2018年10月13日 (土)

【お知らせ】ニコニコモンズに素材を登録しています(2018.10.13現在)

 JR8DAGのAM & QRPホームページをごらんいただきありがとうございます。

 2018年2月より、動画作成などに使用する音楽素材などを作成し、ニコニコモンズに登録していますので、お知らせします。

ニコニコモンズに登録した音声素材等(JR8DAG)

 なお、素材を使用した動画を作成した際はコンテンツツリーへの登録をよろしくお願いします。

ニコニコモンズに登録した音声素材
登録日 ID 題名
2018.10.11 nc183431 緑豊かな公園
2018.10.10 nc183395 力強い前進
2018.10.08 nc183295 まったりとした日常
2018.09.25 nc182780 穏やかな夕暮れ
2018.09.22 nc182632 荘厳な空間
2018.09.22 nc182630 踊る走る
2018.09.05 nc181671 ぎらぎらした空
2018.09.05 nc181670 歴史を探る旅
2018.08.10 nc180504 着実な前進
2018.08.10 nc180503 サスペンス ~ 停滞 ~
2018.08.01 nc180156 Morning Bluesky
2018.07.26 nc179839 カオスな背景音楽
2018.07.26 nc179838 静かな夜明け
2018.06.24 nc178683 湖畔の朝
2018.06.24 nc178682 とある背景音楽
2018.06.11 nc178189 仮想空間
2018.06.05 nc177836 running
2018.06.05 nc177835 古都探訪
2018.06.05 nc177834 cooking
2018.06.05 nc177833 Tropical wind
2018.06.05 nc177832 穏やかな風
2018.05.30 nc177487 緊迫 ~ 平行線 ~
2018.05.29 nc177448 喫茶店201805
2018.05.22 nc177172 疾走
2018.05.14 nc176871 Tropical ocean
2018.02.17 nc173575 自作品紹介

JR8DAGの登録画像素材
四つ葉(クローバー(2)
四つ葉(クローバー(1)
カラーボード(青緑~青のグラデーション)
カラーボード(青緑系の単色)

 JR8DAG/菅野 正人

【参考:JR8DAG作成の素材を利用していただいている作品のリスト

Jr8dag01
 ニコニ・コモンズ(JR8DAG)のロゴ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

平成30年北海道胆振東部地震について(2018.09.09 09:30現在)

 JR8DAGのAM & QRPホームページをご覧いただきありがとうございます。

 2018年9月6日午前3時8分、北海道胆振東部を震源とするM6.7の地震が発生しました。記録も兼ねて記事にエントリを入れておきます。
 私も結果として被災者ではありますが、今回の地震で被害にあわれたみなさまにお見舞い申し上げます。

○地震発生時
 管理人は今年4月より岩見沢市の東側、三笠市との境界に近い場所に住んでいます。携帯電話の緊急地震速報がなり、家もそれなりに揺れ、いくつかの物も落ちましたが、特に大きな被害はありませんでした。
 電気はすぐに消えましたが、これは一時的な物で、すぐに復旧するとそのときは思いました。
 震度は岩見沢市は震度5弱と発表されていますが、気象庁のホームページで確認すると、震度5弱は岩見沢西部の栗沢町で、中心街および東部は震度4とのことでしたので、どうやら私の住んでいた箇所については震度4だったようです。

○ライフライン(停電など)
・停電は地震発生後から発生し、復旧したのは9/7(金)22:30頃
 でした(関連ツイート)。
・水道、ガズは使えました。水道はスイッチで元栓を閉じるタイプ
 だったので、使えなくなると思っていましたが、使用に問題は
 ありませんでした。いずれにしてもガス、水道が使えたのは幸い
 でした。 
・飲料は数リットル、食料もそれなりにあったので2日くらいなら
 なんとかなりそうでした。
・自動車は3/4ほどが残っていましたが、自動車は発電機など
 もろもろの点で最後の砦あので、電気が復旧するまでとにかく
 使わないことに徹しました。
・自動車の燃料に関しては夏場でも半分を切ったところで、冬場なら
 もっと早いタイミングで給油するようにしています。真冬だと
 吹雪で外に出られないこともありますし。夏場のアマチュア無線の
 移動運用では、ガソリンスタンドに近いとは言えない場所で
 移動運用をすることも多いためです。
・電源はモバイルバッテリを常時2個を持参しています。その他、
 家に転がっていたモバイルバッテリが数個あり、使える物から
 使用しました。その他、単3および単4の自己放電が少ないタイプの
 ニッケル水素電池が30本ほど、その他、単3乾電池も10本以上の
 在庫があるのと、それをUSBの出力に変換する機器もあり、
 とりあえず1,2日はしのげそうだなと思いました(関連ツイート)。
・明かりは懐中電灯、キーライトもろもろがありました。特に
 USBキーライト、太陽電池充電タイプのキーライトをそれなりに
 持っていましたので明かりは問題ない状態でした。
・ここ10数年の技術の進歩として、白色LED(青色LED)、リチウム
 イオン電池(電池の単位面積、重量あたりの容量増加)、自己放電の
 少ないニッケル水素電池(エネループなんど)、スマートフォンは
 非常にありがたいものでした。
・AMラジオは自作した物を含めて10台以上多数保有しています。
 AMラジオは普段から使用している木樽AMラジオを使用しました。
 約1日半の停電期間中ほとんど動作させていましたが、電池交換は
 不要でした(関連ツイート)。
・約1日半の停電でしたが、もろもろの残量は以下のとおりでした。
 モバイルバッテリは1個不使用
 単3ニッケル水素電池は約10本
 飲料は2リッターのお茶ほか多数残存
 食料はカロリーメイト、カップ麺他、2,3日分は残存
 自動車は動作確認で少し使用した程度。燃料は3/4残存

○停電復旧後
・大きな余震(本震?)は気になるところですが、さしあたり、
 電源の充電は行いました(特に20Ahの鉛蓄電池は最優先)。
・水道は風呂場に水をためたほか。10リッターのポリタンクに
 水を入れましたが、より大きな地震が来ない限り、大きな
 心配はいらないかなと思います。
・9/8(土)午後の時点で、近くのトライアル岩見沢店は営業
 していました。総菜等はありませんでしたが、普通に買い物は
 できるような状況でした(関連ツイート)。
・9/9(日)09:00現在、管理人にとっては、ガソリンの確保が
 重要ですが、岩見沢市周辺に関しては昨日(9/8)の時点で
 ある程度混乱は終息しているようなので、給油に問題は
 ないだろうと考えています。

○反省点など
・今年4月に札幌市から岩見沢市に引っ越しした関係もありましたが、
 10リッターのポリタンクに水を入れていなかったことと、所有する
 電源としては最大容量の20Ahの鉛蓄電池の充電をしていなかったのは
 今後の反省点となりました。
・電源の充電としてはあまり期待できませんが、手回しの発電機と
 太陽光の充電器はあったほうが良いとは感じました。第1優先は
 USB出力付きのポータブルバッテリだと思いますが、しばらくは
 手に入りにくくなりそうな気がします(関連ツイート)。

第10回秋コレのサークル出展を中止
 9/9(日)に行われる第10回秋コレのサークル出展は9/6(金)16:00頃に中止することを決定し、必要なキャンセル処理を行いました(関連ツイート)。
 地震発生直後は状況はつかめなかったのですが、時間が経過するにつれて、東京往復にとって重要な新千歳空港の被害が甚大であることが判明し、この状況での東京往復は困難であると判断したことから、中止を決めました。

○その他
・今回の北海道全域の停電は大変な出来事ではありましたが、震源地に
 近いところ以外は送電線が破壊されるなどの物理的損傷がなかった
 のが幸いでした。送電線が破壊されていれば、おそらく復旧には
 もっと時間がかかったものと思います(関連ツイート)。
・今回、アマチュア無線が役に立った部分としては、移動運用における
 ノウハウ(自動車の燃料をある程度残しておく、電源と食料の確保)が
 あったかなと思っています(関連ツイート)。

 JR8DAG/菅野 正人

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

留萌本線(2016.11.04)

 11/4(金)、2016年12月4日で営業を終了する留萌本線の留萌~増毛間を乗車しました。

・朝一番のスーパーカムイで深川まで行き、深川で留萌行き
 普通列車に乗り、留萌駅には09:00に到着したが、次の
 増毛行きまでは3時間以上あったので、沿岸バスで留萌駅~増毛駅を
 往復することとした。
・この沿岸バスもいろいろな意味ですごいと思うが、留萌~増毛駅間の
 所要時間は約30分で列車と変わらない上に、停留所が列車より多いと
 なると、JR利用者が減少するのは当然の流れのように感じた。
・また、留萌~増毛間のJRは海岸線に近いところを走っており、
 維持管理に多額の経費がかかり、昨冬のように数ヶ月の運休が
 続くとなると、経費をかけて維持しようという気持ちがなくなるのも
 わかるような気がするところである。
・午前中の増毛駅は閑散としており、来訪者は10名程度であったが、
 自動車で来訪した人もいたようである。
・午前中に留萌駅に戻り、目的の増毛行きに乗ったのであるが、
 2両編成にしていたにもかかわらず、100~150名の乗客がいて
 驚いてしまった。休日に挟まれた平日とはいえ、この客の
 多さに驚いてしまった。土日は臨時列車を運転するそうであるが、
 とんでもないことになっていそうである
・増毛駅の折り返しは10分で、人が多いこともあって、ほとんど
 何もできずに折り返しの列車に乗ることに・・・・。午前中に
 増毛駅に行っておいて正解であった。
・前回の江差線ほどではなかったと思うが、相変わらず廃線ブームは
 あるようである。深川~留萌間がどうなるかはわからないが、
 部分廃止を繰り返して、廃線で稼ぐという戦術もありなのでは?
 と不謹慎ながら思ってしまったのであった。

(関連ツイッター)
https://twitter.com/jr8dag/status/794297168253239296

 JR8DAG/菅野 正人



20161104masihke01
増毛駅の様子
撮影:EOS KISS X7、画像編集:PaintShopPro6J

20161104masihke02
増毛駅の駅名標
撮影:EOS KISS X7、画像編集:PaintShopPro6J

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月28日 (月)

北海道新幹線乗車(2016.03.28)

 単純な営業という点では前途多難

 JR北海道公式サイト

 開業から3日目の3/28(月)、北海道新幹線で新青森駅まで
往復しました。

 行き 3/28 はやぶさ34号 新函館北斗 17:21 → 新青森 18:22
 帰り 3/28 はやぶさ29号 新青森 20:42 → 新函館北斗 21:48

・行きは最速列車だったが車両はJR東日本のE5系。帰りは
 JR北海道のH5系であった。H5系の運用は少ないようなので
 運が良かったようである。
・開業3日目にして、行きの乗車率は25%程度、帰りは10%程度しか
 いなかったような気がする。雰囲気はスーパー白鳥の時と
 あまり変わらなかったような感じであった(列車は速くなった
 が・・・・)。
・乗り心地は揺れは非常に少なく快適ではあるが、これは
 東北新幹線と同様な感じでもある。
・新函館北斗駅近くには新幹線としてはきついと思われる
 カーブがあるが、帰りは減速していたものの、東京行きに
 関しては特に加速を緩めるわけでもなく、200km/h以上の
 速度が出ていたので、速度を制限されるようなカーブでは
 無いようであった。
・予測したとおりだが、ほとんどがトンネルで景色を楽しむのは
 ほぼ不可能。新青森と新函館北斗の近くは少し景色を見ることが
 できるが、それでも5分程度だと思う。
・トンネル以上に携帯電話はほぼ使えない状態。使えるのは
 新函館北斗から最初のトンネルまで、木古内駅、奥津軽いまべつ駅、
 新青森駅の周辺と、青函トンネル内の吉岡定点と竜飛定点の前後1分
 程度位だったと思う。新青森~新函館北斗の約1時間は飛行機に
 乗っていると考えた方が良いかもしれない。
・木古内~新中小国信号場の在来線との共用区間については、
 140km/h走行で、明らかに速度が落ちているとわかり、速度的には
 スーパー白鳥と同じ感覚であった。ただ、在来線に乗ったことが
 無ければ、速度が落ちていることに気がつかないかもしれないとも
 感じた。
・北海道新幹線は、JR北海道の3時間圏内には仙台市の100万人と
 青森市、八戸市、盛岡市の計85万人程度で、利用対象と想定される
 人口が少ないだけでなく、これまでは海を隔てた状態で、交流が
 難しかったのであるから、すぐに流通が活発化するのは難しい
 だろうと思われる。東北新幹線としてみれば、3時間圏内に1,000万人を
 超える首都圏が入るわけであるから、その差は歴然としていると
 思う。札幌まで延伸されればという期待をしている方もいるよう
 だが、札幌圏でも200万人弱なのと、人口が札幌市周辺に偏りすぎ
 ている点が、いまいち流通を呼び起こせない要因となる可能性が
 ある。新幹線を整備することで北海道のあり方を変えるくらいの
 提案が必要ではないかとも思えるが、現状の北海道を見る限り、
 結局は北海道新幹線を札幌に延伸しただけで、経営は相変わらず
 苦しいという未来図が見えてくる感じである。

 JR8DAG/菅野 正人

(関連ツイッター)
https://twitter.com/jr8dag/status/714340874507780096

E5系とH5系(新函館北斗駅にて)
E5系とH5系(新函館北斗駅にて)
撮影:EOS KISS X7、画像編集:PaintShopPro6J

北海道新幹線アクセス用列車、快速はこだてライナー
北海道新幹線アクセス用列車、快速はこだてライナー(函館駅にて)
撮影:EOS KISS X7、画像編集:PaintShopPro6J


 2016.01.24、函館駅にて行われたはこだてライナー一般公開の様子をニコニコ動画にアップしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月27日 (水)

『はこだてライナー』一般車両公開(2015.01.24)

 2016年1月24日、函館駅4番ホームにて行われた北海道新幹線アクセス列車「はこだてライナー」一般公開に行ってきました。

・列車は受付開始前の10:50頃に入線。受付には100名ほどの
 人がいたように思う。
・一般公開では列車内に入ることができるようになっていた。
・外観、内部ともに札幌圏を走っている733系とほぼ同じ
 感じで、側面の帯がラベンダー入りになっていること、
 側面のドアが煉瓦色になっていることが、異なっている
 ところかと思われた。
・函館駅周辺を走る列車には、ロングシートの車両はない
 ためか、座席は新鮮に感じていた人が多いようである。
・受け付け開始直後は、思ったより人が多いと感じたが、
 30分を過ぎたあたりから、車内も楽に見られるような
 状態になっていたと思う。
当日の模様をツイッターに書き込んだところ、かなりの反応が
 あり驚いた。今回はこのツイートのアクセスが一番多く
 正面よりも側面写真の方が関心が高かったようである。

  最もアクセスがあったツイート

 当日のツイートに対する反応が良かったこともあり、
一般公開の様子をニコニコ動画にアップしました。動画を
見るには会員登録が必要ですが、よろしければご覧ください。

 JR8DAG/菅野 正人

北海道新幹線アクセス用列車はこだてライナーの一般公開(2016.01.24) - ニコニコ動画:GINZA

Hakol0001
はこだてライナーの外観
(撮影:EOS KISS X7,画像編集:PaintShopPro6)

Hakol0002
車両公開記念証(表)
(撮影:EOS KISS X7,画像編集:PaintShopPro6)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水)

羊蹄山(2015.09.21)

 9/21(月)、約20年ぶりにアニメフランチェスカ
舞台にもなった羊蹄山(蝦夷富士)に登りました。

羊蹄山の登山コースは4つあるが、前回と同じ
 真狩コースを選択した(たぶん、登山者がもっとも
 多い)。
・登山開始時は山頂に傘雲がかかっていたが、天候は
 上り坂であろうと判断し、登山をすることとした。
・前回の登山では確か4時間半で山頂に到着できた
 はずだが、今回は07:25開始、山頂12:50と5時間半
 かかってしまった。20年間でこれほどの違いが
 あるとは予想していなかった。
・水類は前回1,300mlではまったく足りなかったので、
 今回は2,000ml用意したが、これでも不十分だった
 ように思う。
・真狩コースは4コースの中で傾斜はもっとも緩いように
 思うが、それでもひたすら登りが続く。ただ、途中で
 休む箇所はあるので、随時休憩を行いながら登ることと
 なった。
・真狩コースだと、外輪山は山頂の反対側の一番低い箇所に
 到達する。前回は時計回りで山頂に向かったのちに、
 時計回りで下山したので、今回は反時計回りに外輪山を
 歩いたが、これが間違いの元であった。
・真狩コースの外輪山から反時計回りは岩場を歩くわけだが、
 これが前回に比べてかなり体力を消耗させてしまった。
 時計回りだと岩場コースは下りが主体だが、反時計回りだと
 上りが多くなって体力を余計に消耗させたのではと思う。
・山頂に到着直後に突然の雨。予報では曇り時々晴れだった
 のに・・・。とてもじゃないが長居はできないので、早々に
 山頂から撤退。10分も山頂にいなかったように思う。
・それでも、山頂に行くまでは、下界は雲で見えな
 かったが、外輪山から山頂や火口は見える状態では
 あったのは良かった。
・20年前は(急ぎの事情があったが)下山を2時間ほどで
 行ったため、その後の足がとんでもない事になったため、
 今回は3時間半ほどかけて下山し、登山口には17:20に到着。
 もっとも、前回のような降り方をしたら途中で怪我をした
 ように思う。
・今回も足は筋肉痛だが、さすがに前回のような歩くのに
 支障があるレベルではなかった。
・登山終了後の17:45に、真狩村の「羊蹄の湧き水」に
 行って水を汲んできたが、もう薄暗い時間にもかかわらず
 10人ほどいてビックリしたのであった。

 今回、6mAM移動運用を行うための装備を持っていきま
したが、午後からの悪天候と登山が予定より遅れた
ことで運用を断念しました。次回、登山する機会が
あったら、登山ルートの選択を無線運用を考慮した
ものにしたいと思います。

 JR8DAG/菅野 正人

20150921yotei01
真狩コース外輪山から見た羊蹄山の火口
標高差は150mほどある
(撮影:CANON EOS Kiss X7 画像編集:PaintShopPro6J)

20150921yotei02
 羊蹄山山頂
(撮影:CANON EOS Kiss X7 画像編集:PaintShopPro6J)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

東京スカイツリー(2015.02.13)

 2/13午後、CP+2015のあとに行ってきました。

 東京スカイツリー 公式サイト

・当日券の購入であったが、思ったより人が多く、入場に
 30分ほどかかったように思う。
・エレベーターは最高分速600m、あっという間に到着した
 感じだった。
・料金が350m地点と450m地点の2つに分かれている。最高点の
 450m地点に行くには、350m地点でチケットをあたらに購入する
 必要があるが、350m時点で人が制限されているので、ここの
 待ち時間は5分もなかったように思う。
・展望台に上がったときの天気は曇りだったが、東京都内は
 見渡すことができた。富士山は中腹がちらっと見えていた。
・450mフロア(展望回廊)は少しづつ上がるようになっていて、
 最高点の451.2mに到達できる仕掛けになっている。
・350m、450mフロアともに1周の距離が短いようで、気がついたら
 元の場所に戻っているような感じだったのは意外だった。

 JR8DAG/菅野 正人

最高到達点451.2m
最高到達点451.2m
(VivoTab Note8の内蔵カメラで撮影)

北東方向の眺め(450フロアから)
北東方向の眺め(450フロアから)
真ん中を横切る川は荒川
(VivoTab Note8の内蔵カメラで撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

田宮模型の仕事(文春文庫)

 調査能力と人がやれないことを実行する能力がすごい

 Amazon.co.jp: 田宮模型の仕事 (文春文庫)

・この文庫自体は10年以上前に購入していたのですが、最近に
 なってやっと読んだというところです。
・2000年頃までの田宮模型について、どのような意図で取り組んで
 きたのかがわかる内容になっています。
・まず、とにかく行動してみる、何かをするにあたって下調べを
 十分に行い分析する、情報収集のためのネットワークを作る、
 製品の質を極めていくなど、必要と判断したことには十分な
 コストをかける・・・・など、当たり前の事を地道に実施する
 点がすごいです。
・その他、印象に残るのは、他の人がやらないというか、最初に
 道を切り開くという点も、FCZ研究所と通じるものがあるように
 感じます。
・あと製品を売るために今では当たり前となったいる周辺の環境
 整備にも早く取り組んでおり、そのあたり田宮模型が支持される
 理由がわかるような気がしました。
・ミニ四駆は管理人は手にしたことはなく、一時期のブームで
 知っている程度でしたが、ミニ四駆が作られてきっかけとか
 その後の紆余曲折は、興味を引かれるものがありました。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 9日 (火)

2014年衆議院選挙について(2014.12.09)

 今回の衆議院選挙に関しては、後々のことを考えると
管理人が考えていることの記録を残しておいた方が良いと
判断しましたので、このブログにエントリを入れます。

・民主主義なので投票するもしないも自由。投票をすることに何か
 意味があるかというと、日本そのものを動かすという意味では、
 きわめて小さい(というかほとんど動かない)のは間違いないと
 思います。ただ、個人単位で見れば、投票に行かない人は
 「各個人ができる範囲でやれることをする」人間ではないと判断
 されても仕方ないと思いますが、それで良いでしょうかという
 ことです。
・衆議院選挙の当選は何で決まるか。それは投票した人数のうち、
 最も多い票を獲得した人です。現状では、有権者の○○%を確保し
 ないと当選できない(一応、法定得票数というのがあるがハードル
 は低い)とか、特定の人を落選させるというシステムは存在しない
 ことを知っているかどうかです。
・上記を踏まえると、投票に行かないとか、白票を投じるのは、
 最終的に議席を最も獲得した勢力を支持したこととなります。
 もし、そういうつもりで投票を棄権したとかなら問題ありませんが、
 そういう意図でなければ別の投票行動を取らないといけない
 判断します。
・もし、ある政党を支持できないのならば、現状では支持しない
 政党とは別の政党に投票するしかありません。
それが、今の日本の
 現状です。たとえ、自分が票を投じた政党がどんなに情けない政党で
 あったとしてもです。
・今回の投票行動を決める要素として、公約や政策が報じられて
 いますが、それが参考になるのならそれで構いません。
・そういう公約などはどうもあてにならないなと感じたならば、
 根本的な命題である、そもそも今回の衆議院解散は是か非か
 いう判断基準で、投票先を決めても良いと管理人は判断しています。

 以上、何らかの参考までに・・・・。

 JR8DAG/菅野 正人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月18日 (水)

はこだてクリスマスファンタジー(2013.12.14)

 12/14(土)夜、はこだてクリスマスファンタジーのクリスマスツリーを
見てきました。

・正直大したことないだろうと思って行ってみたら、人の多さにビックリ。
 金森洋物館恐るべしである。
・クリスマスツリーまでは函館駅から徒歩で10~15分くらいだったと思う。
・前後の数日間の中でもっとも寒かったときに行ったらしい。それでも
 点灯式には200~300人いたのではと思う。
・クリスマスツリーは16:00から点灯するが、17:45に一旦消灯して
 18:00に点灯式を毎日行っている。この日はひろさきデーだったらしく
 弘前市長、函館市長他関係者が点灯者だった。
・弘前市長の話が長かった。本人もまずかったと思ったようだったが、
 あそこに集まった人たちはクリスマスの点灯を見に来たのであるから、
 あの寒さの状況では話を切り上げるのが来訪者への最大の貢献だった
 のではと思うし、管理人も同じような場面に遭遇したときは心したい
 と思った。
・12時半頃だったと思うが、函館駅で函館市が観光案内をやっていると
 思ったら、どうやらひろさきデーの関係だったらしい。
・点灯式でツリーが段階に分けて点灯する様子と、それに合わせて
 花火が上がる演出は良かった。
・1杯500円のスープバーは寒さもあってよく売れていた。

 JR8DAG/菅野 正人

はこだてクリスマスファンタジー
 はこだてクリスマスファンタジーのクリスマスツリー
 まともに見えるが、この日は手前方面にツリーが曲がっていた

はこだてクリスマスファンタジー
 どうやら13日の悪天候による強風で曲がってしまったようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧