2022年9月15日 (木)

【アマチュア無線】自作機のJARD基本保証認定手続きについて(2022.09.15)

 JR8DAG/M.Kannoです。

 2022年9月12日(月)、西無線 NTS601 および430MHz QRP FM トランシーバー(JR8DAG-70FM2018)の2台の無線機についてJARDあて基本保証の手続きを行い、同年9月15日(木)で保証の認定がされました。
 申請内容、経過については以下のとおりです。

◎変更申請(届)内容
○台数
 2台(自作機2台)
○申請(届)した自作機の概要
(1)西無線NTS601(自作機として申請)
 50MHz帯、AM(A3E)(下の図①NTS601系統図のとおり)、変調方式:その他振幅変調(終段ドレイン変調)、終段管:2SK4037、電圧:6V、出力:0.5W
(2)430MHz QRP FM トランシーバー(JR8DAG-70FM2018)(自作機として申請)
 430MHz帯、FM(F3E)(下の図②JR8DAG-70FM2018系統図のとおり)、変調方式:その他周波数変調(可変リアクタンス変調)、終段管:2SC3019、電圧:10V、出力0.2W
○申請(届)書類:変更申請(届)書の電子ファイル、添付ファイルは送信機系統図のみ
○その他:JR8DAG-70FM2018は過去にTSS経由で保証認定を受け新スプリアス基準での免許を受けている無線設備であるが、今回、JARDの保証認定を完了できるかどうかなどの確認を行うために保証認定の手続きを行ったものである。

(経過)
・2022.09.12(月)
 JARDあてに電子ファイルの送付(申請)
 同日、基本保証料を振り込み(5,100円)
・2022.09.15(木)19:30頃
 保証認定が完了したとのメールあり、保証書が送付されてきた。
・2022.09.15(木) 20:00頃
 北海道総合通信局あて電子申請にて変更申請(届)を行う。

 今回はJARDから申請書に関する補正依頼などはなく、送付した書類で保証認定が完了しました。2020年3月の変更申請(届)などと同様、スペクトラムアナライザの計測結果など追加の資料を提出する必要はありませんでした
 今回の結果、2019年の50MHz、AM、出力0.2Wの自作機、2020年の50MHz、DSB、出力0.05W、今回の430MHz、FM、0.2Wの自作機について、JARD基本保証を利用して平成29年以前と同様に送信機系統図のみで保証認定を受けることができました。自作機でアマチュア無線の運用ができるかという点に関しては、2022年9月現在においても平成29年を境にして特段変わったことはないという推測で間違いないと考えています。

(関連記事リンク)
自作機のJARD基本保証認定手続きについて(2020.03.28): JR8DAGのメモ書きブログ
JARD基本保証を利用した自作機の変更申請(届)について(2019.05.18): JR8DAGのメモ書きブログ
自作機のJARD基本保証認定手続きについて(2019.04.19): JR8DAGのメモ書きブログ
新スプリアス基準によって自作機でアマチュア無線の運用ができなくなるのか?についての考察(2016.07.31): JR8DAGのメモ書きブログ
JR8DAG のAM & QRP ホームページ管理人のコメント(2014.10.05): JR8DAGのメモ書きブログ(自作機でアマチュア無線の運用が可能かどうかについてコメントしています)

 JR8DAG/菅野 正人

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ ← クリックお願いします
にほんブログ村 のランキングに参加しています

Nts60100
①申請に使用した西無線 NTS601の送信機系統図

Dag70fm201800
②申請に使用したJR8DAG-70FM2018の送信機系統図

| | コメント (0)

2022年8月 3日 (水)

2022年第64回ALL JAコンテストの結果発表

 8/1(月)、JARLのWEBにて、2022年4月23日~24日に開催された第64回 ALL JAコンテストの結果が発表されました。

第64回 ALL JAコンテスト結果

 電信電話部門シングルオペ50MHzバンドQRP部門で北海道1位に入賞できたようです。使用した無線機は「JR8DAG-6AM2020W」と「JR8DAG-6SSB2008W」でした。

(参考記事リンク)
第64回ALL JAコンテスト参加結果(2022.04.23~04.24): JR8DAGのメモ書きブログ

 JR8DAG/菅野 正人

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ ← クリックお願いします
にほんブログ村 のランキングに参加しています

Dag6am2020w_2102
 ALL JAコンテストで使用したJR8DAG-6AM2020W


| | コメント (0)

2022年5月16日 (月)

日本各地のビーコン一覧(50MHz)のページを更新(2022.05.16)

 JR8DAGのAM & QRPホームページ をご覧いただきありがとうございます。

 本日、日本各地のビーコン一覧(50MHz) のページを更新しましたのでお知らせします。

 日本各地のビーコン一覧(50MHz)

 三重県伊勢市にあるJA2IGY/bのビーコンの送信内容が変更になったようですので、2022年5月14日に受信した様子の動画をニコニコ動画およびYouTubeに投稿しました。また、日本各地のビーコン一覧(50MHz) に動画のリンクを掲載しました。

 よろしくお願いします。

 JR8DAG/菅野 正人

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ ← クリックお願いします
にほんブログ村 のランキングに参加しています

6m_condx_jr8dag_400_400





6m(50MHz)日本国内のビーコン(再生リスト)

| | コメント (0)

2022年4月29日 (金)

【ニコニコ動画】ニコニコ生放送ギフトイラストコンテスト参加作品を投稿しました(2022.04.29)

 JR8DAGのAM & QRPホームページをご覧いただきありがとうございます。

 ニコニコ動画にて、2022年4月29日~2002年5月8日にかけて開催されているニコニコ生放送ギフトイラストコンテストの参加作品を投稿しましたので、お知らせします。
 イラストの閲覧と、あと可能であればニコニ広告していただけますとありがたいです。ニコニコ動画のアカウントが必要ですが、無料で引けるチケットもあります。

 前回のイラストコンテストに投稿した作品では、閲覧数約270、および約13万ptのニコニ広告をいただきました。ありがとうございました。今回のギフトイラストコンテストもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

【投稿作品】
【ギフトイラストコンテスト】いらっしゃいませ(ゆめこ)

【ギフトイラストコンテスト】おはようのあいさつ


Yumeko_niconico20220429

| | コメント (0)

2022年2月21日 (月)

2021年第42回全市全郡コンテスト結果発表

 2/21(月)、JARLのWEBにて、2021年10月9日~10日にかけて開催された第42回全市全郡コンテストの結果が発表されました。

 第42回全市全郡コンテストの結果

 電信電話部門シングルオペ50MHzバンドQRP部門で北海道1位に入賞できたようです(20局×16マルチ=320点)。

 使用した無線機はJR8DAG-6AM2020WJR8DAG-2008SSBでした。

 JR8DAG/菅野 正人

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

Dag6am2020w_2102
全市全郡コンテストで使用した
6m QRP AM トランシーバー(JR8DAG-6AM2020W)

| | コメント (0)

2022年1月18日 (火)

QSLカードについて(2022.01.18)

 JR8DAG/M.Kannoです。

 日頃より交信、ワッチありがとうございます。

 2022年1月10日交信分までのQSLカードについてJARL QSLビューロ宛に送付しましたので、お知らせします。

 よろしくお願いします。

 JR8DAG/菅野 正人

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ ← クリックお願いします
にほんブログ村 のランキングに参加しています

Dag6am2020w_2102

| | コメント (0)

2021年12月23日 (木)

2021年第64回フィールドデーコンテスト結果発表

 12/23(木)、JARLのWEBにて、2021年8月7日~8日にかけて開催された第64回フィールドデーコンテストの結果が発表されました。
 結果へのリンクはこちらです。

 第64回フィールドデーコンテスト結果

 JR8DAG/菅野 正人

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ ← クリックお願いします
にほんブログ村 のランキングに参加しています

Am_qrp_dag400_400_20191127020201

| | コメント (0)

2021年11月20日 (土)

2021年第51回6m AND DOWN コンテストの結果発表

 11/19(金)、JARLのWEBにて、2020年7月4日~5日にかけて開催された第51回6m AND DOWN コンテストの結果が発表されました。

 第51回6m AND DOWN コンテストの結果

 JR8DAG/菅野 正人

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ ← クリックお願いします
にほんブログ村 のランキングに参加しています

Am_qrp_dag400_400

| | コメント (0)

2021年9月18日 (土)

ハムフェア2021の開催中止について(2021.09.18)

 ブログ管理人のJR8DAG/M.Kannoです。

 9/15(月)、JARL WEBにてハムフェア2021の開催中止が発表されました。

アマチュア無線フェスティバル ハムフェア2021の開催中止について
  いいかげん発表した日時を記録に残してほしいものですが・・・

・JARLが掲載していたハムフェア2021開催要項(既にリンク切れらしい)を見ると、1年以上経過した2021年10月ならば新型コロナウイルス感染症の影響は終わっているだろうとの見込みだったのか、記載内容が昨年はおろか2019年とほぼ同じで、少なくとも全国から1万人近くの人を集めるイベント主催者としての能力を疑うような対応が1年という時が経過しても相変わらずで、開催中止は妥当であるというか、開催するような能力があまりにも欠如していたというのが管理人の見解です。
・JARLとしては、2019年以前と同様の開催方法しか考えていなかったのかオンラインを活用した代替イベントもほぼ用意していなかったようで、その点を見るだけでも、組織としての危機管理能力もあまりに欠如していると判断されても仕方ないように思えます。
・ハムフェア開催にあたってここ2年の動きを見ていると、JARLには新型コロナウイルスという突発的な情勢の変化に対応できる能力が全くないことが明らかになったと思います。JARLのWEBにはアマチュアコードというのがあるのですが、どうやら一番進歩的ではない組織がJARLのようです(そもそもそんなことを掲げること自体実際にできていない証左とも言えます)。
・今回のハムフェア開催中止に対して、コミュニケーションの場が失われて残念との声がアマチュア無線界に多いようですが、自分でできることで何とかしようとする姿勢を見せずに、まともなイベント開催能力のないJARLに依存しているアマチュア無線家が多いことの方がより深刻な問題のようにも思えます。
・一応、有志で「バーチャル・ハムフェス2021」というイベントを開催する動きもあり、自分たちができることで何とかしようとする動きが皆無ではありませんが、ホームページ、ブログ、TwitterなどのSNS、YouTubeニコニコ動画などコミュニティを構築するための有効な手段を活用した活動が他の分野の趣味に比べてあまりにも少ないように思えます。
・今回のハムフェア開催中止により、併設催事の自作品コンテストのページもリンク切れとなりました。私は出品していませんが、出品した方に話を聞く機会があり、確認したところ、第2次審査も終了し、入賞したとの通知が届いているとのことです。今回のハムフェア開催中止で、自作品コンテストの入賞もなかったとことに・・・、としたなら、出品者に対してあまりも失礼な対応であると述べておきます

(参考リンクなど)
ハムフェア2019開催要項
 ダウンロード - ハムフェア2020開催要項(当時のページをPDFファイルに保存)
 ダウンロード - ハムフェア2021開催要項(ページをPDFファイルに保存)
ハムフェア2021自作品コンテスト実施要項

 JR8DAG/M.Kanno

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ ← クリックお願いします
にほんブログ村 のランキングに参加しています

Am_qrp_dag400_400

| | コメント (0)

2021年9月11日 (土)

【アマチュア無線用語解説】ビーコンとは?(2021.01.23)(ニコニコ動画ブロマガ記事より)

※ この記事は2021年10月7日に廃止されたニコニコ動画のユーザブロマガに投稿した記事を移行したものです。

 JR8DAG/M.Kannoです。

 ニコニコ動画に投稿しているsm38154739 などの動画におけるアマチュア無線のビーコンについての説明です。

 アマチュア無線で使用できる周波数のうち、短波(3~30MHz)や50MHz帯においては、電離層を利用した伝搬を利用することで条件次第で日本国内だけでなく世界中と交信することができます。しかしながら、電離層の状態が常に変化しているため、同じ場所といつも同じように交信できると限りません。そこで、電波がどのように伝わっているかを把握しやすくするために常時電波を送信するしている無線局を、ビーコンと呼んでいます。
 アマチュア無線で使用できる周波数の中で、50MHz帯は5~8月を中心にスポラディックE層(Es層,下図)が発生し、日本各地との交信が可能となります。また、電離層の状態が活発なときは、世界各地のアマチュア局と交信できることもあり、電波の伝わりやすさが極端に変わるため、その状況(コンディションと呼びます)を少しでも的確に把握したいということもあって、50MHz帯については、日本各地にビーコンが設置されています。

 50MHzのビーコンの一覧について以下のページにまとめています。
日本各地のビーコン一覧(50MHz)

 JR8DAG/M.Kanno

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ ← クリックお願いします
にほんブログ村 のランキングに参加しています

※ 初出:【アマチュア無線用語解説】ビーコンとは?(ニコニコ動画ユーザーブロマガ, 2016年7月19日投稿)
  記事移行にあたり加筆訂正しています。

【電離層の模式図】
00

【JR8DAGがEs伝搬を利用して50MHz帯AMモードで交信できた月ごとの局数(2011~2020年)】
 全交信数の95%以上を5~8月に行っています。
6mam_es_qso2011_2020


※ JR8DAGが受信できたビーコンを投稿しています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧