞』公式サイト

・物語の舞台、擬人化したもの、この2つだけとっても
 かなり特異な作品という感じがする。
・それぞれの細胞は各々の役割しか果たせないので、
 擬人化されても赤血球はガスの運搬しかできないし、
 白血球は細菌やウィルスなどと戦うことしかできない。
 このあたりはいろいろなことができる人間と違うところ
 だが、そのあたりはうまく表現できていたように思う。
・各々の役割しか果たせないことに関しては、特に第13話で
 描かれていたが、赤血球が酸素を運搬できなければ、
 他の細胞はまともな働きができない状態になることが
 明確に描かれていたように思う。
・平常時はもちろんだが、けがや病気などが合ったときに
 どんなことが身体の中で起こっているのかを表現した
 作品であるが、生命の危険は少ないものの、体内では
 かなり大騒動となっていた第5話「スギ花粉アレルギー」が
 印象に残った。
・第2話の「すり傷」も人の視点で見るとさほどではない
 ような感じであるが、体内ではかなりの騒動であったのも
 印象に残った。
・がん細胞は、発症すれば深刻ではあるが、第7話では
 通常状態における攻防であったので、思ったほどの深刻な
 描写ではなかったが、人間ドラマ的な描き方はなかなか
 良かったように思う。
・第11話から第13話で描かれた熱中症と出血性ショックは
 体内が頑張っただけではどうしようもなく、輸血などの
 外的な治療が必要で、その点では最終話に近い方に
 放映されたのはなるほどと思った。
・ドジっ子の赤血球と、その赤血球と良く出会う白血球
 そして、血小板ちゃんはかわいい。
・見た目の麗しさからは想像できない圧倒的な戦闘力の
 マクロファージ、そして意外なる変身を遂げる単球
 印象に残った。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマノススメ サードシーズン(全13話)

 ほのぼの登山アニメ

 アニメ「ヤマノススメ サードシーズン」公式サイト

・ファーストシーズンとセカンドシーズンは見ていない状態で視聴。
・どうやら、元気いっぱいのひなたがインドア派のあおいを引っ張って
 山登りをしていくというのが大まかな流れのようである。
・上記の2人にかえでここなが加わって4人で行動するが基本のようで
 ある。ここなは見た目が最もかわいらしいが体力は一番優れている
 模様。
・このアニメはあおいが山登りをどのように楽しんでいくかが1つの
 ポイントのようである。
あおいとしては、セカンドシーズンでの富士山登山を中途で断念せざるを
 得なかったのが最も心に残っている出来事のようであり、その
 富士山への登頂を果たせるかどうかが、今後の物語の大きな山場になり
 そうである。
・第8話から第12話にかけて、あおいひなたの間には幼なじみらしい
 すれ違いがあったが、総じて、女子高生が登山を楽しむという物語の
 軸ははっきりしており、ある意味ほのぼのさを楽しめるアニメで
 あるように感じた。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

ルパン三世PART5(全24話)

 ICT技術があろうがなかろうがルパン三世はルパン三世

 アニメ「ルパン三世PART5」公式サイト

・コンピュータが使われる場面は以前のシリーズにもあったけど、
 今回は特にコンピュータネットワークが使われる場面が多かった
 ように思う。
・そのような世の中の変化があっても、ルパン三世はやはり
 ルパン三世であり、そのルパン三世を追いかけている
 銭形警部も銭形警部なんだというのが、今回のPART5
 だったのかなと思う。
・ルパン三世、峰不二子、次元大介、石川 五ェ門、銭形警部の
 これまでのキャラクターは相変わらずの魅力を発揮しているし、
 アミ・エナン、アルベール・ダンドレジー、エンゾ・ブロン
 などの新しいキャラクターも特徴が発揮されていて良かった
 ように思う。
・ルパン三世は、ある意味、強引は描写が見られるのだが、
 その辺を気にさせないのは、ルパン三世がいう
 「物語を作る能力」がなせる技なのかなと思う。時を経ても
 なお魅力に富んでいるルパン三世はすごいキャラクター
 なのだと感じるところである。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅(全12話)

 銀河の歴史がまた1ページ

 銀河英雄伝説 Die Neue These 公式サイト

 管理人は原作(本伝10巻)を読んでいるのと、アニメは「石黒監督版」(本伝110話)はひととおり見ています。今回の「Die Neue These」については、「石黒監督版」との比較が多いコメントとなります。

・絵は当然ながら綺麗になっていますが、代わりに重厚感は
 薄れているようにも感じました。
・メカニックに関しては、公式サイトにも紹介されていないので、
 あまり重視していないのかなという気がしました。戦闘もなんと
 なくあっさりしていましたが、後手を踏むとデータリンクが切ら
 れて艦隊として統一した行動ができなくなる描写を見ると、
 如何に先手をとるかがより重要である描写がされているようには
 感じました。
・声優やキャラクターの絵に関しては思ったほど違和感はあり
 ませんでした。キャゼルヌはだいぶ違うし、シェーンコップも
 かなり軽い感じはしましたが、アニメで動いている分には気に
 なりませんでした。また、ヤンウェンリーとキルヒアイスの声は、
 石黒監督版を意識しているような感じもしました。
・メカニックがあまり重視されていない割に第11話では、
 首都星オーディンからの発進シーンを時間をかけて描いて
 いました。悪くはないけど、このあたりは別のことに時間を
 使った方が良いようには感じました。
・イゼルローン要塞は、アニメ版オリジナルの流体金属層は
 あるようでした(暑さが薄く、透明になっている)。トール
 ハンマーの発射シーンは迫力がありました。
・アムリッツア星域会戦につながるヤンウェンリーの撤退に
 関しては、特にキルヒアイス艦隊からどうやって退却した
 のかが気になっていた点ではあったのですが、今作は
 その点に関して補足がされています。
・ただ、この第12話はヤンウェンリーとキルヒアイスが作品中で
 唯一対峙する場面だったのですが、キルヒアイスに台詞が
 なかったは、(事情があったにせよ)少し残念ではありました。
・12話ではアムリッツア星域会戦の手前で終了しました。「石黒
 監督版」の第15話の途中までのようです。
・劇場版で予定されている「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱」で
 どこまで進むのか、また、その後はどこまでアニメ化がされるの
 かが、気になるところです。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

カードキャプターさくら クリアカード編(全22話終了)

 導入編終了

 NHKアニメワールド カードキャプターさくら クリアカード編

・カードキャプターさくら クリアカード編の物語については
 22話で語ることができる内容ではなく、今回は導入段階で
 終了という感じがした。
・物語に関しては以降の続編が放送された段階で判断する
 ことになるかと思う。
・登場人物に関しては、主人公の木之本桜をはじめとして、
 今までのシリーズと同様に存分に魅力は出ていたと思う。
 特に大道寺知世のぶれなさは健在であった。
・初々しい木之本桜李小狼
・とにかくぶれない大道寺知世
・相変わらず食いしん坊のケロちゃん
・ケロちゃんにお任せのコーナー。スッピーとのやりとりが
 面白かった。
・謎の誌之本秋穂、本人には意識がないようだが。あと、
 誰かに似ていたような・・・・。
・今のところ、何かがあるとは感づいているか、全容は
 つかめていないイギリス組。今後、どのような役割が
 待っているのだろうか。
・今後の物語の大きな鍵を握っているユナ・D・海渡
 彼がいったい何をしようとしているのかが、明かされる
 のは、いつなのだろうか。

(関連記事リンク)
劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード リバイバル上映: JR8DAGのメモ書きブログ
劇場版カードキャプターさくら リバイバル上映: JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第5章 煉獄編

 なんかアケーリアス文明と戦っているのではという気がしてきた・・・

 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 公式サイト

札幌シネマフロンティア、公開初日(5/25)の21時過ぎの回に鑑賞。
 約320名のシアター12に50~100名いたように思う。
・デスラーに関しては、テレサをうまく使って2199で不明であった点を
 うまく補完していたように思うが、2199とつじつまが合わない部分に
 ついては、おそらく2202を優先するという流れなのだろうと思う。
・クラウス・キーマンの正体に関して予想の範疇ではあったが、最終的な
 決断に至る心の動きに関しては、もう一押しあっても良いような
 感じはした。
・テレサのいう「縁の力」については、登場人物がさまざまな解釈を
 していたが、トランジット波動砲をはじめとして、第5章で述べられて
 いたものとは、全く違うような気がする。
・白色彗星に対して波動砲が通じないことは、第3章冒頭において
 ガトランティス帝国の幕僚が「恐ろしい兵器」と言っている程度から
 想像できたことであったが、なぜ通じないかに関しては予測は
 できなかったし、驚きはあったけれども、予想の範疇からは外れて
 いなかったというところであった。
・ガトランティスがなんとなくゼントラーディに似ているとか、波動砲が
 マクロスキャノンくらいの存在感になってしまったあたり、なんとなく
 マクロスシリーズっぽい雰囲気を感じてしまった。
・白色彗星というハードウェアは、第5章時点ではアケーリアス文明の
 遺産ということになっているので、なんとなく、ガトランティスではなくて
 アケーリアス文明(の意思のようなもの)と戦っているような気がしている。
・白色彗星をはじめとして地球人類にとっては絶望的とも思える戦力を
 有するガトランティス帝国。地球側はこれまで得られた情報から
 話し合いの余地はないと判断しているようだが、第5章を見る限り
 外からの力押しは無意味な感じがする以上、マクロスシリーズで
 示されている解決策が必要なように思える。
・ということで、白色彗星をどうにかするには、まずは白銀の巫女を
 どうにかしないといけないように思う。
・第5章の最後は、あの手を使うとは予想はできなかった
 が(桂木透子・・・)、いずれにしても人間ドラマ的な要素が物語の
 終息に大きく影響しそうであり、それがおそらくテレサの
 いう「縁の力」なのだろう。
・ヤマトであるが、おそらく大帝ズオーダーの気まぐれにより助けら
 れるのだろう。ヤマトを破壊する方が簡単なはずなのに、精神的に
 屈服させたいのか、どうもヤマトには興味があるみたいだし・・・・。

 (2018.10.29 21:00追記)
・第5章の最終話で明らかにされた白色彗星の中身に関しては、
 正直何から手をつけたら良いのか全くわからないというのが正直な
 ところである。
・衝撃的だったのは、ガス帯を取り払った都市帝国(というより
 超巨大人工天体)に向かって撃った波動砲が全く効果がなかった
 らしいことである。彗星中心核への最初の一撃に比べて発射タイ
 ミングの連動が取れていなかった点を差し引いたとしてもである。
・さらばや2での白色彗星は、相対的に彗星を包むガス帯がかなり
 強かったが、2202でのガス帯はどちらかというと偽装で、本体その
 ものがものすごく強固であるということのようである。
・さらばや2の超巨大戦艦は満身創痍のヤマトにとっては絶望感を
 与える存在であったが、都市帝国、超巨大戦艦ともに大きさ的には
 波動砲で沈めることが可能であったので、2202での設定変更は
 妥当であろうと判断している。
・とはいえ、木星や土星に匹敵する大きさだと太陽系内に入って
 きた時点でいろいろと影響があるような気がするのだが、このあたり
 第6章以降で何か描かれるのかが気になるところでもある。
・公開された第6章冒頭11分を見る限り、ゼルクード級のあの変な
 盾にそんな機能があるのかというのが最も驚いたというか、
 唐突感が否めないような気がした。
・ヤマトが彗星帝国に落ちていく際に、アンドロメダ級4番鑑
 アンタレスが救助に駆けつけていたが、そのような様子を見る
 限り、地球連邦におけるヤマトへの待遇はそれなりに良いように
 感じた。
・白色彗星に落ちていったヤマトはPVを見る限り復活することは
 間違いないらしい。復活するかどうかよりも、どのように復活
 するかが重要なのだろうと思われる。
・復活する以上、ヤマトには物語のおわりに向けて大きな役割が
 与えられていると思うが、それがどのようなものか注目して
 見ていきたいと思う。

(関連記事リンク)
宇宙戦艦ヤマト2202関連記事リンク
宇宙戦艦ヤマト2199関連記事リンク

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅵ 誕生 赤い彗星

 主要人物たちの思惑と結果の妙

 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 公式サイト

札幌シネマフロンティア、公開初日(5/5)の第1回目に鑑賞。
 約260名のスクリーン3に200名以上いたと思う。
・ルウム会戦の戦闘場面の描写はそれなりにすごいのだが、
 会戦後の南極条約締結までの登場人物の思惑と結果の
 絡み方がなかなか興味深かったように思う。
・ルウム会戦はモビルスーツの有無が戦局に大きく影響しては
 いたと思われるが、描写を見る限りは、モビルスーツの存在
 そのものよりも、モビルスーツをどのように使ったかが
 ポイントだったような描写に思えた。
・以降はファーストガンダムの第1話につながっていく
 ようであり、映画化はひとまず終了のようである。公式設定
 らしい年表を確認すると、ガンダムの登場は約半年後で、
 それからは(アニメを見ていたときは時間がかかっていたように
 思えたけど)3ヶ月程度でア・バオア・クー攻略、終戦協定と
 いう怒濤の流れだったようである。

(関連記事リンク)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦: JR8DAGのメモ書きブログ
機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜: JR8DAGのメモ書きブログ
機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅲ 暁の蜂起: JR8DAGのメモ書きブログ
機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア: JR8DAGのメモ書きブログ
機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル: JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇場版 プリパラ&キラッとプリ☆チャン ~きらきらメモリアルライブ~

 ライブてんこ盛り

 公式サイト

札幌シネマフロンティア、公開初日(5/5)の夕方に鑑賞。
 約190名のシアター7に20~30名だったように思う。
・前回同様、ライブはどうやら3種類あるようである。今回は
 第1週目のオーロラドリームのコースだった。
・プリ☆チャンの3人組が、前番組(プリパラ)の世界に迷い
 込むという物語の流れは一応あるものの、基本的には
 ライブを見せる映画であるが、そのライブが看板通りの
 てんこ盛りだった。
・そのてんこ盛りライブでも、3つのコースすべてを見ないと
 プリティリズムはおろかプリパラの世界観も網羅できない
 ようである。
・筆者はプリティーリズムは見ていないので、詳細は
 わかっていなかったが、プリパラとはまた違った世界観は
 感じられた。
夢川ゆいが結婚したいと思っているタッキーが意外にも
 大活躍したのをはじめとして、相変わらずわけのわからない
 ことをするのが、このアニメの良いところだと思う。

(関連記事リンク)
アイドルタイムプリパラ(全51話): JR8DAGのメモ書きブログ
アイドルタイムプリパラ(第33話まで): JR8DAGのメモ書きブログ
プリパラ3rdシーズン(第140話まで): JR8DAGのメモ書きブログ
プリパラ3rdシーズン(第101話まで): JR8DAGのメモ書きブログ
プリパラ2ndシーズン(第89話まで): JR8DAGのメモ書きブログ
プリパラ2ndシーズン(第82話まで): JR8DAGのメモ書きブログ
プリパラ2ndシーズン(第72話まで): JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧